Snapchat が仕掛ける「AR(拡張現実)」と「Eコマース」の融合!

今年もあと2日ですね。

年末でバタバタしていると思いますので、今日のエントリーは軽い感じで行きます。

最近気になっているSnapchatのニュースを紹介します。

Snapchat、イスラエルの拡張現実スタートアップCimagine Mediaを買収【報道】

報道によると、Snapchat が拡張現実に投資をしたという。イスラエルのスタートアップCimagine Mediaを3000万から4000万ドルの額で買収したといわれている。

4年前に創業したCimagine Mediaは、コンピュータビジョン、リアルタイムの画像処理、モバイル開発、国際マーケティングなどを専門としている。これらすべては明らかに Snapchat と競う分野だ。そして、Snapchatは拡張現実などにも大きく依存している。だが、 Cimagine が交渉に使ったのはコマースへの注力だ。Snapchatが来年のどこかで上場を目指しているのだとすれば、Snapchat上でショッピングを仲介することで、さらなる収益化の機会が開かれるかもしれない。

SnapchatがAR(拡張現実)のスタートアップを買収したということは、EコマースでARを使うという戦略に出た模様。
2017年に上場を目指すSnapchatは、収益化の機会を狙っているのでしょう。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

Snapchatの上場は??

2017年に上場すると言われています。

2016年は買収を倍増させたSnapchat、IPOへ向けて前進中

今年5月、Snapはとてつもない額である18億ドルを資金調達をした。これによって2011年の創業以来、同社が調達した額の合計は25億ドルとなった。そのシリーズFラウンドの前には、bitmojisというパーソナライズされた絵文字を開発するカリフォルニアの企業Bitstripを買収し、数ヶ月後にはbitsmojisを独自のサービスとしてリリースした。

だが、巨大な18億ドルがあってこそ自社の技術的な力を強化する取り組みを倍増することができたことは明らかだ。2016年、Snapは知られているだけでも5つの買収をした。それまでの二倍以上の数だ。

AR(拡張現実)とEコマースでマネタイズする

ARとEコマースはめちゃ相性がいいですよね?

例えば、メガネのJINSでは、「JINS BRAIN」という特設サイト上で、自分の写真と眼鏡を合成して、バーチャルでメガネを試着することが可能です。

こういうの他にも応用できますよね?

例えば、洋服を着せたり、靴を履いたりとかね。ファッション系のEコマースとの相性は抜群です。

Snapchatでは、利用者の大半が10代の若者が占めるし、なんかオシャレ感があるから、AR(拡張現実)とEコマースを融合させたらうまく行きそうな気がします。

Spectacles

Spectaclesとは、Snapchatのカメラグラスです。サングラスの両側にカメラが内蔵されています。

めちゃ可愛い感じのデザイン。Google Glassだとプライバシーについてうるさいことを言われてましたが、こういう可愛い感じだと、あんまり文句が出ないのは面白いですねww

これマジで欲しいです。

SnapchatのカメラグラスSpectaclesはビデオを10秒撮影録画できるカメラ付きメガネ

かなり前から噂されていたSnapchatのカメラグラス(camera glasses, カメラ付きメガネ)は、本当だった。その“Spectacles”と呼ばれるメガネは、同社の初めてのハードウェア製品で、価格は129ドル99セントだ、とWSJが報じている。

サイズは一種類のみだが、色は黒、緑青色、珊瑚色の三色ある。

メガネのつるにあるボタンを押すと、撮影と録画を開始する。Snapchat的に、撮影録画時間は10秒だ。スマートフォンと同期するので、Snapchat上で共有できる。

おもしろいのは、カメラの視野角が115度であることだ。これはスマートフォンやふつうのカメラより広い。ビデオの撮影は循環状だ〔メモリが10秒ぶんしかない〕。ビデオをアプリに表示する方法は、まだよくわからないが、たぶん広い視野角のぶんをトリミングするのだろう。あるいは循環状に次々と表示されるのかもしれない。

プレミアム感満載のSpectacles

Spectaclesを購入するには、「Snapbot」という自動販売機から買う以外の方法はないんですよね。「Snapbot」は同じ場所に設置されるわけではなく、1日単位で、設置場所が移動します。どこに出現するかは、前日にSpectaclesのサイトで「Snapbot」の位置がわかるという仕掛けになっています。

店頭では売ってないというところがミソだよね。なかなか手に入らないので、プレミアム感満載です。

とはいえ、米Amazonでは247.99ドル出せば買えるみたいだけど・・

Spectacles

まとめ

2017年は、EコマースにAR(拡張現実)が組み込まれていくことになるだろうね。

Snapchatの可愛さって、LINEに通じるものがあるから、LINEでも同じようなこと始めるかもしれません。

2016年はVR元年になると言われていましたが、ARが一気に進んでいきそうです。 鍵となるのはスマートコンタクトレンズ。 ...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
スポンサーリンク