Chromeでユーザーエージェント (UA) を変更する方法

今日のエントリーは、Chromeでユーザーエージェント (UA) を変更する方法を紹介します。

Googlebotのユーザーエージェント (UA)でアクセスしたり、デスクトップからモバイルのUAでアクセスする時に利用してください。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

デベロッパーツールを使う

デベロッパーツールを使えば、ユーザーエージェント (UA) を変更できます。
以下の手順で行ってください。

  1. デベロッパーツールを開く
  2. 「︙」をクリックして、「More Tools」→「Network conditions」をクリック
  3. Select automaticallyのチェックを外す
  4. ユーザーエージェント (UA) を変更する
  5. ページを更新する

1. デベロッパーツールを開く

デベロッパーツールを開きます。OSによって開き方が異なります。

  • Windows・・・F12
  • Mac・・・Control + Option + I

2. 「︙」をクリックして、「More Tools」→「Network conditions」をクリック

①「︙」をクリックして、②「More Tools」→③「Network conditions」をクリックします。

デベロッパーツールにNetwork conditionsを追加

3. Select automaticallyのチェックを外す

デベロッパーツールに「Network conditions」が追加されるので、Select automaticallyのチェックを外します。

Select automaticallyのチェックを外す

4. ユーザーエージェント (UA) を変更する

Select automaticallyのチェックを外すと、ユーザーエージェント (UA) が変更できるようになります。

デベロッパーツールで用意しているUAに変更

GooglebotのUAに変更

GooglebotのUAに変更

デベロッパーツールで用意されたユーザーエージェント (UA) は多く、主なブラウザはすべて揃っています。またGooglebotのUAもあります。プルダウンで好きなユーザーエージェント (UA) に変更してください。

任意のUAに変更

プルダウンの中に「Custom」があるので、任意のUAを入力します。

プルダウンの中に「Custom」があるので、任意のUAを入力

プルダウンの中に「Custom」があるので、任意のUAを入力

デベロッパーツールで変更できるユーザーエージェント (UA) の種類

デベロッパーツールで用意されたユーザーエージェント (UA) は多く、主なブラウザはすべて揃っています。またGooglebotのUAもあります。

  • Android、BlackBerry、Chrome、Edge、Firefox、Googlebot、Internet Explorer、Opera、Safari、UC Browser

5. ページを更新する

ユーザーエージェント (UA)を変更したら、ページを更新してください。設定が反映されます。

拡張機能「User-Agent Switcher for Chrome」を使う

拡張機能「User-Agent Switcher for Chrome」を使ってもユーザーエージェント (UA) を変更することは可能です。

デベロッパーツールよりもお手軽に利用できますし、確認するページが多い方は、「User-Agent Switcher for Chrome」を使うと便利です。
ただし、2017年8月3日以降更新されていないので、ブラウザやモバイルのバージョンはかなり古いです。デベロッパーツールのようにGooglebotのUAはありませんが、任意のUAを追加することも可能です。やり方は後述します。

以下の手順で行ってください。

  1. 「User-Agent Switcher for Chrome」をインストール
  2. Chromeのメニューに追加された「User-Agent Switcher for Chrome」のアイコンから、UAを選択
  3. 「User-Agent Switcher for Chrome」で変更できるユーザーエージェント (UA) の種類
  4. 任意のUAを追加

1. 「User-Agent Switcher for Chrome」をインストール

拡張機能「User-Agent Switcher for Chrome」

User-Agent Switcher for Chrome」をインストールします。

2. Chromeのメニューに追加された「User-Agent Switcher for Chrome」のアイコンから、UAを選択

Chromeのメニューに追加された「User-Agent Switcher for Chrome」のアイコンから、UAを選択します。

3. 「User-Agent Switcher for Chrome」で変更できるユーザーエージェント (UA) の種類

  • Chrome、Internet Explorer、iOS、Android、Windows Phone、Firefox、Opera、Safari

4. 任意のUAを追加

任意のUAを追加することも可能です。

①アイコンを右クリック→「オプション」をクリック

「User-Agent Switcher for Chrome」に任意のUAを追加する

②Custom User-Agent List が表示されるので、任意のUAを追加する

「User-Agent Switcher for Chrome」に任意のUAを追加する

  • New User-agent name・・・UAの名称をつけます
  • name New User-Agent String・・・任意のUAを入力します

この方法で、GooglebotのUAも追加できます。

さいごに

以上、Chromeでユーザーエージェント (UA) を変更する方法でした。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク