「Googleドライブアプリ」のサポートが終了!「バックアップと同期」や「Drive File Stream」に乗り換えるタイミングはいつ?

2017年12月にWindowsとMac版の「Googleドライブアプリ」のサポートが終了し、2018年3月12日に「Googleドライブアプリ」が終了します。

あくまで、PCで使う「Googleドライブアプリ」の話です。スマホ版の「Googleドライブアプリ」は今まで通りあるし、ブラウザからGoogleドライブにアクセスして使うのも今まで通りです。

「バックアップと同期」「ドライブ ファイル ストリーム」

WindowsとMac版の「Googleドライブアプリ」のサポートが終了した後どうなるのかというと、個人ユーザーには「バックアップと同期」アプリが提供され、G Suiteの企業ユーザーには「Drive File Stream」が提供されることになります。

アプリを入れ替えれば、今までと同様にクラウド上のGoogleドライブと、ローカルストレージは同期して使えますのでご安心ください。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

「バックアップと同期」と「Googleドライブアプリ」の違い

何が違うのか見ていきましょう。

「バックアップと同期」は、今までの「Googleドライブアプリ」の機能に、以下の新しい機能が追加されます。

  • 「Googleフォトアップローダー」の機能
  • 指定したフォルダーやファイルを、Googleドライブにアップロードする機能

「Googleフォトアップローダー」の機能

今までの「Googleドライブアプリ」と「Googleフォトアップローダー」が合体したのは、分かりやすいし、使い勝手は向上しました。

特定のフォルダーやファイルを、Googleドライブにアップロードする機能

Windowsの特定のフォルダやファイルを、Gogoleドライブにバックアップできる機能は、待ち望んでたユーザーも多いのではないでしょうか。

「バックアップと同期」はこんな用途にピッタリ

Windowsの場合、アプリケーションによっては、データが強制的にアプリケーションフォルダに、保存されることがありますよね?

このようなアプリケーションを使っている場合、今までの「Googleドライブアプリ」では、データの保存先にGogoleドライブの「マイドライブ」を指定できないので、自動でGoogleドライブにバックアップすることができませんでした。

「バックアップと同期」を使うと、アプリケーションフォルダー内のデータを、個別にGoogleドライブにバックアップすることが可能になります。

また、Windowsフォルダを丸ごとバックアップしておけば、Windowsのバックアップも自動化されます。

「Drive File Stream」と「Googleドライブアプリ」の違い

「Drive File Stream」は、G Suiteを使っているアカウントだけに提供されます。2017年9月26日から使用できます。

以下のことが、「Drive File Stream」では可能になります。

  • チームドライブ内のファイルにアクセスする
  • ファイルをオンデマンドでストリーミングする
  • マイドライブのファイルを個別にのみ同期する

最大の違いは、ファイルをオンデマンドでストリーミングできることです。
この機能により、ネット回線にさえ繋がっていれば、ローカルストレージにデータを保存していなくても、ファイルを読み書きすることが可能になります。

今までの「Googleドライブアプリ」は、ローカルとクラウドを同期して使う仕様だったので、Googleドライブのストレージが多いユーザーの場合、ローカルのストレージも確保する必要があったんだよね。

この機能により、PCのストレージは小さくても全く問題がなくなりました。

追加容量の料金は?

Googleドライブの容量は、Googleアカウントを作成すると15GBが与えられます。無料で使えるのは15GBまでということになります。
それ以上の容量が必要な場合、追加容量を購入します。
月額プランと年額プランがあります。

月額プラン

  • 100GB・・・月額250円
  • 1TB・・・月額1300円
  • 2TB・・・月額2600円
  • 10TB・・・月額13000円
  • 20TB・・・月額26000円

年額プラン

  • 100GB・・・年額2500円(2ヶ月分無料)
  • 1TB・・・年額13000円(2ヶ月分無料)

「バックアップと同期」や「Drive File Stream」に乗り換えるタイミングはいつ?

すぐに乗り換えるのは待ちましょう。わたくしの経験をお話します。

以前、サブマシンのMacBook Proを外出先でテザリングした際、「Googleドライブアプリ」でデータの同期が始まってしまいました。1週間くらいMacBook Proを使っていなかったので、テザリングのデータ使用量を抑えたかったこともあり「Googleドライブアプリ」を強制終了。

それ以降、「Googleドライブアプリ」の調子が悪くなり、常に同期が終了しない状態になってしまいました。事務所のWi-Fiで同期させているのに、永遠に同期が終わらないという感じだったので「Googleドライブアプリ」は削除。

その後、今年の8月上旬に「バックアップと同期」をインストールしたのですが、「Googleドライブアプリ」と同様に、いつまで経っても同期が終わらないのです。
理由はよく分からないのですが、不具合を引き継いでしまっていたのです。なので「バックアップと同期」も削除しました。

「Googleドライブアプリ」の調子がよい方は、「Googleドライブアプリ」をアンインストールして、「バックアップと同期」や「ドライブ ファイル ストリーム」に乗り換えてもいいと思います。

でもね、「Googleドライブアプリ」が不調の方は、新しくPCを買い替えた時や、クリーンインストール後に、「バックアップと同期」や「Drive File Stream」に乗り換えることをオススメします。

Macユーザーならば、9月下旬に新OS「macOS High Sierra」がリリースされますので、それまで待った方がいいですよ。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
スポンサーリンク