日本でも始まった「自動運転バス」の実験!

以前からDeNAによる「自動運転バス」の実験はスタートしていましたが、ようやく公道での実験が始まりました。今までは商業施設といった私道での実験でしたからね。

無人運転バス、田沢湖で全国初の公道走行実験 内閣府とDeNA、仙北市など

ハンドルなど運転席のない無人運転車両の、国内では初めてとなる公道での走行実験が13日、秋田県仙北市の田沢湖畔で行われた。国家戦略特区における内閣府のプロジェクトで、一般公募で集まった市民らが、県道で片道約400メートルの湖畔を試乗。「不思議な感じがした」「移動手段として早く実用化してほしい」などの声が聞かれた。

走行実験はインターネット関連事業大手のディー・エヌ・エー(DeNA、東京都渋谷区)が委託を受けて実施。同社が保有する仏ベンチャー企業イージーマイル社製の無人運転車両「ロボットシャトル」(定員12人)2台を使用した。8月に千葉市の公園敷地内で試験走行しており、公道は今回が初となる。

今回の「自動運転バス」の実験は、内閣府と仙北市によるDeNAへの委託事業です。
データ収集しながら、「自動運転バス」が安全に運行できるかどうかの検証を進めていくのです。

「自動運転バス」の仕組み

DeNAが開発する「自動運転バス」がどんな仕組みで走行するのか見ていきましょう。

車載されたGPS、カメラ、センサーを使って、自動運転するという点では、グーグルカーと同じです。

「走行予定ルート」が決まっている「自動運転バス」

グーグルカーと違う点もあります。

何が違うのかというと、あらかじめ「走行予定ルート」が決まっているということ。グーグルカーのように、臨機応変に、行きたい場所へ行くというわけではないのです。

なので、自動運転のスペックは、だいぶグーグルカーより低いものとみて間違いないでしょう。

DeNAによる「自動運転バス」の軌跡

DeNAによる自動運転がどのような軌跡を辿ってきたのか見ていきます。

高速通信技術はdocomoと提携し、バス車体は仏ベンチャーのイージーマイルと提携しています。

自動運転タクシーは、ZMPとの合弁会社の「ロボットタクシー」で実験を行っています。ZMPは12月に上場が決まっており、かなり大きなIPOになる模様です。

自動運転のZMP、12月19日に上場へ

2016年2月 藤沢市で「自動運転タクシー」の実験

DeNA系ベンチャー、自動運転タクシー藤沢で実験 「平成32年3千台」に向け始動

ディー・エヌ・エー(DeNA)と自動運転ベンチャーのZMPが合弁で設立したロボットタクシー(東京)は29日、自動運転車両の実証実験を神奈川県藤沢市で始めた。イオンリテールの協力を得て、イオン藤沢店と、モニターとなった買い物客の自宅の間を自動運転車両で送迎する。平成32年に都内で3千台の走行を目指しており、実験で自動走行技術の向上やサービスのノウハウ蓄積を目指す。

2016年6月 自動運転に関してドコモと連携

ドコモ、自動運転に参入 DeNAと提携

NTTドコモは自動運転技術の開発に乗り出す。次世代の高速通信技術の開発で先行する強みを生かし、即座に膨大な情報をやり取りする路車間(道路と車の間)通信や車車間(車同士の間)通信の精度を高める。ディー・エヌ・エー(DeNA)と提携し、まず路線バスでの実用化を狙った実証試験を年内にも始める。確立した技術を自動車メーカーなどに売り込む。

2016年8月 イオンモール幕張新都心(千葉市)で「自動運転バス」の実験開始

DeNA、自動運転バスを8月から運行 まず商業施設など私道で

「ロボットシャトル」と名付けたバスは仏ベンチャー、イージーマイルが開発した。3人ずつ対面で座る小型の電気自動車バスで最大時速は40キロ。第1弾としてイオンモール幕張新都心(千葉市)でサービスを始める。

2016年9月 お台場で自動運転タクシーの実験を開始

2016年2月に藤沢で実験を行った「自動運転タクシー」の公道試験が始まります。

自動運転車、都内で試験 DeNAなど公道で年内に

ディー・エヌ・エー(DeNA)とロボット開発ベンチャーのZMP(東京・文京)は年内にも、都内で自動運転車の公道試験を始める。共同で設立した自動運転タクシーの開発会社、ロボットタクシー(東京・江東)がお台場地区で体験サービスを実施する。

2016年11月 docomoの5G回線を使って自動運転車を遠隔操作

DeNAとドコモ、自動運転車両の遠隔管制における5G活用に向けた共同実証実験に合意

株式会社NTTドコモと株式会社ディー・エヌ・エーは、自動運転車両の遠隔管制における第5世代移動通信方式(5G)の活用に向け、実証実験を共同で進めることに、本日合意したことを発表した。

本取り組みは、運転手のいない自動運転車両の遠隔管制を目的に、遠隔地にいるオペレータと自動運転車両の間を超高速・大容量通信、低遅延、超多数の端末接続を特徴とする5G無線技術でつなぐ実証実験を実施するもの。

まずは、走行中の自動運転車両周辺の高精細映像を自動運転車両に設置したカメラを通じて取得し、5G無線技術を用いて伝送する実験を開始する。

2016年11月 秋田県仙北市で「自動運転バス」の実験

自動運転バス、初の公道実験=秋田・田沢湖畔を走行

地方創生特区に指定されている秋田県仙北市で13日、国内で初めて公道で自動運転バスを走行させる実証実験が行われた。運転手がおらず、ハンドルもない電気自動車「ロボットシャトル」に住民らが乗り、時速10キロ程度のゆっくりとした速度で、全面通行止めにした田沢湖畔の県道約400メートルを往復した。

自動運転バスは過疎地で役に立つ

公共交通機関が通っていない過疎地でこそ、自動運転バスは役に立ちます。

人口が少ない山間部では、バスが走っているとはいえ、1日に2〜3本しか走っていないエリアも結構あります。わたくしは、毎年冬にスノーボードで北海道に行きますが、路線バスは、数時間に1本という不便さです。

過疎地で自動運転バスが走れば、住民だけでなく旅行者にも役に立つことは間違いないです。

自動運転に関する過去の記事のまとめ

以前のエントリーでも自動運転の記事がありますので、是非参照してみて下さい。

公共交通機関から始まる「自動運転」
世界中の公共交通機関で「自動運転」の実験がスタートしています。 自動運転は、個人が所有するプライベートカーよりも、公共交通機関である「...
自動運転に5Gが導入されたら、携帯キャリアは土管屋から脱出できるのか?
テスラやグーグルカーには、常時接続という武器が標準装備されていますよね? テスラの試乗をした時に、自動車のアップデートは全てネット回線...
自動運転革命が起こると、今後の自動車産業はどうなる?
自動車のテクノロジーは、大きな転換期を迎えています。 どんな転換期かというと、キーワードは「電気自動車」と「自動運転」です。 ガ...
世界中で行われている自動運転の実験!
世界中で自動運転の実験が行われています。 最も盛んなのは、規制の緩いシンガポールです。この夏にタクシーの自動運転の実験が始まりましたが...

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!