「VR」(仮想現実)と「AR」(拡張現実)って何が違うの?

最近何かとVR(仮想現実)とAR(拡張現実)が話題になっています。

Oculus Rift の出荷は2016年3月からなので、一気に広まっていきそう。

Oculus Rift などのハードウェアが登場することによって、VRのコンテンツも増えていくはずですが、VR(仮想現実)とAR(拡張現実)って、一体何が違うのでしょう?

読者の方はそんなの知ってるという方も多いと思いますが、ご存じない方もいると思うので簡単に説明しますね。

「VR」(仮想現実)とは

現実の世界ではなく、コンピュータで作った3Dの世界に自ら飛び込むテクノロジーです。

映画やゲームに向いています。

映画だと「アナと雪の女王」とか最近だと「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が3Dで上映されています。

VRは、オキュラスリフトのようなヘッドセットを付けるので、自宅のリビングなどで体験することが多いです。

「AR」(拡張現実)とは

現実世界を拡張するテクノロジーです。

バーチャルなものをユーザーの現実世界に重ねるというイメージです。

代表するデバイスはGoogle Glassで、レンズ越しに写真や動画を見たり、Googleマップのナビを表示させたりできるウェアラブルデバイス。

コンタクトレンズも絶対出てくるはずです。ウェアラブルデバイスだから日常生活で利用できることもあり、VRよりも圧倒的なユーザーを見込めると言われています。

用途も様々あって、Google Glass越しに、以下の様な日常生活の場面で使えることになりそうです。

  • ネットショッピング
  • テレビ電話
  • ウェブ検索
  • 動画
  • 広告
  • 車のナビ
  • 読書

「VR」と「AR」のヘッドセットの違い

「VR」は、ヘッドセットを被るため完全に閉じた世界に浸ることになります。だからゲームや映画に向いてるんだよね。ゲームに没頭するときは「VR」の方が楽しい。

それに対して「AR」は、ウェアラブルデバイス(Google Glassなど)なので、日常生活の中で使えます。世界に浸るのではなくて、周りを見渡す事が可能なので、車を運転しながらといった使い方ができます。

2016年は「AR」と「AR」の元年

VR元年

Oculus Rift の出荷も2016年3月から始まるし、2016年はVR元年になりますね。

PCのスペックも相当高くないとダメっぽい。

Oculus Ready PC

Oculus VRの公認PC「Oculus Ready PC」の予約も受付が始まっています。

Pre-orders for Oculus Ready PCs and Rift Bundles Start February 16

VRの普及は?

2020年頃に一気に普及すると言われています。

AR元年

magic leapというアメリカのスタートアップは、プロダクトが非公開にもかかわらず、時価総額5000億円ですって。

ARの普及は?

VRより時間がかかると言われておりますが、今のテクノロジーの進化のスピードを考えると、ほとんど変わらなそう。VRが普及する2020年には、かなり一般的になってると思いますがどうなんだろう?

「VR」「AR」に投資するIT企業

投資額がすごいことになってます。

Facebookが20億米ドルをOculusへ投資し、Googleは5億4200万米ドルをMagic Leapへ投資しています。MicrosoftもHoloLensにかなり投資をしていますからね。

Facebook と Oculus

VRに投資しています。

2014年3月に、他社よりも早い段階でFacebookはOculusへ投資しているので、VRの分野ではかなり有利なポジションにいる。

FacebookがOculus VRを20億ドルで買収、未来の技術に投資

Google と magic leap

ARへ投資しています。

2014年10月に、Google Glassに親和性の高いmagic leapへに投資しています。

Magic Leap、グーグルが5億4,200万ドルを投資した新興企業

Microsoft の HoloLens

ARに投資して、自ら開発しています。

スマホのOSでシェアが全然取れなかったから、ARへ力を入れているのでしょう。

HoloLensはMicrosoftが開発しています。

Microsoft、現実世界に重ねて3D映像をホログラム的に表示するヘッドセット、HoloLensを発表

Apple の VRデバイス

2018年にリリースされると言われていて、社内ではVRの専門家のチームを組んでいるようです。

Oculus Riftと較べると、かなり出遅れた感は否めない。

View-Master Virtual Reality Starter Pack

ハコスコのようなもので、お手軽にVRの体験ができます。アメリカのAppleStoreで29.95ドルで発売されています。日本のAppleStoreでも早く出して欲しいね。

View-Master Virtual Reality Starter Pack

「VR」ヘッドセットの価格破壊

Oculus Rift の価格は599ドル(税別、送料別)なので、日本から注文すると、約94,600円とかなり高め・・為替レートおかしいよ。。

Samsung Gear VR は、米Amazonで99.99ドル。残念なことに日本への発送はできない模様。

あと1年も経てば価格破壊した機種が出てくるはず。GoProだってほぼ同じ性能の商品が数千円で買えちゃうもんね。

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!