BASEで作成したECサイトをSearch Consoleに登録する方法

BASEで作成したECサイト、Search Consoleに登録する方法

このエントリーでは、BASEで作成したECサイトをSearch Consoleに登録する方法をお伝えします。

Search Consoleに登録することで、URLのインデックス状況やユーザーがどんな検索クエリで訪問しているかを把握することができます。ぜひ登録することをオススメします。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

BASEはSearch Consoleに登録できるの?

BASEのヘルプページには、「BASEはGoogleサーチコンソールに対応していません。」とはっきりと書かれている

BASEのヘルプページを見ると、「BASEはGoogleサーチコンソールに対応していません。」とはっきりと書かれています。

このヘルプ記事を読むとBASEはSearch Consoleに登録できないと思いますよね?

でもご安心ください。Search Consoleの「HTMLメタタグ」でサイトの所有権を確認すれば、BASEのECサイトをSearch Consoleに登録できます。

BASEのECサイトをSearch Consoleに登録する手順

BASEのECサイトをSearch Consoleに登録する手順を紹介します。

  1. Search Consoleにプロパティを追加
  2. 「HTMLメタタグ」をコピー
  3. BASEの管理画面で「HTMLメタタグ」を追加
  4. Search Consoleで確認

1. Search Consoleにプロパティを追加

Search Consoleにプロパティを追加します。

①Search Consoleにアクセスし、「プロパティを追加」をクリック

Search Consoleにアクセスし、「プロパティを追加」をクリック

②「URL プレフィックス」を選択し、BASEで作ったECサイトのURLを入力して「続行」をクリック

「URL プレフィックス」を選択し、BASEで作ったECサイトのURLを入力して「続行」をクリック

2. 「HTMLメタタグ」をコピー

Search Consoleに登録するには、サイトの所有権を確認する必要があります。
所有権を確認する方法はいくつかありますが、BASEのECサイトの場合、「HTMLメタタグ」で所有権を確認します。

「HTMLメタタグ」を選択して、その下に表示されるコードをコピーしてください。

BASEをSearch Consoleに登録、「HTMLメタタグ」をコピー

3. BASEの管理画面で「HTMLメタタグ」を追加

BASEの管理画面で「HTMLメタタグ」を追加します。

具体的にはBASEで使っているテーマのHTMLを編集して「HTMLメタタグ」を追加します。
以下の手順を行ってください。

①「Apps」をクリックして「HTML編集」をクリック

BASEをSearch Consoleに登録、「Apps」をクリックして「HTML編集」をクリック

②「HTML編集App」をインストール

BASEをSearch Consoleに登録、「HTML編集App」をインストール

③「編集する」の中にある「デザイン編集」をクリック

BASEをSearch Consoleに登録、「編集する」の中にある「デザイン編集」をクリック

④「HTMLを編集する」をクリック

BASEの管理画面、「HTMLを編集する」をクリック

⑤ <head>セクション内の一番最後の部分に、先程Search Consoleでコピーした「HTMLメタタグ」を貼り付けて「プレビューの更新」をクリック

BASEの管理画面、Search ConsoleのHTMLタグを貼り付ける

⑥「戻る」をクリック

BASEの管理画面、HTMLタグを貼り付けたら「戻る」をクリック

⑦「保存」をクリック

BASEの管理画面、HTMLタグを貼り付けたら「保存」をクリック

これで、BASEの管理画面に「HTMLメタタグ」が追加されました。

4. Search Consoleで確認

Search Consoleにアクセスすると、「所有権を自動確認しました」と表示されプロパティが追加されます。

Search Consoleにアクセスすると、「所有権を自動確認しました」と表示されプロパティが追加される

これでサイトの所有権が確認されたので、BASEのECサイトがSearch Consoleに登録されました。

テーマを変更した時は?

BASEはテーマを変更すると、簡単にサイトのデザインを変更することができます。

今回は、BASEのテーマに「HTMLメタタグ」を記述することで、BASEのECサイトをSearch Consoleに登録する方法を紹介しました。

なのでテーマを変更した際は、新しいテーマに「HTMLメタタグ」を記述する必要があります。
記述しないとSearch Consoleの所有権が未確認となりますのでご注意ください。

サイトマップを追加する

BASEにSearch Consoleを登録したら、サイトマップを追加してください。

サイトマップを追加すると、BASEのページ情報やサイトの構成をGooglebotへ伝えることができ、GooglebotがURLを検出する際の手助けになります。

次の手順でサイトマップを追加します。

  1. Search Consoleから「サイトマップ」へアクセス
  2. sitemap.xml と入力して「送信」をクリック
  3. 「サイトマップを送信しました」と表示される
  4. 送信されたサイトマップのステータスが「成功しました」となって、サイトマップが追加される

1. Search Consoleから「サイトマップ」へアクセス

Search Consoleから「サイトマップ」へアクセスします。

2. sitemap.xml と入力して「送信」をクリック

sitemap.xml と入力して「送信」をクリックします。

BASE、Search Consoleにサイトマップを追加

3. 「サイトマップを送信しました」と表示される

「サイトマップを送信しました」と表示されるので、「OK」をクリックします。

BASE、「サイトマップを送信しました」と表示される

4. 送信されたサイトマップのステータスが「成功しました」となって、サイトマップが追加される

送信されたサイトマップのステータスが「成功しました」となって、サイトマップが追加されます。

BASE、送信されたサイトマップのステータスが「成功しました」となって、サイトマップが追加される

さいごに

以上、BASEで作成したECサイトをSearch Consoleに登録する方法をお伝えしました。

BASEのヘルプページには、「BASEはGoogleサーチコンソールに対応していません。」と書かれていますが、「HTMLメタタグ」を使えば、Search Consoleに登録できますのでご安心ください。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク