AMP対応をやめる方法!

AMP

AMP対応をやめる方法を紹介します。

WordPress・はてなブログ・アメブロを使っているユーザーならば、AMP対応するのは、そんなに難しい話ではありません。

WordPressならば「AMPプラグイン」を使えば、すぐにAMP対応できます。
ブログサービスも、はてなブログやアメブロはAMP対応しています。

ページをAMP対応する最大のメリットは、モバイルでの高速表示です。通常のモバイルページとAMPページでは、ユーザーへの表示速度が全く異なります。

でも、よく分からずAMP対応したために、エラーに悩まされたり、AMPページとモバイルページのUIの修正がうまくできず、AMPページをやめたいという話はよく聞きます。

その場合どうすればいいと思いますか?

「AMPページ」と「正規化したページ」のURLは異なりますので (Canonical AMPを除く)、単純に、AMPページを削除すればいいという話ではありません。
AMPページを削除しただけでは、検索結果にAMPページのURLが残るので、訪問するユーザーに404が返ってしまい、コンテンツが表示されません。また、AMPページのURLに直接アクセスしてきたユーザーに対しても、404が返ってしまいます。

Googleが、AMPページをやめたときに、AMPページをGoogle検索に表示しない方法について記事を公開しています。

Remove AMP Content from Google Search

英語なので少しわかりにくい部分もありますので、Googleの記事を元に、AMP対応をやめる方法についてお話します。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

AMP対応はやめるけど「正規化したページ」は残す

単純にAMPページだけをやめたいときは、この方法を行います。

「正規化したページ」とは、AMPページに対応したモバイルページやレスポンシブページを指します。

次の手順を実行します。「AMPページ」をやめても、Googleのモバイル検索結果には「正規化したページ」が表示されます。

  1. 「正規化したページ」のソースコードから、rel=”amphtml”を削除
  2. 「AMPページ」から「正規化したページ」へ301リダイレクト、もしくは302リダイレクト

上記の方法を取れば、訪問するユーザーが「AMPページ」へアクセスしても、「正規化したページ」にリダイレクトするので、404エラーになりません。
リダイレクトするため、AMPページは削除してもしなくてもどちらでも構いません。

他のプラットフォームからAMPページを削除する方法

はてなブックマークなど、Google検索以外のプラットフォームからAMPページを削除する方法です。

  1. 正規化したページのソースコードから、rel=”amphtml”を削除
  2. AMPページを削除して、AMPページに404が送信されるようにサーバを設定し、アクセスできなくする
  3. Google AMPキャッシュを更新して、AMPページをAMPキャッシュから削除
  4. AMPページのURLへのアクセスを有効にするのであれば、「AMPページ」から「正規化したページ」へ301リダイレクト

「AMPページ」も「正規化したページ」も削除する

「AMPページ」も「正規化したページ」も削除するのは、一刻も早くコンテンツをサイトから削除したい場合に使います。

次の手順を行います。

  1. サーバから「AMPページ」と「正規化したページ」を削除する
  2. 「古いコンテンツを削除する」ツールを使用して、「AMPページ」と「正規化したページ」の削除をリクエストする
  3. Google AMPキャッシュを更新し、「AMPページ」がAMPキャッシュから削除されたことを確認する
  4. Google検索でコンテンツを検索し、「AMPページ」も「正規化したページ」も削除されていることを確認する

「古いコンテンツを削除する」ツールの使い方は、以前のエントリーに詳しく書きました。

Googleの検索結果に残ったキャッシュを削除する方法

AMPページがGoogle検索から削除されたかどうか確認する方法

AMPページがGoogle検索から削除されたかどうか確認する方法を紹介します。次の3つの方法があります。

  • 実際に検索してAMPページが検索結果に表示されないか確認
  • Search ConsoleのAMPレポートを確認
  • 新しいSearch ConsoleのAMPステータスを確認

多数のAMPページの削除を確認するには、Search Consoleで確認することをオススメします。

さいごに

以上、AMP対応をやめる方法について紹介しました。

繰り返しになりますが、AMP対応はやめるけど「正規化したページ」を残す場合、AMPページを削除するだけではダメです。
理由は、AMPページのURLにアクセスしてきたユーザーに、404が返ってしまうためです。必ず次の手順を行ってください。

  1. 正規化したページのソースコードから、rel=”amphtml”を削除
  2. 「AMPページ」から「正規化したページ」へ301リダイレクト、もしくは302リダイレクト

リダイレクトすることで、訪問ユーザーには、「正規化したページ」のコンテンツを見せることが可能になります。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク