Chromebook Flip で「Androidアプリ」を試してみた!

お使いのChromebookでGoogle Playストアをご利用いただけるようになりました

Google I/O 2016で発表のとおり、Chromebook Flip で 「Google Play」と「Androidアプリ」が利用できるようになりました。

Androidアプリに対応しているChromebookの種類

今のところ、Androidアプリが使えるのは Chromebook Flip だけのようです。

Acer Chromebook R11、Google Chromebook Pixel(2015)はまだのようです。

Chromebookのヘルプを見ると、Acer Chromebook R11、Google Chromebook Pixel(2015)も6月にAndroidアプリに対応するようなので、該当機種をお持ちの方はもう少しお待ち下さい。

Android アプリに対応している Chromebooks

2016 年 6 月に Android アプリに対応予定の Chromebooks
まず 2016 年 6 月中旬に次の 3 機種の Chromebooks で Android アプリに対応する予定です。

・Acer Chromebook R11
・Asus Chromebook Flip
・Google Chromebook Pixel(2015)

Chrome OS 53へアップデート

Chrome OS 53へアップデートしないと「Google Play」が登場しないので、Androidアプリは使えません。まずはChrome OS 53へアップデートしましょう。

開発用バージョンであるDevチャンネルにしないとChrome OS 53へのアップデートが降りてきませんので、何かあっても自己責任ということになります。

もし不具合になっても、Stableチャンネルに戻せば今までどおり使えますので、そんなに恐れることはないですけどね。

Chrome OSのチャンネル(バージョン)

普通に使っていると全く意識しませんが、実はChrome OSには3つのチャンネル(バージョン)があるのです。

  • Stableチャンネル
  • Betaチャンネル
  • Devチャンネル

Stableチャンネル

購入したままで使ってる人はStableチャンネルです。安定していてサクサク動きます。Chromebookのヘルプを見ると、マイナーアップデートは2~3週間に1回行われ、メジャーアップデートは6週間に1回行われます。

現在のバージョンはChrome OS 50。

Betaチャンネル

Stableチャンネルよりもおよそ1ヶ月以上早く新機能を試すことができます。

現在のバージョンはChrome OS 52。

Devチャンネル

開発用バージョンです。Chromebookの最新の機能が使えます。公開しているOSですからテスト済のチャンネルとはいえ、不具合ももちろんあります。アップデートは週1~2回あります。

現在のバージョンはChrome OS 53。

Stableチャンネル から Devチャンネル へ

StableチャンネルだとAndroid アプリをChromebookで使うことはできないので、Devチャンネルへ変更します。

1. 設定→Chrome OSについて をクリック

about Chrome OS

2. 詳細情報 をクリック

バージョンはChrome OS 50になっています。

Chrome OS 詳細情報

3.「チャンネルを変更」をクリック

チャンネルを変更

4. Dev-不安定 を選択して、チャンネルを変更 ボタンをクリック

Devチャンネル

5. Devチャンネルへ更新

更新に変更にかかる時間は5分程度。

Devチャンネルへ更新

6. 変更を適用するにはChromebookを再起動

Chromebookを再起動

7. Devチャンネルになると、Chrome OS Dev 53 へアップデートが完了

バージョンはChrome OS 53になりました。

Chrome OS 53

8. 設定の中に、Androidアプリが登場

設定を開きます。「AndroidアプリをChromebookで使えるようにする。」にチェックが入っていることを確認して下さい。

Androidアプリ

Google Appsを使っている方

自社ドメインのGoogle Appsを使っている場合、「AndroidアプリをChromebookで使えるようにする。」にチェックが入っていないだけでなく、グレーアウトしていて変更ができません。

Google Appsの管理コンソールで、設定を変更しないと使えないのでご注意下さい。わたくしもGoogle Appsでログインするとグレーアウトしてたので、個人のGoogleアカウント(無料のGoogleアカウント)で再度ログインしたところ、「AndroidアプリをChromebookで使えるようにする。」にチェックが入り、問題なく使えるようになりました。

Androidアプリ

ここまでの手順でようやくAndroidアプリをインストールするためのGoogle PlayがChromebookに登場します。

Chromebook Flip で「Google Play」を使う

「お使いのChromebookでGoogle Playストアをご利用いただけるようになりました。」の画面が出てきます。

お使いのChromebookでGoogle Playストアをご利用いただけるようになりました

Androidと同様にアプリをダウンロードしてインストールが可能になります。

Googleplay on Chromebook

ChromebookでAndroidアプリを動かす

Chrome OS 53 では、Android 6.0.1 Marshmallowが動きます。

アプリはGoogle Playからダウンロードしますが、電話関係のアプリはダウンロードできません。

Instagram

まずは使えないものから。Instagramは今のところ利用できません。なんで?

Instagram on Chromebook

Facebook

問題なく利用できます。

facebook on Chromebook

Googleカレンダー

こちらも問題無いです。Chromeブラウザで利用するより使い勝手はいいです。

Google Calendar on Chromebook

Google Calendar on Chromebook

Chromeブラウザだとごちゃごちゃしています。

Google Calendar

Googleマップ

めっちゃ使いやすいです。

Google Map on Chromebook

拡大縮小は画面を直接触って行います。ChromeブラウザでGoogleマップを利用する時のように、拡大縮小ボタンはありません。

Google Map on Chromebook

Chromeブラウザだとこんな感じ。

Google Map

YouTube

すっきりしていて見やすいです。

YouTube on Chromebook

YouTube on Chromebook

Chromeブラウザだと、ごちゃごちゃします。

YouTube

「iPad + キーボード」と比較する

使い勝手はChromebookが圧倒的に良いです。

Chromebookは、画面のタッチパネルに加えて、マウスやトラックパッドも使える点が、ものすごく利便性が高いのです。

「iPad + キーボード」だと、画面にカーソルがでないので、タッチパネルしか使えず、どうしても動きが遅くなりますからね。

Appleは、iPadでMagic Mouse 2を使えるようにすればいいのにね。

iPad Air

Chrome拡張とは何が違う?

今までのChromebookではアプリをインストール出来ない代わりに、Chrome拡張がアプリの役割を果たしてきました。

Chrome拡張も2種類あります。EvernoteのようにChromeで開いて見るものと、LINEのようにアプリが立ち上がるものがありますよね?

今後、Google PlayからAndroidアプリをダウンロードできるようになるので、Chromeブラウザを使うことなく、アプリを使えるようになります。

Google関連のアプリ

YouTube、Googleマップ、Googleカレンダーなど、今まではChromeブラウザで使っていたものが、単独のアプリになるので、使い勝手はだいぶ上がりますよ。

Devチャンネルの動きはカクカクする

Chromebook FlipでAndroidアプリを試してみたいという方は、そんなに難しくないので、ぜひお試し下さい。

とはいえ、Devチャンネルは、Stableチャンネルと比較すると動きはカクカクします。もし、動作に不満があるようでしたら、Stableチャンネルに戻すことは簡単です。

万が一、Devチャンネルの使い勝手が悪いためStableチャンネルに戻すという場合、Chromebookの全アカウントのデータ(ダウンロードしたファイル、写真、所有者権限、保存されたネットワークなど)が削除されます。

基本的にChromebookのデータはクラウドで同期しているので、バックアップについて気にしなくていいのですが、ダウンロードフォルダにあるファイルは消えてしまうのでバックアップをしてください。

6週間後には、Stableチャンネルの安定した環境で、「Google Play」と「Androidアプリ」が利用できるようになりますので、不安な方はそれまで待ってもいいと思います。

不安定でも使ってみたいという方は、是非お試し下さい!

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!