日本のローカルSEO (MEO) ガイドを公開しました。

AMP対応をやめる方法!

AMP
執筆者
伊藤亜津佐

このサイトでは、SEO・Googleマイビジネス・ローカル検索など、Web集客に関する最新情報を配信しています。

WordPressを使っているユーザーならば、「AMPプラグイン」や「AMP対応しているテーマ」を使えば、すぐにAMP対応できます。

しかし、よく分からずAMP対応したために、エラーに悩まされたり、AMPページとモバイルページのUIの統一がうまくできず、AMPページをやめたいという話を聞くことがあります。

この記事では、AMP対応をやめる方法について、Googleの公式ページを参考に、詳しい手順についてお伝えします。

公式 Google 検索結果から AMP コンテンツを削除する

スポンサーリンク

AMPページを削除すればいい話ではない

AMPをやめる場合、AMPページを削除すればいいという単純な話ではありません。
「AMPページ」と「正規化したページ」のURLは異なりますので、訪問するユーザーや検索エンジンに、URLを変更したことを伝える必要があります。

  • AMPページはやめるけど、正規化した非AMPページを残すのであれば、301リダイレクトは必要です。
  • AMPページも非AMPページも削除するのであれば、HTTPステータスコード404を返さなければなりません。

AMP対応はやめるけど「正規化したページ」は残す

単純にAMPページだけをやめたいときは、この方法を行います。

「正規化したページ」とは、AMPページに対応したモバイルページやレスポンシブページを指します。

次の手順を実行します。「AMPページ」をやめても、Googleのモバイル検索結果には「正規化したページ」が表示されます。

  1. 「正規化したページ」のソースコードから、rel=”amphtml”を削除
  2. 「AMPページ」から「正規化したページ」へ301リダイレクト、もしくは302リダイレクト

上記の方法を取れば、訪問するユーザーが「AMPページ」へアクセスしても、「正規化したページ」にリダイレクトするので、404エラーになりません。
リダイレクトするため、AMPページは削除してもしなくてもどちらでも構いません。

他のプラットフォームからAMPページを削除する方法

はてなブックマークなど、Google検索以外のプラットフォームからAMPページを削除する方法です。

  1. 正規化したページのソースコードから、rel=”amphtml”を削除
  2. AMPページを削除して、AMPページに404が送信されるようにサーバを設定し、アクセスできなくする
  3. Google AMPキャッシュを更新して、AMPページをAMPキャッシュから削除
  4. AMPページのURLへのアクセスを有効にするのであれば、「AMPページ」から「正規化したページ」へ301リダイレクト

「AMPページ」も「正規化したページ」も削除する

記事自体を削除するのであれば、「AMPページ」も「正規化したページ」も削除しなければなりません。

この場合、HTTPステータスコード404を返すと同時に、検索結果からいち早くコンテンツを削除する必要があります。

次の手順を行います。

  1. サーバから「AMPページ」と「正規化したページ」を削除する
  2. 「古いコンテンツを削除する」ツールを使用して、「AMPページ」と「正規化したページ」の削除をリクエストする
  3. Google AMPキャッシュを更新し、「AMPページ」がAMPキャッシュから削除されたことを確認する
  4. Google検索でコンテンツを検索し、「AMPページ」も「正規化したページ」も削除されていることを確認する

「古いコンテンツを削除する」ツールの使い方は、以前のエントリーに詳しく書きました。

Googleの検索結果に残ったキャッシュを削除する方法

AMPページがGoogle検索から削除されたかどうか確認する方法

AMPページがGoogle検索から削除されたかどうか確認する方法を紹介します。次の3つの方法があります。

  • 実際に検索してAMPページが検索結果に表示されないか確認
  • Search ConsoleのAMPレポートを確認
  • 新しいSearch ConsoleのAMPステータスを確認

多数のAMPページの削除を確認するには、Search Consoleで確認することをオススメします。

さいごに

以上、AMP対応をやめる方法について紹介しました。

繰り返しになりますが、AMP対応はやめるけど「正規化したページ」を残す場合、AMPページを削除するだけではダメです。
理由は、AMPページのURLにアクセスしてきたユーザーに、404が返ってしまうためです。必ず次の手順を行ってください。

  1. 正規化したページのソースコードから、rel=”amphtml”を削除
  2. 「AMPページ」から「正規化したページ」へ301リダイレクト、もしくは302リダイレクト

リダイレクトすることで、訪問ユーザーには、「正規化したページ」のコンテンツを見せることが可能になります。

こちらの記事はWordPressなど、ご自身でサーバーを管理している方へ向けとなります。ブログサービスなどでAMPを配信している場合、この記事で紹介しているリダイレクトの設定ができない場合があります。その際は、お使いのサービスのサポートにお問い合わせください。
タイトルとURLをコピーしました