日本のローカルSEO (MEO) ガイドを公開しました。

Googleはローカルリスティングの情報をどこから入手しているのか?

Googleマイビジネス
執筆者
伊藤亜津佐

このサイトでは、SEO・Googleマイビジネス・ローカル検索など、Web集客に関する最新情報を配信しています。

ローカルリスティングの情報は、勝手に書き換わることがあります。

Googleも完璧ではないので100%正しい情報に書き換わるわけではないのですが、営業時間やビジネスカテゴリなどが書き換わった経験をお持ちの方もいると思います。

この記事では、Googleがローカルリスティングの情報をどこから入手しているかについてお伝えします。

結論から先にいうと、次の3つの情報を見て、Googleはローカルリスティングに情報を表示しています。

  • Googleマイビジネスに登録しているオーナーからの情報
  • インターネット上の情報
  • ユーザーからの情報修正の提案
スポンサーリンク

Googleマイビジネスに登録しているオーナーからの情報

Googleマイビジネスの管理画面で編集した情報は優先してナレッジパネルに表示されます。そのためのオーナー登録ですから、まあ当然ですよね。

定期的にお店の情報を更新しているビジネスオーナーであれば、最新の情報がナレッジパネルに表示されるはずです。

しかし、Googleマイビジネスとは、Googleに掲載された自分の施設情報を優先的に編集できる権限を持てるツールですので、必ずしもオーナーからの情報が反映されるわけではないことも覚えておいてください。

Googleマイビジネスの情報を鮮度を保って更新できるビジネスオーナーだけではありませんので。
ローカルリスティングの情報を最新の状態に保つリソースがない店舗では、登録時から一切情報を更新していないケースも見かけます。

このような場合、Googleはインターネット上の情報を参考に、ローカルリスティングの情報を書き換えることがあります。

インターネット上の情報

インターネット上の情報をGoogleはどの程度見ているのでしょうか?

Googleのヘルプページにローカル リスティングの情報源について言及しているページがあるので紹介します。

ローカル リスティングの情報源には、次に示すとおりさまざまなものがあります。

  • クロール可能なウェブ コンテンツなど、一般公開されている情報(例: 企業の公式ウェブサイトの情報)
  • ヨーロッパの Infobel など、サードパーティがライセンスを所有しているデータ
  • 事実情報(住所や電話番号など)およびコンテンツ(写真やクチコミなど)を提供するユーザー(Google マイビジネス でローカル リスティングを申請するビジネス オーナーを含む)
  • 地域のお店やビジネスと Google とのやり取りに基づく情報

公式 Google によるローカル リスティング情報の入手方法と使用方法

ここに記載されているとおり、クロールできるインターネット上の情報を、Googleはローカルリスティングの情報源にしています。
検索エンジンのクローラ、つまりはGooglebotが取得できる情報を参考にしていることを覚えておいてください。

ユーザーからの情報修正の提案

Googleはユーザーからの情報修正の提案もビジネスリスティングの情報源として利用しています。

例えば、営業時間が間違っている、臨時休業のマークがあるけれど実際は営業しているといった場合、お店のナレッジパネルから[情報の修正を提案] をクリックすると、ユーザーは情報を修正提案することが可能です。

ユーザーから情報修正の提案があった際、Googleはインターネット上の情報との整合性を見た上で、修正を反映させるかどうかの判断をしています。

ビジネスリスティングの情報が明らかに誤っているのであれば、[情報の修正を提案] から修正をリクエストすることで、比較的短い時間でビジネスリスティングの情報が書き換わります。

インターネット上に情報が少ないようなケースでは、正しい情報をリクエストしても数ヶ月放置されることもあるのでご注意ください。

さいごに

Googleはローカルリスティングの情報をどこで入手しているのかについてお伝えしました。

次の3つの情報を見て、Googleはローカルリスティングに情報を表示しています。

  • Googleマイビジネスに登録しているオーナーからの情報
  • インターネット上の情報
  • ユーザーから情報修正の提案

Googleはクロールできる範囲の情報をよく見ていることを頭に入れておいてください。

タイトルとURLをコピーしました