macOS Mojave へアップデートする前にやるべきこと

macOS Mojave

今日のエントリーは、macOS Mojave へアップデートする前にやるべきことを紹介します。

macOS Mojave へアップデートしたら、「写真が消えた」「データが消えた」などの不具合に遭遇しないためにも、ぜひこの記事を読んでいただければと思います。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

macOS Mojave へアップデートできるMacかどうかの確認

最初に、ご自身のMacがmacOS Mojave へアップデートできるMacかどうか確認します。

  • MacBook (Early 2015以降)
  • MacBook Air (Mid 2012以降)
  • MacBook Pro (Mid 2012以降)
  • Mac mini (Late 2012以降)
  • iMac (Late 2012以降)
  • iMac Pro (2017)
  • Mac Pro (推奨されるMetal対応グラフィックカードを搭載したLate 2013、Mid 2010、Mid 2012モデル)

Time Machine でバックアップを取る

macOS Mojave へアップデートする前に、Time Machine を使っている方は、Time Machineでバックアップを取ってください。OSとデータが丸ごとバックアップできます。

Time Machine の注意点

OSとデータが丸ごとバックアップできるTime Machineは便利なのですが、Time Machine のバックアップから復元できないといった不具合もよく聞きます。

アップデートして不具合が出ても困らないように、写真や書類のバックアップは2重に取ることをオススメします。

バックアップは2重に取る

写真や書類のバックアップは、2重に取ります。

外付けハードディスクでバックアップという原始的な方法もありますが、バックアップはクラウドを使うことをオススメします。

写真ライブラリ

写真ライブラリのバックアップを取ります。

iCloudフォトライブラリで写真やビデオを管理しているならば、写真もビデオもクラウドにバックアップされているので、バックアップは不要です。

それ以外の方は、外付ハードディスクでバックアップしてください。

  • Finder→ユーザー名→ピクチャー

iCloudフォトライブラリでバックアップ

外付けハードディスクを持っていない方は、iCloudフォトライブラリを利用して写真とビデオをバックアップすることをオススメします。

理由は、外付けハードディスクには寿命があり、バックアップとして使う場合、定期的にハードディスクを買い換える必要があるからです。実際、2〜3年で外付けハードディスクが壊れることはほとんどないのですが、5年経っていきなり壊れて、データが吹っ飛ぶという経験をされた方もいると思います。

iCloudフォトライブラリならば、常に最新のバックアップが自動化されるだけでなく、ハードディスクを買い換える手間もありません。

ただし、無料で使えるiCloudストレージは5GBしかありませんので、ストレージに課金しないと利用できません。以下、月額料金です。

  • 50GB:130円
  • 200GB:400円
  • 2TB:1300円

iTunesライブラリ

iTunesで音楽を管理している方は、iTunesライブラリのバックアップを取ります。

ファイルは以下の場所にあります。

  • Finder→ユーザー名→ミュージック

ちなみに、Apple Musicをお使いの方で、iCloud ミュージックライブラリを有効にしている場合、iTunesライブラリがクラウド上で同期しているためバックアップは不要です。

オンラインストレージに置くと消える可能性があるデータ

「写真ライブラリ」と「iTunesライブラリ」は、オンラインストレージに置くと、データが消えることがあるのでご注意ください。必ずMac本体にデータを置くようにしてください。

Macユーザーの方はお使いの方が多いと思います。システム全体のバックアップと復元ができるので、OSのトラブルがあった際に活躍します。 Ti...

複数のデバイスで音楽ファイルを共有したいなら、iTunes MatchやGoogle Play Musicを使ってクラウドで同期しましょう。

以前、自宅にある複数のMacでiTunesの音楽ライブラリを共有したいニーズが我が家にもあって、Time CapsuleやNASにiTunesの「Music」フォルダーを置いて、各Macから参照しておりました。でもこれ、やめたほうがいいです。ミュージックライブラリが壊れました。AppleStoreの方も同じこと言ってました・・

同じことをやりたいのなら、Mac miniでiTunes専用マシンを作るといいです。同じネットワーク内のMacのiTunesからMac miniのiTunesライブラリが参照できます。

書類のバックアップ

書類のバックアップは、15GBまでGoogleドライブに無料でバックアップが可能です。Gmailの容量も含んでいるので、実際には15GB全て使えるわけではありませんが・・

それ以上のデータがある場合、外付けハードディスクを使うか、オンラインストレージに課金してバックアップすることになります。

iCloudで書類をバックアップ

15GB以上のデータがあり、iCloudフォトライブラリを利用している方は、Googleドライブのストレージに課金するのではなく、iCloudストレージに課金した方が、写真・ビデオ・書類がiCloudで一元管理ができるため便利です。

バックアップが不要なもの

以下のものは、クラウドにデータがあるので、バックアップは不要です。

連絡先・カレンダー・Safariのブックマーク・iCloudドライブ

iCloudで同期しますので、バックアップは不要です。

Googleドライブ、Dropboxのデータ

Googleドライブ、Dropboxなどクラウドに保存しているデータのバックアップは不要です。
インストール後、アプリをインストールしてログインすれば、データは降りてきます。

バックアップを取ったらmacOS Mojave へアップデート

バックアップを取ったらmacOS Mojave へアップデートします。
以下手順を紹介します。

1. App StoreからmacOS Mojave をダウンロードする

App StoreからmacOS Mojave をダウンロードします。

App StoreからmacOS Mojave をダウンロード

2. 「続ける」をクリック

「続ける」をクリックします。

macOS Mojave へアップデートする手順

3. 「同意する」をクリック

「同意する」をクリックします。

macOS Mojave へアップデートする手順

4. インストールするディスクを選択して「インストール」をクリック

インストールするディスクを選択して「インストール」をクリックします。

macOS Mojave へアップデートする手順

5. ユーザー名とパスワードを入力して「ヘルパーに追加」をクリック

ユーザー名とパスワードを入力して「ヘルパーに追加」をクリックします。

macOS Mojave へアップデート

6. macOS Mojave へアップデートが始まる

macOS Mojave へアップデートが始まります。

macOS Mojave へアップデートが始まる

さいごに

以上、macOS Mojave へアップデートする前にやるべきことを紹介しました。

不具合が出たら困るという方は、準備をしてからアップデートしてください。

9月24日、macOS Mojave がリリースされました。 すでにApp Storeからダウンロードができるので、早速、外出...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク