Mac版 ドライブ ファイル ストリーム で不具合が出た際の対処方法

Mac版 ドライブ ファイル ストリーム で不具合が出た際の対処方法を紹介します。

Macを起動した後、「ドライブ ファイル ストリーム」が同期しないといった不具合が出ることがあります。

「ドライブ ファイル ストリーム」が正常に動作しているときは、デスクトップに 「ドライブ ファイル ストリーム」の「アイコン」が表示されます。何らかの不具合が発生すると、このアイコンが表示されず、Macから「ドライブ ファイル ストリーム」経由でGoogleドライブにアクセスできなくなります。

ドライブ ファイル ストリームで不具合が発生すると、デスクトップにアイコンが表示されない

ドライブ ファイル ストリームで不具合が発生すると、デスクトップにアイコンが表示されない

Mac版 ドライブ ファイル ストリーム で不具合が出た際の対処方法として、3つの方法を紹介します。不具合が出たら1つ目から順番に試してください。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

システム環境設定で「開発元 “Google , Inc” のシステムソフトウェアの読み込みがブロックされました。」の右にある「許可」をクリック

システム環境設定で「開発元 “Google , Inc” のシステムソフトウェアの読み込みがブロックされました。」の右にある「許可」をクリックすると、「ドライブ ファイル ストリーム」の不具合が解消されます。

Mac版 ドライブ ファイル ストリーム で不具合が出た際、最初に試してください。

以下の手順になります。

  1. ドライブ ファイル ストリームを立ち上げると、「問題が発生したためドライブ ファイル ストリームが停止されました」と通知される
  2. 「システム拡張機能がブロックされました」と表示されるので、「システム環境設定を開く」をクリック
  3. 「システム拡張設定の「セキュリティとプライバシー」が立ち上がる
  4. 「開発元 “Google , Inc” のシステムソフトウェアの読み込みがブロックされました。」の右にある「許可」をクリック
  5. ドライブ ファイル ストリームにログインできるようになる

1. ドライブ ファイル ストリームを立ち上げると、「問題が発生したためドライブ ファイル ストリームが停止されました」と通知される

ドライブ ファイル ストリームを立ち上げると、「問題が発生したためドライブ ファイル ストリームが停止されました」と通知されます。

ドライブ ファイル ストリーム、「問題が発生したためドライブ ファイル ストリームが停止されました」と通知される

2. 「システム拡張機能がブロックされました」と表示されるので、「システム環境設定を開く」をクリック

「システム拡張機能がブロックされました」と表示されるので、「システム環境設定を開く」をクリックしてください。

ドライブ ファイル ストリーム、「システム拡張機能がブロックされました」と表示されるので、「システム環境設定を開く」をクリック

3. 「システム拡張設定の「セキュリティとプライバシー」が立ち上がる

「システム拡張設定の「セキュリティとプライバシー」が立ち上がります。

4. 「開発元 “Google , Inc” のシステムソフトウェアの読み込みがブロックされました。」の右にある「許可」をクリック

「開発元 “Google , Inc” のシステムソフトウェアの読み込みがブロックされました。」の右にある「許可」をクリックします。

ドライブ ファイル ストリーム、「開発元 “Google , Inc” のシステムソフトウェアの読み込みがブロックされました。」の右にある「許可」をクリック

5. ドライブ ファイル ストリームにログインできるようになる

ドライブ ファイル ストリームにログインできるようになります。

ドライブ ファイル ストリームにログインできるようになる

「ドライブ ファイル ストリーム」の再インストールとファイルの削除

「開発元 “Google , Inc” のシステムソフトウェアの読み込みがブロックされました。」の右にある「許可」をクリックできないことがあります。この場合、「ドライブ ファイル ストリーム」の再インストールとファイルの削除で不具合が解消します。

以下手順です。

  1. 「ドライブ ファイル ストリーム」をアンインストール
  2. Mac内のライブラリにある「ドライブ ファイル ストリーム」のフォルダを削除
  3. 「ドライブ ファイル ストリーム」を再インストール
  4. ドライブ ファイル ストリームにログインできるようになる

1. 「ドライブ ファイル ストリーム」をアンインストール

「ドライブ ファイル ストリーム」をアンインストールします。
「ドライブ ファイル ストリーム」をゴミ箱へ入れて削除すればOKです。

2. Mac内のライブラリにある「ドライブ ファイル ストリーム」のフォルダを削除

Mac内のライブラリにある「ドライブ ファイル ストリーム」のフォルダを削除します。

Option キーを押しながら、Finderメニューの「移動」をクリック

②「ライブラリ」が表示されるのでクリック

Option キーを押しながら、Finderメニューの「移動」をクリックすると、「ライブラリ」が表示される

③ライブラリ→Application Support→google→「Drive FS」を削除

ドライブ ファイル ストリーム、「Drive FS」を削除

3. 「ドライブ ファイル ストリーム」を再インストール

「ドライブ ファイル ストリーム」を再インストールします。

4. ドライブ ファイル ストリームにログインできるようになる

ドライブ ファイル ストリームにログインできるようになります。

セーフモードで立ち上げる

「ドライブ ファイル ストリーム」を再インストールしても、ログインできず不具合が解消されないこともあります。
この場合、セーフモードで立ち上げると、「ドライブ ファイル ストリーム」の不具合が解消されます。

以下の手順になります。

  1. Macをセーフモードで立ち上げる
  2. システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」を立ち上げて、「開発元 “Google , Inc” のシステムソフトウェアの読み込みがブロックされました。」の右にある「許可」をクリック
  3. Macを再起動して、通常モードで立ち上げる
  4. 「ドライブ ファイル ストリーム」がログインできる

1. Macをセーフモードで立ち上げる

Macを再起動して、Macをセーフモードで立ち上げます。
セーフモードで立ち上げるには、Macを再起動したら、Appleのロゴが表示されるまで「Shift」キーを押し続けてください。

2. システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」を立ち上げて、「開発元 “Google , Inc” のシステムソフトウェアの読み込みがブロックされました。」の右にある「許可」をクリック

「開発元 “Google , Inc” のシステムソフトウェアの読み込みがブロックされました。」の右にある「許可」をクリックします。

ドライブ ファイル ストリーム、「開発元 “Google , Inc” のシステムソフトウェアの読み込みがブロックされました。」の右にある「許可」をクリック

3. Macを再起動して、通常モードで立ち上げる

Macを再起動して、通常モードで立ち上げます。

4. 「ドライブ ファイル ストリーム」でログインできる

「ドライブ ファイル ストリーム」でログインできるようになります。

さいごに

以上、Mac版 ドライブ ファイル ストリーム で不具合が出た際の対処方法を紹介しました。

3つの方法を紹介しましたので、不具合が出た際には、順番にお試しください。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

フォローする

スポンサーリンク
この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクダンクル(大)