Mac版App Storeに活気がない理由

Mac版App Store

Mac版App Storeは、iOSのApp Storeと比較すると、活気がないと思いませんか?

iOS版のApp Storeに関しては、iOS端末はApp Store経由でアプリをインストールするシステムなので、Appleはプラットフォームとして大成功しました。

ところが、Mac版App Storeは、活気がありません。ユーザーにとって魅力的なアプリケーションが少ないことが大きな理由の一つです。また、macOSはApp Store経由でなくても、アプリケーションをインストールできることも、活気のない理由の一つだと思います。

今日のエントリーは、Mac版App Storeに活気がない理由について考察します。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

Mac版App Store使うのはどんなケース?

Appleは、全てのMacからDVDドライブを廃止しており、かなり昔からAppleは、自社で開発するアプリケーションをディスクで提供しておりません。

Apple IDとApp Storeでの購入履歴を紐付けたことで、過去にダウンロードしたアプリケーションは、無料アプリ・有料アプリ問わず、インターネット経由でダウンロードできるシステムに変更されています。

なので、macOSの更新やApple製のアプリケーションのインストールには、Mac版App Storeを使う必要があります。

僕がどんな時にMac版App Storeを使っているのか見ていきましょう。

  • macOSの更新
  • Apple製アプリケーションの更新
  • LINEアプリ

macOSの更新

macOSの更新の際に、Mac版App Storeを使います。

macOSの更新は、ユーザーに一斉に降りてくるし、不具合も少ない点も特徴です。Windowsのように、Windows Updateから更新が降りてこなくて、直接Microsoftのサイトからダウンロードして更新するような手間をユーザーにかけませんからね。

Apple製アプリケーションの更新

Apple製アプリケーションとは、Pages・Numbers・Keynoteなどです。昔はディスクでアプリケーションを提供していましたが、今のAppleはApp Store経由でしか自社製アプリを提供しておりません。更新も同様です。

LINEアプリ

個人的な話で恐縮ですが、Mac版App Storeで唯一使っているアプリケーションがLINEアプリです。
仕事でLINEグループを使うことがあるので、これはしょうがなく使っている感じですが・・・

ユーザーがMac版App Storeを使うメリット

ユーザーがMac版App Storeを使うメリットもあるので、まとめてみます。

不正なアプリが少ない

Appleが管理しているApp Storeにあるアプリケーションならば、Appleの厳しい審査を通っているので、安心して利用できる点があります。例えば、iPhoneの中のデータを中国のサーバに送信される可能性は、App Store経由のアプリならば、限りなく低いです。

といっても、不正アプリが紛れ込むこともありますので、絶対に不正なアプリがないわけではありません。一例を上げると、2017年3月に、「こつこつ家計簿 – 無料のカレンダー家計簿」というアプリが、家計簿をつけるファイナンスアプリを装って、サードパーティのアプリストアへ誘導するアプリでした。既にApp Storeから削除されていますけどね。

シリアルキーの管理が不要

ディスクやダウンロード版のアプリケーションの場合、シリアルキーの管理をユーザー自身で行わなえればなりません。でも、App Storeで購入したアプリケーションならば、Apple IDでApp Storeにログインさえすれば、アプリケーションがインストールできるのはメリットです。

macOSのアップデートの管理が楽

macOSのアップデートの管理は、App Storeに一元化されているので楽です。

なぜ、Mac版App Storeに活気がないのか?

Mac版App Storeに活気がない理由は、Mac版App Storeには、魅力的なアプリケーションが少なすぎるためです。

見向きもしない有料アプリばかり

Mac版App Storeには、見向きもしない有料アプリばかりが揃っています。
Mac版App Storeというプラットフォームに掲載しなければ、誰も見向きもしないようなアプリばかりです。

Appleはこの点を改善しない限り、Mac版App Storeに活気が出ることはないでしょう。

ChromeはApp Storeにない

例えば、ChromeはApp Storeにはありません。
Chromeのシェアは50%を超えていますから、GoogleはMac版App StoreにChromeを置いて貰う必要はないのです。
Chromeを使いたいユーザーは、公式サイトから勝手にダウンロードして使えますからね。

Appleがプラットフォームの権限を強化して、ChromeをMacにインストールする場合に、Mac版App Store経由じゃないとインストールできなくなるような嫌がらせをしない限り、ChromeがApp Storeに置かれることはないと思います。

MicrosoftのOfficeもApp Storeにない

MicrosoftのOfficeもApp Storeにありません。
MicrosoftのOfficeなど自社で販売できる強力なコンテンツの場合、Microsoftが、Mac版App Storeで販売するメリットは全くありません。Mac版App Storeを経由すると、約30%の手数料をAppleに支払う必要がありますからね。

さいごに

AppleがmacOSを提供するプラットフォームとして、App Storeでアプリを一元化したいのは理解できます。アプリケーションのダウンロード元をApp Storeに限定することで、アプリディベロッパに対して、プラットフォームとしての力を発揮することができるからです。

なぜモンストはBANされたか!強大な力を持つプラットフォーム!

iOSではApp Storeは上手く運営されていますが、mac版App Storeは全く活気がありません。この状況を打破するには、より魅力的なアプリを提供してもらえるようにしなければなりません。

今後、MacのApp Storeはどうなる?

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
スポンサーリンク