iOS9.3.4 へアップデートしたら不具合が出たあなたへ!

前回のアップデートから約2週間で、iOS9.3.4のアップデートが登場しました。

9月にはiOS10がリリースされる予定なので、iOS9では最後のアップデートとなる模様です。

iOS9.3.4

iOS9.3.4のアップデートの詳細は下記のリンクに詳しく載ってます。

About the security content of iOS 9.3.4

具体的に何が変わったのかと言うと、

「アプリケーションがカーネルの権限で任意のコードを実行できる可能性の問題の修正」、「メモリ処理を改善することによるメモリ破損の問題の修正」が行われました。

全ユーザーへ推奨しているアップデートなので、必ずやりましょう。

iOS9.3.4のMVNOでの動作確認

MVNOを利用している方は、iOSのアップデートによる動作状況が気になりますよね。

IIJmio

いつも速攻で動作検証してくれます。特に問題なさそうです。

DMM mobile

IIJmioが大丈夫ということは、同じMVNEのDMM mobileの動作も問題なさそうです。

格安SIMの通信品質は MVNE で決まる!
格安SIMを提供するMVNOによって、回線の太さや応答速度が違うのをご存じですか? 同じdocomo系なら同じじゃないの?と思うかもし...

mineo

mineoもiOS9.3.4の動作検証をTwitterにアップしています。

iOS9.3.4 の不具合に対処する

iOS9.3.4へアップデートしたら、不具合が出て、動作が重くなった方もいると思います。

動作が重くなったら一番最初に確認することは、内部ストレージの残量です。10%を切るとものすごく遅くなります。16GBのiPhoneを使っている方は、実際に使える容量は14GBしかありませんので、動きが重くなってきたら、真っ先に内部ストレージの残量をチェックして下さい。

機種別に見ると、最新のCPUを搭載している iPhone 6s やiPhone SEなら重くなることはありません。iPhone 6 だと若干重くなるかな。で、iPhone5s よりも古い機種を使っていると、アップデートで不具合が出て重くなるということはよく聞きます。

iPhoneをサクサク快適に動かす方法を書きますので、参考にしてくださいね。

クリーンインストール

iOSの動きが重くなったらクリーンインストールをするのが一番効果が高いです。

iCloudかiTunesでバックアップを取って復元するだけです。PCを持っているなら迷わずiTunesでバックアップをとりましょう。復元の時間がiCloudと比べて圧倒的に速いです。

iOS9.2をクリーンインストール!サクサク動きます
iOS8→iOS9へのアップデートは上書きインストールだったこともあって、少し動作がもっさりしていました。 iOSの設定をチューニング...

iTunesとiCloudのバックアップの違い

iTunesでバックアップを取ると、iPhoneの中身を全部バックアップするので、復元した時にサードパーティーのアプリや設定も、全部残ったまま復元されます。

iCloudでバックアップを取ると、サードパーティーのアプリは、復元後にApp Storeから再ダウンロードするので、元の状態に戻るまでに数時間かかります。アプリのIDとパスワードも入れなきゃならないです。

「Siriの検索候補」をオフ

Siriの検索は全く使えないので、迷わずオフにします。
これだけでめちゃiPhoneがサクサク動くようになります。

Spotlight検索

  1. 「設定」→「一般」→「Spotlight検索」を開く
  2. 「Siriの検索候補」をオフに

「視差効果を減らす」をオン

デフォルトのオフの状態では、ホーム画面のビジュアルに奥行きがでます。余計なグラフィックスのメモリを使うことになるので、キビキビ動かすのなら、オンにしましょう。見た目もほとんど変わりません。

iOS では、視差 (パララックス) 効果を利用して、デバイスのホーム画面とその他の領域に奥行き感を演出しています。

視差効果を減らす

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティー」を開く
  2. 「視差効果を減らす」をオンに

Appのバックグラウンド更新をオフ

バックグラウンドで更新するアプリはない方は、オフでも構いません。

でも、バックグラウンドで更新が必要なアプリがある方は、Appのバックグラウンド更新を個別に設定することをオススメします。よく使うアプリを個別にオンにしておけばいいのです。それ以外はオフに。

Appのバックグラウンド更新をオフ

iOSのアップデート状況

iOSのセキュリティが高いと言われる理由の1つに、新しいOSが出ると、みんな一斉にアップデートするということがあります。

2016年7月18日のデータによると、iOS9のユーザーは86%、iOS8が11%、それ以外3%となっています。ほとんどユーザーがiOS9を使っているということになりますね。

iOSのアップデート状況

Androidのアップデート状況

iOSと較べると、ユーザーが使っているバージョンはバラバラです。

シェア1位がAndroid 5.0 Lolipopで35.5%、次にAndroid 4.4 Kitkatで29.2%。

今だにAndroid 4 Jelly Beanが16.7%あるのが驚きです。Jelly Bean使ってる人は、セキュリティ的にかなりヤバイと思う。

Android 6.0 Marshmallowが15.2%とだいぶシェアが上がってきましたね。わたくしもNexus 5XでAndroid 6.0 Marshmallowを使っていますが、ぶっちゃけ使い勝手はiOS9と遜色ないレベルにまで上がっています。

Androidのアップデート状況

個人的には、Nexusシリーズから、5.2インチ程のサイズで、もっと高スペックな端末出して欲しいです。

Android Oneなんて、ベースはau向けのAQUOS UをGoogle向けにカスタマイズしただけで、スペック的にも全然魅力的じゃないないのに、何で売れてるのかイミフ。

Android One が登場するけど、Nexusシリーズと何が違うの?
日本初の Android One が発表されました。 意外にスペックが高くてびっくりですね。なんで何でワイモバイルなのという疑問は残り...
Android 7.0 Nougat が登場!まずはNexusシリーズからアップデートが始まる
Googleは8月22日(米国時間)に、Android 7.0 Nougat をリリースしました。 グーグル、「Android...

今後のiOS

おそらく今回のiOS9.3.4が最後のアップデートになるはずです。

次回のアップデートは9月に行われるiOS10ということになります。

iOSの魅力は、インタラクションが非常に高いところ。例えば、操作や入力とそれに対する反応や出力、コンテンツの呼び出しやすさなどはAndroidとは比べ物にならないほど高いです。このあたりはAppleが特許を抑えてるから、Androidでは実現できないんだけどね。

でも、最近Nexus 5Xを使ってて感じることは、「Android 6.0 Marshmallow」+「Google音声検索」+「Now on Tap」の組み合わせに、iOSは太刀打ち出来ていないということ。

WWDC2016でiOS10の発表があったけど、iOS10に関して全然ワクワクしなかったもんね。

そろそろ新しいイノベーションがないと、Appleユーザーは離れていってしまいそうです。

ワクワク感はなくなったけど、WWDC2016をまとめてみた
WWDCが始まりました。基調講演のライブストリーミングは見ましたか? スティーブ・ジョブズの頃のようなワクワク感はなくなったと感じたの...
iOS 10 のサポート機種をまとめてみた!
WWDC2016で、秋に登場するiOS10の動作対象機種が発表されました。 iOS10は、新しく登場するiPhone7に元々入っていま...

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!