格安SIMフリースマホ priori2の起爆力!!

気に入った!!!

freetelというブランドをご存知ですか?
プラスワン・マーケティングという日本のベンチャー企業が発売した携帯電話のブランドです。

日本の携帯市場は世界の中では特異なマーケットです。
iPhoneが6割近くのシェアを持ってるし、2年縛りの契約も普通です。で、違約金がかからないのは24ヶ月後の更新月1ヶ月のみで、これを逃すと解約金が1万円ほどかかります。
また、一括0円や実質0円といった、普通の人には違いがよくわからない単語が横行し、料金プランも複雑怪奇です。

ユーザー目線の視点でスマートフォンの開発した結果

プラスワン・マーケティングは、外資系電機メーカーに勤務して日本でのスマホ事業立ち上げを担当した増田 薫さんという方が設立した会社です。
https://www.freetel.jp/eshop/company.html

端末代や通信料が高過ぎるというユーザーの声をよく聞いて、自由で安いスマホのあり方を提案するのが、プラスワン・マーケティングのSIMフリースマホ「freetel(フリーテル)」なのです。

SIMフリースマホ priori2

早速、商品展開を見てみましょう。
2015-6-2_freetel

メインとしても使用可能なpriori2 3G

こちらなんと9980円です(税抜き)。

海外旅行に行くからSIMフリースマホ買おうという時に、簡単に手が届く金額設定です。
年に1度、2度海外に行くなら十分元が取れます。
また、日本のメーカーなので、フリーダイヤルの電話サポートが付きます。これはほんとに素晴らしい。

海外の露天で2万円くらいで中国製のSIMフリースマホが売ってますが、買うなら絶対こちらです。

2015-6-2 priori2

スペックを見ましょう。

priori2 3G
CPU:Quad core 1.3GHz
OS:Android™ 4.4.2
解像度:854×480(FWVGA)
ディスプレイ:4.5インチ
RAM:1GB

国内では殆ど見ないSIM2枚差しモデルです。こちらは、中国は国土が広くて1キャリアのSIMでカバーしきれないから、中国では結構こういうのあります。

私も早速購入しました。

手持ちのiPhone6と比べるのは酷ですが、思ったよりサクサク動きます。
少なくとも、2年前のXperia SO-01Eより動きはスムーズです。

なんと、テザリングも出来ます。

ディスプレイは4.5インチなので、iPhone6とほぼ同じ大きさです。解像度は全然違いますがww
メモリは1GBあります。

サクサク動くGoogleマップ

アプリを試してみましょう。

GoogleマップやChromeはサクサク動きます。
FacebookやTwitterのタイムラインスクロールも、たまに引っかかるくらいで、よく動いている感じです。

これ、本当にオススメです。
サブとしてなら十分だし、ヘタすればメインでも使えそうです。

IIJmioのSIMなら毎月1728円で運用できますから。
2年間使ったとして、1728円 × 24ヶ月 = 41472円
priori2 3Gが10778円なので、機種代金入れて2年間で合計52250円です。

WIFIルーターとしても!!

通話無しでいいのなら、IIJmioデータプランを契約すれば毎月972円。
スマホとして使いながら、テザリングもできるので、Wifiルーターとしても使えるすぐれものです。

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!