macOS Mojave をクリーンインストールする手順!

macOS Mojave

9月24日、macOS Mojave がリリースされました。

すでにApp Storeからダウンロードができるので、早速、外出用に使っているMacBook Air 2015にインストールしてみました。

上書きアップデートしたところ、OSの動作は激重でした。Chromeを開いても、もっさりしているし、何をやっても動作がもたつく感じがします。

快適に使いたかったのでクリーンインストールしたところ、サクサク動作するようになりました。macOS Mojave を快適に使うならば、クリーンインストールをすることを強くオススメします。

今日のエントリーは、macOS Mojave をクリーンインストールする手順を公開します。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

macOS Mojave がインストール可能な機種

以下のMacにインストールが可能です。

  • MacBook (Early 2015以降)
  • MacBook Air (Mid 2012以降)
  • MacBook Pro (Mid 2012以降)
  • Mac mini (Late 2012以降)
  • iMac (Late 2012以降)
  • iMac Pro (2017)
  • Mac Pro (推奨されるMetal対応グラフィックカードを搭載したLate 2013、Mid 2010、Mid 2012モデル)

だいぶ切り捨てられた機種がありますね。1つ前のmacOS High Sierraでは、MacBook Air2010 & 2011、MacBook Pro 2010 & 2011もインストールできましたが、macOS Mojave をインストールすることはできません。
グラフィックカードが対応していないということなんだろうけど、MacBook Air 2011 と2012を比較するとバッテリーの持ち時間以外、スペック的な大差ないのに残念です。

古いmacOSのセキュリティは脆弱

古いmacOSのセキュリティは脆弱です。ご存知のない方もいると思いますが、macOSのセキュリティサポートはわずか2年です。そのかわり、アップデートできる機種であれば、毎年9月に無料で最新のmacOSにアップデートが可能です。対象機種をお持ちの方は、最新OSにアップデートすることをオススメします。

Macを使っているとウィルスにかかることはめったに無いですよね。 わたくしもMacを10年近く使っていますが、一度もウィルスにかかった...

上書きアップデートのメリットとデメリット

上書きアップデートのメリットとデメリットをお伝えします。

メリット

  • メール設定を引き継げる
  • アプリケーションも基本的にそのまま使える
  • 写真・データのバックアップは不要
  • SSDを搭載したMacならば、それなりに快適に動く
  • Googleアカウントと連動して、GmailやGoogleカレンダー、Googleの連絡先を使っている場合、再設定は不要

デメリット

  • SSDを搭載したMacでも動作はもっさりする
  • ハードディスクを搭載したMacだと動作が激遅になる
  • 周辺機器が対応していないと使えない
  • アプリケーションが対応していないと使えない

macOS Mojave をクリーンインストールする手順

クリーンインストールの手順を紹介します。

  1. バックアップを取ってから、macOS Mojave へ上書きアップデート
  2. リカバリモードで起動
  3. ストレージを初期化
  4. macOS Mojave をクリーンインストール
  5. クリーンインストールが完了

1. バックアップを取ってから、macOS Mojave へ上書きアップデート

バックアップを取ってから、macOS Mojave へ上書きアップデートします。

クリーンインストールをする場合、まずは上書きアップデートをしなければならないのです。

Time Machineは復元できないリスクがあるので、バックアップはTime Machineだけに頼らず、写真や書類のデータについては別途バックアップを取ることをオススメします。

「バックアップを取ってから、macOS Mojave へ上書きアップデート」までの方法については、昨日のエントリーに詳しく書きました。

今日のエントリーは、macOS Mojave へアップデートする前にやるべきことを紹介します。 macOS Mojave へア...

2. リカバリモードで起動

Command ⌘ + Rを押しながら、電源ボタンを押して、リカバリモードで起動します。

macOSユーティリティが起動するので、ディスクユーティリティを選択します。

macOS Mojave リカバリモードで起動

3. ストレージを初期化

ストレージを初期化します。Macintosh HDを選択してストレージを初期化します。フォーマットはAPFSを選択してください。

ストレージを初期化

①「消去」をクリック → ②フォーマットはAPFSを選択 → ③「消去」

4. macOS Mojave をクリーンインストール

ストレージを初期化したら、macOS Mojave をクリーンインストールしてください。

macOS Mojave をクリーンインストール
macOSユーティリティの「macOSを再インストール」をクリックしたら、画面に従って進みます。

①続けるをクリック

macOS Mojave をクリーンインストール

②「復旧サーバに接続できませんでした」と表示されたら、インターネットに接続されておりませんので、Wi-Fiに接続します

「復旧サーバに接続できませんでした」と表示されたら、インターネットに接続されてないので、Wi-Fiに接続する

③「同意する」をクリック

macOS Mojave をクリーンインストール

macOS Mojave をクリーンインストールに同意

④インストールディスクを選択して、「インストール」をクリック

インストールディスクを選択して、「インストール」をクリック

⑤macOS Mojave がクリーンインストールされる

macOS Mojave がクリーンインストールされる

5. クリーンインストールが完了

再起動を何度か繰り返し、クリーンインストールが完了します。

macOS Mojave のクリーンインストールが完了

さいごに

以上、macOS Mojave をクリーンインストールする手順を紹介しました。

macOS Mojave をサクサク快適に使いたいのであれば、クリーンインストールは必須です。バックアップさえ取っておけば何も怖くないので、ぜひお試しください。

MacBook Air 2015をmacOS Mojave へアップデートしたところ、Adobe CSシリーズが使えなくなりました。以下の画...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク