東京オリンピックまでに、自動運転バスが実用化されそうな件

東京オリンピックまでに、都心部における自動運転バスの実用化が現実味を帯びてきました。

SBドライブが所有する自動運転バス 東京23区の公道を初走行

2017年12月22日、ソフトバンクと三菱地所は、東京都千代田区にて東京23区内の公道では初走行となる自動運転バスの試乗会を実施した。この試乗会は、自動運転の性能・運用の実証とその受容性を検証するためのもの。走行した場所は、交通規制により一般車両の進入がないようにした丸の内仲通りだ。

走行する車両は、ソフトバンクグループのSBドライブが所有する自動運転シャトルバス『NAVYA ARMA(ナビヤ アルマ)』。フランスのNavyaが設計・開発した自動運転専用の電気自動車である。あらかじめ設定したルートの自動走行が可能で、車両周辺の障害物を検出する「LiDAR(レーザースキャナー)」をはじめ、カメラやGPS、各種センサーなどが車体に取り付けられている。それらが自車位置の測位、道路標識・信号と障害物の識別、車両速度や進路方向の検出等を行い、自律走行が可能になっているという。

2017年7月 自動運転バス一般公開試乗会

SBドライブは、沖縄でも自動運転バスの実証実験を行っています。

沖縄におけるバス自動運転実証実験の実施について

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「自動走行システム」では、沖縄県宜野湾市及び北中城村においてバス自動運転実証実験を10月31日(火)から開始することとなりましたので、お知らせします。

SBドライブだけでなくDeNAも公道で自動運転バスの実験を行っています。いよいよ自動運転バスの走行が現実味を帯びてきたのです。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

自動運転バスのハードルは高くない

バスの運行は、決まったルートを定期運行するので、自動運転を実現するためのハードルは高くありません。停留所の位置もあらかじめ決まっていますからね。

決まったルートを定期運行するならば、ある程度プログラミングされた自動運転システムを元に、LiDARを使って物体検知や対象物までの距離を計測することで、障害物や歩行者への対応ができるはずです。

1年以上前から日本でも自動運転バスの実験は始まっています。秋田県仙北市で公道での走行実験が行われています。

日本でも始まった「自動運転バス」の実験!

タクシーの自動運転のハードルは高い

自動運転バスと比べると、タクシーの自動運転のハードルは高いです。

タクシーは、自動運転バスのように定期ルートを走行するわけではありません。行き先は毎回違うので、事故なく安全に自動運転車を走行することは難しいのです。歩行者と自動車が混在する道路において、事故を起こさずに自動運転を実現することが求められますからね。

東京オリンピックで、自動運転タクシーは実現するのか?

東京オリンピックで、自動運転タクシーは実現するのでしょうか?

レベル3の自動運転タクシーなら実現する可能性は高いです。レベル3ならば、すでに市販車でもテスラやアウディで実現しています。

日本政府が2020年の東京オリンピックで目指す自動運転タクシーは、レベル3になるはずです。

以前のエントリーで自動運転のレベルについて書きました。

2020年の東京オリンピックまでに、自動運転は実現できるのか?

自動運転には段階に応じて4段階のレベルがあります。

レベル1

運転の3要素である加速・操舵・制動のどれかを自動運転システムが制御します。
日産セレナに搭載されている自動ブレーキがこれに該当します。

レベル2

運転の3要素である加速・操舵・制動のうち、2つ以上の操作を自動運転システムが制御します。

テスラのオートパイロットがこれに該当します。その他、メルセデス、ボルボからもレベル2の自動運転車が市販されています。

いよいよ1月中に日本でもテスラの自動運転機能オートパイロットがスタートします。 「Tesla Model S」に自動運転機能が...

レベル3

運転の3要素である加速・操舵・制動の全てを、自動運転システムが制御します。ただし、緊急時にシステムが、ドライバーの運転を要請することがあります。

レベル3の自動運転が実現すると、ドライバーは、普段の運転から開放されます。2016年の今の段階で、レベル3の自動運転システムを登載した市販車ありません。

レベル4

緊急時も含め、運転の3要素である加速・操舵・制動の全てを、自動運転システムが制御します。レベル4の自動運転車も2016年の現時点では市販化されておりません。

東京オリンピックで、自動運転バスは運行するのか?

僕は、東京オリンピックでレベル4の自動運転バスの運行が実現すると予測します。

理由は、自動運転バスは定期ルートを走行するので、自動運転の実装は比較的簡単の実現できるからです。

オリンピックは、日本が世界にテクノロジーを見せつける絶好の機会です。

例えば、来場者向けに、オリンピック会場と最寄り駅の交通手段を、無人の自動運転バスを走行させる可能性は高いですよね。
あと、会場と選手村との交通手段にも、自動運転バスが使われる可能性はありますね。金メダルを狙うような選手が、自動運転バスに乗ってくれるかという問題はありますけどw

自動運転バスが実用化されるのはいつ?

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク