飲食店で集客するなら、Googleストリートビューを導入すべし!

多くの飲食店では、食べログやぐるなびで集客している店舗が多いですよね。

グルメサイトは、お金を払えば誰でも同じ土俵に立てるので、グルメサイトに依存ばかりしていると、資金力の多いところにやられてしまうことになりかねません。

しかも、他のお店でやってることと同じことをしていても、なかなか集客はできないですからね。

当ブログでは以前から、飲食店ではグルメサイトに依存せずに、自社サイトをきっちり運用して集客することをオススメしています。グルメサイト以外に、自社サイトからの集客経路を持つことは重要なのです。

グルメサイトの普及によって、今後フランチャイズの経営は厳しくなると言われています。 大手チェーン店に行く頻度って落ちてませんか? ...
飲食店の経営って実はめっちゃくちゃ難しいのをご存じですか? 弥生会計の画像がわかりやすいので拝借すると、 新規開店して3...

今日のエントリーは、自社サイトにGoogleストリートビューを埋め込むことのメリットについてお話します。

Googleストリートビューを貼り付けましたので、マウスで動かしてください。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

Googleストリートビューでバーチャルツアー

めちゃくちゃいいですよね?

バーチャルツアーで店舗の中に入った感じがするのです。こういうユーザー体験って来店への動機になること間違いなし。

早いところでは、導入している店舗もありますので、既に他のサイトで体験したことがあるかもしれません。

ユーザーの立場に経つと、ウェブサイトの写真を見れば、ある程度の情報は分かりますが、なかなかイメージとピッタリの飲食店を見つけることって難しいですよね?

そこで、実際に店舗を訪れるようなバーチャルツアーが事前にできれば、安心して利用することができるのです。

Googleストリートビューを導入するメリット

ユーザーが、まるで店舗に行ったかのような体験できるというメリットは計り知れません。

具体的なメリットは、

  • 360°のパノラマ画像でバーチャル体験
  • Googleで検索すると、一番上に外観や内装が表示される

360°のパノラマ画像でバーチャル体験

パノラマ写真をつなぎ合わせることにより、店内をバーチャルツアー体験をすることができ、お店の魅力を伝えることが可能です。

ユーザーの頭の中で、店舗に行った時のイメージが湧きます。来店に繋がりますよ。

Googleで検索すると、一番上に外観や内装が表示される

店名で検索すると、PCなら右上に、写真とともに「中を見る」が表示されます。クリックすればバーチャルツアー体験ができます。SEOの観点からもすごく重要です。

Googleストリートビュー

Googleマップで検索するとこんな感じ。

Googleストリートビュー

実際、ユーザーがどのようにバーチャルツアーについて関心を持っているか、Googleの調査を見てみましょう。

リスティングにバーチャルツアーを加えると、およそ2倍に予約の数が増えます。実際に店舗の中をバーチャルで体験できますから、この数字は納得ですよね。

ビジネスリスティング

3分の2のユーザーはビジネスリスティングに、バーチャルツアーを希望しています。バーチャルツアーが不要なのはわずか7%です。

バーチャルツアー

Googleの検索エンジンを使って店舗を検索する人の割合は62%です。

Google検索エンジン

Googleストリートビューで集客

では、実際に飲食店でGoogleストリートビューをどのように活用して集客すればいいのでしょうか?ノウハウは他にも色々とあるのですが、今日はほんの一部だけ公開しますね。

小規模の飲食店の場合、ウェブサイトに湯水のようにお金をかけられる店舗は少ないです。

限られた予算を効果的に使うのであれば、トップページに「360°のパノラマ画像」と「自慢の料理の画像」を貼って集客していくのです。

外出先でお店を探している人には特に有効です。

ストリートビューを活用した集客の流れ

こんな流れで集客します。

  1. ぐるなびから自社サイトへ飛んでくる
  2. トップページに、お店の自慢の料理の画像で興味を引く
  3. Googleストリートビューを貼り付けてバーチャルツアー体験でその気にさせる
  4. Googleマップで店舗へナビして案内

Googleストリートビューを導入している飲食店は少ない

日本では、導入している店舗はまだ少ないです。

今がチャンスですよ。こういうのはさっさとやった方がいいです。早い者勝ちですからね。

ネットで集客したいならクレジットカードを導入

以前のエントリーでも書きましたが、ネットで集客するなら必須です。

ネットで集客して1度は来店してくれた!飲食店のオーナーは次のステップとして、リピーターを増やすために様々な工夫をします。 リピータの中でも...

決済リーダーは、Squareでもいいし、楽天スマートペイでもいいよ。

Squareは2016年の3月31日以降はICカードリーダーしか使えなくなります。以前無料で配ってたICリーダーは使えなくなるので気をつけてくださいね。取り扱いカードはVISA、MasterCard、American Express。

アメリカで無料で配っている「Apple Pay」対応非接触リーダーを日本でも早く配るべき。Appleが日本で「Apple Pay」を導入するタイミングで無料配布ってことになるのかもしれません。日本の小売店でNFCの決済リーダーが全く普及していない現実を見ると、さっさと配ったもの勝ちですからね。

嬉しいニュースが入ってきました。 ガラパゴスな状況が続いていた決済市場に黒船到来です。クレジットカードを持ち歩かないで買い物ができるよ...

楽天スマートペイは、クレジットカードリーダーが9800円だけど、実質0円のキャンペーンをやっています。

取り扱いカードは、VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club、Discover。一応審査があるようです。

クレジットカードリーダーを導入している店舗が多くなってきました! 2013年にSquareという黒船が来航する前、クレジットカード決済...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
関連記事