iOS9.2をクリーンインストール!サクサク動きます

iOS8→iOS9へのアップデートは上書きインストールだったこともあって、少し動作がもっさりしていました。

iOSの設定をチューニングすることによって、そこそこ快適に使っておりましたが、時間ができたので、iOS9.2のクリーンインストールをおこないました。

iOS9の動作を軽くする!
本日iOS9.0.1のマイナーアップデートがリリースされました。 いくつかのバグが解消されたようなので、iOS9へアップデートした方は...

少し面倒くさいのは、2段階認証のアプリである「Google Authenticator」。Wordpress、Googleアカウント、Dropbox、Evernote、Microsoftなどで使っているので、きちんと移行しないとログインできなくなってしまいます。

iOSのクリーンインストールの手順

iCloudかiTunesでバックアップを取って復元するだけなので、難しいことは一切ありませんのでご安心ください。

iOSを最新の状態へアップデート

iOS8の方も、iOS9.1の方も、まずはiOS9.2へ上書きアップデートをします。

2段階認証を解除

これがきちんと設定できないと、様々なサービスにログインできなくなります。

バックアップ前に2段階認証をオフにして、復元したら、再度オンにするだけです。

Google Authenticator

「Google Authenticator」で設定しているのは下記です。それぞれのサービスに行って、2段階認証をオフにします

Apple ID

2段階認証の設定はそのままで大丈夫です。

わたくしは、iPhone6以外に、iPad AirとガラケーのSMSも選択できるようになっています。

Facebook

Facebookの2段階認証は、2通りの方法があります。

  • Google Authenticator
  • コードジェネレーター

わたくしはコードジェネレーターを使っているので、これをオフにします。

セキュリティ設定→ログイン認証をオフに

iPhoneのバックアップを取る

2通りの方法があります。それぞれメリットとデメリットがあるのです。

  • iCloudでバックアップ
  • iTunesでバックアップ

iCloudでバックアップ

iCloudでバックアップ

iPhoneの中に、写真がたくさんある方は、iCloudのストレージが無料の5GBだとバックアップが取れないこともあります。

そういうときは、iCloudのストレージを1ヶ月だけ購入するという手もあります。50GBで月130円ですからね。お金は払いたくない方は、写真を削除すればOK。PCのiTunesでバックアップを取ってもOK。

PCを持ってない方は写真を削除して減らすか、iCloud Driveの容量を追加で購入するのどちらかしかないです。

Wi-Fiに繋がっていれば自動でバックアップを取ってくれるのはめっちゃ便利です。バックアップは自動化されないと結局やらなくなってしまうので意味が無いですからね。

デメリットは、無料で使える容量は5GBまでなので、iPhone本体に写真やビデオをたくさん入っている方は追加容量を購入する必要があります。

また復元後、画面にアプリは表示されますが、自動でアプリを再ダウンロードするため、使えるようになるまでに時間がかかります。

iTunesでバックアップ

iTunesでバックアップ

PCにバックアップを取るので、iCloudでバックアップを取る時のように容量を気にすることはありません。

メリットは、アプリも一緒にバックアップをとるので、復元するとアプリはすぐに使える状態です。

デメリットは、PCを持ってないとiTunesでバックアップは取れないです。

LINEのトークを引き継ぎたい

iCloudでバックアップを取って復元すれば、トークは引き継げます。わたくしは今までこの方法で引き継いできました。が、ケースバイケースでうまく引き継げないこともあるようです。
iCloudのバックアップはWi-Fiを経由するので、データが破損してしまうこともあるらしい。

PCをお持ちの方は、iTunesのバックアップを合わせて取ることをオススメします。その際「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れてくださいね。iTunesでバックアップを取るときはチェックを入れないと、LINEのトークは引き継げないので気をつけてください。

iPhoneをリセット

バックアップを取ったら次はiPhoneをリセットします。

設定 → 一般 → リセット → すべてのコンテンツと設定を消去

iPhoneを復元

iCloudかiTunesのバックアップから復元します。

iCloud または iTunes を使ってデバイスをバックアップする方法

iCloudバックアップからの復元

復元まで30分。

その後iPhoneにインストールしていたアプリを再ダウンロードするので、結構時間がかかります。アプリのインストールが完了するまでに更に2時間位かかりました。iOS8ではアプリのパスワードは入れ直しだったのですが、iOS9ではパスワードの再入力はありませんでした。

iTunesバックアップからの復元

iPhoneにインストールしていたアプリも復元されるので、iCloudバックアップと比較すると使えるようになるまでの時間は早いです。

2段階認証を再開

復元前にオフにしたものを、再開します。

Google Authenticator

それぞれのサービスに行って、2段階認証をオンにします。

Apple ID

復元前のiPhone6と、復元後のiPhone6は同じ端末でも違うものとして認識されるので、再登録をします。

Apple アカウントの管理

Facebook

セキュリティ設定 → ログイン認証をオンに

Facebookの「2段階認証」設定&解除方法。iPhoneアプリからできます。今すぐやろう。

iOSをクリーンインストールすると

めっちゃ快適です。iPhone6もサクサク動きます。iPhone5sやiPhone5cの方はマジでオススメ。

上書きインストールの方はぜひお試しください。

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!