一括0円が消えた・・・どうする?

2月に入って一括0円や実質0円がなくなってしまいました。

総務省での有識者会合「携帯電話の料金その他の提供条件に関するタスクフォース」ってのがあるんだけど、全く実態を分かってないんだよね。提言しているのは次のとおり。

  • 1GBなどのライトユーザー向けのプランの新設
  • 販売奨励金を原資とした「端末の値引き」「キャッシュバック」を廃止
  • 一括0円や実質0円を廃止

政府はかなりトンチンカンな議論しています。携帯電話の通話料金が高止まりしている一番の問題は「店頭アフィリエイト」なのです。これ知らない人のために説明すると、携帯ショップでMNPや機種変する時に、有料コンテンツといったオプションに入れば、端末を割引しますよというもの。みなさまも経験したことがあるでしょ?

docomoのdTV、auのスマートパス、ソフトバンクのNetflixなどのオプションが有名。

Netflix

携帯ショップでユーザが上記のオプションに入ると、オプションを提供しているdTVなどから、携帯ショップへお金が入る仕組みになっています。

ユーザーの解約忘れを狙った商法なので、解約手続きもめっちゃ面倒くさい。オプションによって解約方法が異なる。電話だったりネットだったり・・・

孫正義氏、“実質0円”廃止に「改善なのか改悪なのか議論があるところ」

ソフトバンクグループ代表取締役社長の孫正義氏は、2月10日に開催された決算会見で、2月から“実質負担0円”での端末の販売が廃止されたことについて、「本当にそれは改善なのか、改悪なのかは、いろいろな議論があるところだと思う」と見解を述べた。

携帯キャリアの中で、最初に実質0円を打ち出したのはソフトバンクだった。孫氏は「iPhoneは6万円とか10万円とかする。それを特に若い人に定価で買ってくださいというのは負担が大きいんじゃないかと思う。それが世界一安く手に入る日本、僕はいいんじゃないかなという気がする。でも、(総務省が)それがいかんという方針なら、我々はそれに従う」と思いを語る。

意味のない総務省の行政指導

↓2007年に「販売奨励金」の見直しがあったけど、意味なかったもんね。

揺れ動く携帯電話の販売奨励金(1)動き出した総務省,噴出する販売奨励金廃止論

↓2015年の「キャリアのSIMロック解除義務」も効果なし。

まったく意味の無かった??!! 総務省主導のキャリアのSIMロック解除義務のお粗末

毎回、総務省の行政指導って意味ないんだよね。キャリアの方が一枚上手で骨抜きにしてるもん。

今回の一括0円禁止も、最初だけだと思うよ。

更新月の方はどうする?

2月や3月に更新月を迎える方も多いと思います。

LINEの登場によって、キャリアのメルアドを使ってる人って激減してるはずなので、MNPには抵抗ない人が多いよね。

となると、同じキャリアで機種変更するか、他のキャリアへMNPするか、もしくはMVNOへ移行するかという選択肢が出てきます。

同じキャリアで機種変更

キャリアのメルアドを使ってる場合、選択肢はこれだけ。

わたくしは数年間キャリアのメルアドは使ってないので、キャリアのメルアドに固執する理由がわからないけど・・

他のキャリアへMNP

例年3月はiPhoneの一括0円が山程でてきます。

今年の1月はauのiPhone 6s がお得だったんだけどね。iPhone 6s は一括0円だったから、通信料込みの24ヶ月の総額はなんと10万円弱でした。2月に入ったらなくなっちゃったけど。

auの一括0円「iPhone6s」を狙うべし!
2016年は携帯料金が実質値上げの年になりそうです。 政府が介入すればするほど、端末の一括0円がなくなるので、2年間の総額が高くなると...

3月に入ったら同じような金額で購入できるんじゃないかな?

MVNOへ移行

一番困るのは、2月に更新月を迎える方。

docomoで契約している方は、さっさとMVNOへ移行しましょう。

オススメのMVNO

IIJmio

IIJの回線は太くて早いのと、応答速度も早いので、快適に使えるのが強み。

技術力も高いです。

iOSの新しいバージョンが出ると、同日すぐに動作検証してサイトに公開します。

新しいiPhoneが登場した時も同様に検証します。

みおふぉん(音声通話機能付きSIMカード)

  • 3GBまでのLTE通信のプランが毎月1728円。
  • 5GBまでのLTE通信のプランが毎月2397円。
  • 10GBまでのLTE通信のプランが毎月3520円。

注意点は、みおふぉんを契約してを12ヵ月以内に解除すると、音声通話機能解除調定金((12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,000円(税抜))が発生する。違約金みたいなもの。

DMM mobile

こちらもIIJmio同様に、回線が太くて快適です。専門的な話になるんだけど、回線の提供元がIIJだからね。ちなみに回線の提供元をMVNEといいます。

  • 1GBまでのLTE通信のプランが毎月1360円。
  • 2GBまでのLTE通信のプランが毎月1587円。
  • 3GBまでのLTE通信のプランが毎月1620円。
  • 5GBまでのLTE通信のプランが毎月2127円。
  • 7GBまでのLTE通信のプランが毎月2764円。
  • 10GBまでのLTE通信のプランが毎月3186円。

12ヵ月以内に解除すると、9720円の違約金がかかります。

SIMロック解除

iPhone6s、6s PlusはSIMロック解除に応じます。

半年経ったら絶対にSIMロック解除してくださいね。売る時の金額が2倍になりますから。

ネットで申し込むと無料。店頭だと3240円かかる。

docomo

  • ロック解除経験なし:端末購入から6ヶ月後以降
  • ロック解除経験あり:前回のSIMロック解除から6ヶ月以降

au

  • 端末購入から180日後以降

ソフトバンク

  • 端末購入から180日後以降

3月の一括0円はあるのか?

3月に入れば、再び一括0円が復活するのではと勝手に予測しています。

特にキャリアはiPhoneの販売にあたって、Appleから過大なノルマを課されているので、決算月である3月は端末は0円でもいいから契約者を増やしたいというのが本音だもん。

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!