BASEのトップページが「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」と表示される件

BASEのトップページが、Search Consoleで「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」と表示される

BASEのトップページが、Search Consoleで「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」と表示されます。

この表示が出るのはトップページだけで、それ以外のページでは表示されません。
実際、僕が管理するBASEのECサイトでも、トップページをURL検査すると「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」と表示されます。

このエントリーでは、なぜこのように表示されるのか検証し、ユーザー側で対処が必要なのかについてお伝えします。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」とはどういう状態なのか?

サイトマップに記載のないURLが、検索エンジンにインデックス登録された状態です。

インデックスされているので特に問題はないのですが、このように表示されるのは気持ち悪いですよね。

ちなみに、検索エンジンはリンクを辿ってURLを検出するので、サイトマップに記載のないURLもインデックスに登録します。

Googleのヘルプページに記載がありますが、重要なURLはサイトマップに記載することが推奨されています。

なぜBASEのトップページは、「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」と表示されるのか?

BASEのトップページは、「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」と表示される

なぜかというと、BASEのトップページは「サイトマップで生成されるトップページのURL」と「canonicalのURL」が違うためです。

以下のように、ホスト名の後ろあるスラッシュ (/) の有無が違います。

  • サイトマップで生成されるトップページのURLは「ホスト名の後ろに / なし」・・・
    https://shop.example.com
  • canonicalで指定する正規URLは「ホスト名の後ろに / あり」・・・
    https://shop.example.com/

これはBASEの仕様なので、ユーザー側でどうすることもできません。

サイトマップで生成されるトップページのURL

BASEのサイトマップは、自動で生成される仕様です。

実際に、以下のようにブラウザにURLを入力すればサイトマップは表示されます。

https://shop.example.com/sitemap.xml

サイトマップで生成されるトップページのURLを見てみると、「ホスト名の後ろに / なし」のURLが生成されていることが分かります。

BASEのトップページは、「ホスト名の後ろに / なし」のURLがサイトマップで生成される

BASEのトップページは、「ホスト名の後ろに / なし」のURLがサイトマップで生成される

canonicalで指定する正規URL

BASEのサイトは、各ページにcanonicalタグが自動で設置されています。
トップページのcanonicalタグを見てみると、「ホスト名の後ろに / あり」のURLがcanonicalとして指定されていることがわかります。

BASEのトップページは、「ホスト名の後ろに / あり」のURLがcanonicalタグに生成される

BASEのトップページは、「ホスト名の後ろに / あり」のURLがcanonicalタグに生成される

「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」と表示されると、何か対処が必要なのか?

結論から先にいうと、ユーザー側で対処は不要です。

実際、ユーザー側では何もできません。「BASEで自動生成されるサイトマップに記載されたトップページのURL」と「canonicalのURL」が違うことが原因ですからね。

不安になった方もいるかもしれませんが、トップページがインデックスされているので問題が発生することはありません。インデックス登録されていれば検索結果にもきちんと表示されますのでご安心ください。

トップページ以外のURLは?

トップページ以外のURLは、「サイトマップで生成されるURL」と「canonicalのURL」は同じです。

Search ConsoleでURL検査をすると、「送信して登録されました」と表示されますのでご安心ください。

BASEのトップページ以外のURL、Search ConsoleでURL検査をすると「送信して登録されました」と表示される

以下のように、どちらも「URLの後ろに / なし」のURLとなります。

トップページ以外のサイトマップ

BASEのトップページ以外のサイトマップ、ホスト名の後ろに / なし」のURL

ホスト名の後ろに / なし」のURL

トップページ以外のcanonicalタグ

BASEのトップページ以外のcanonicalタグは、「ホスト名の後ろに / なし」のURL

ホスト名の後ろに / なし」のURL

さいごに

以上、BASEのトップページが、Search Consoleで「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」と表示される件についてお伝えしました。

BASEでECサイトを作っている方は、このように表示されたとしてもトップページがインデックスされているので問題は起こりません。インデックスされているので、コンテンツは検索結果にもきちんと表示されます。

なぜこのようなことが起きるのかというと、「サイトマップで生成されるトップページのURL」と「canonicalのURL」が違うことが原因です。BASEが生成するサイトマップの仕様なので、ユーザー側では何もできません。今回、この仕様を発見したので、BASEの中の人に伝えました。早く修正されるといいですね。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

フォローする

スポンサーリンク
この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクダンクル(大)