まだ間に合う!Windows10へのアップグレード

Windows10へのアップグレードをためらっていた皆さま、Windows10へ勝手にアップグレードして困っていた皆さま。

いよいよ明日で無償アップグレード期間が終了します。勝手にWindows10にアップグレードすることはなくなりますので安心してください。

でも無償期間の内にWindows10へアップグレードしておかないと、今後有料になってしまいますから、アップグレードしないというのはもったいないと言えばもったいないですよね?

Windows10 無償キャンペーン

今日はWindows10へアップグレードしようかどうか迷っている方の背中を押すエントリーです。意外にWindows10って快適に使えますよ。無償でアップグレードできるのは明日29日までです。

無償期間の内にWindows10へアップグレードしておけば、Windows10のライセンスがゲットできるので、夏休みにWindows10のクリーンインストールを行って、さらに快適に使うという選択肢も増えますからね。

Windows7で快適に使えてるからWindows10には全く興味が無いという方はスルーして下さい。

【朗報】Windows10への無償アップグレードは、日本時間の7月30日18時59分まで可能!
Windows10への無償アップグレードは、7月29日までとアナウンスされていますが、実は日本時間の7月30日18時59分までってご存知でし...

2016年7月30日追記 Windows10の公式サイトから入手して下さい。「Windows10を入手する

Windows10へアップグレードするべき人

次の条件の人ならWindows10へアップグレードしても快適に使えます。

  • CPUがCore i5 以上のスペックの人
  • メモリは最低4GB以上
  • SSDを積んでいるなら、CPUのスペックはCeleronでも大丈夫。メモリは最低4GB必要です。

PCスペックがクリアしているのなら、次に当てはまる人は、Windows10へアップグレードしてもいいと思いますよ。

  • 最新のOSを試してみたい人
  • プリンタなどの周辺機器がWindows10に対応している人
  • 今はアップグレードする気がないが、1年後にアップグレードするかもしれないという人

無料アップグレード期間中にWindows10へアップグレードを行った場合、もし気に入らなかった場合は元に戻すことができます。31日以内なら、ボタン一つで簡単にWindows7に戻せるので、とりあえずアップグレードしてみるという選択もありだと思います。

Windows 10にアップグレードしたパソコンをWindows 7に戻す方法

もし「Windows10使い勝手すごくいいね」ということになった場合には、クリーンインストールをすれば、さらに快適に使えることは間違いないですからね。

Windows10 へアップグレードするメリット

  • セキュリティが強固
  • ショートカットキーが爆速

↓Windows10はショートカットキーを使いこなすとめちゃ便利です。

いまだに使いにくいというオッサンのためのWindows10の講座

Windows10 へアップデートするデメリット

Windows10は、デフォルトでDVDが再生できません。なのでWindows Update経由で「Windows DVD プレーヤー」を入手して下さい。無料です。

クリーンインストールした場合、「Windows DVD プレーヤー」は1500円かかってしまいます。その場合、VLCメディアプレイヤーを使いましょう。無料でダウンロードできますからね。

Windows10へアップグレードしない方が幸せな人

CeleronやPentiumなどの4年以上前の低スペックCPUを搭載しているPCはやめておいた方が無難です。Windows7やWindows8.1を使い続けたほうがいいですよ。

Windows7は2020年までサポートしてくれるし、Windows8.1も2023年までサポートしますからね。その頃にはどうせPC買い替えるでしょ?

せっかく上手く動いている古いPCを、Windows10へアップグレードすると、不具合が出ることはあっても、動作がサクサクになるなってことは絶対にありませんからね。ネットやメールをするだけでも、もたつくようになります。

Windows 10のシステム要件

Microsoftのサイトを見ると次のようになっています。

あくまで最低限のスペックなので、Windows10へアップグレードして快適に使えるスペックとなると、最低でもCore i5 以上と認識しておきましょう。

  • CPU:1GHz以上
  • メモリ容量:32bit版では1GB、64bit版では2GB
  • ストレージ空き容量:32bit版では16GB、64bit版では20GB
  • GPU:DirectX 9以上(WDDM 1.0ドライバ)
  • ディスプレイ解像度:800×600ピクセル以上

SSDを搭載していれば低スペックでも快適に使える

最低でもCore i5 以上でないと、Windows10を快適に使えないと言いましたが、1つだけ例外があります。

CeleronやPentiumなどの低スペックCPUでも、SSDを搭載しているPCなら、結構快適に使えます。

わたくしも2011年に発売された eMachinesのE732Z-A 12B という低スペックPCを持っていますが、SSDに交換したところ、めちゃ快適に使えています。わたくしの機種は、CPUもCore i5に換算してるからあまり参考にならないかもしれませんが・・

E732Z-A 12B CPU交換 & SSDも! 5年落ちのPCが復活
5年落ちのPCをお客さんから貰いました。 2011年発売のeMachinesのE732Z-A 12B という機種。 電源を入れて...

Windows10へアップグレードする手順

手順を紹介します。

  1. ファイルのバックアップ
  2. OSをまるごとバックアップ
  3. Windows7の更新は全て完了しておく。Windows8.1も同様。
  4. Windows10を入手する

1. ファイルのバックアップ

ドキュメント、写真、音楽などのファイルを外付けハードディスクにバックアップを取ります。

GoogleドライブやDropboxなどのオンラインストレージを使っているなら、バックアップは不要です。

2. OSをまるごとバックアップ

仕事でWindowsを使っているなら、OSをまるごとバックアップを取ることをオススメします。
Windows10へのアップグレードに失敗したり、アップグレードしたけれど、遅くなって使いものにならない場合に備えましょう。失敗しても復元知れば、Windows7やWindows8.1へ戻すことが可能です。

わたくしは以前購入したAcronicというバックアップ・復元ソフトを使いました。

持ってない方は無料のバックアップソフトも出ています。

EaseUS Todo Backup Free

Ease us Todo Backupの使い方

3. Windows7、Windows8.1の更新は全て完了しておく

更新ファイルが残っていると、Windows10のダウンロードに不具合が出てしまい、いつまでたっても「更新プログラムをチェックしています」から進みません。↓

更新プログラムをチェックしています

具体的には、KB3168965、KB3138612などの特定の更新ファイルが更新されていないと、Windows10のダウンロードが完了しないようです。→このへんがWindowsのアップデートでイライラするところなんですよね・・

Windows Updateに時間がかかる問題の解消方法2016年7月版

Windows Updateが「更新プログラムを確認しています」から進まない

Windows updateから、Windows10以外の更新ファイルをすべて更新してください。

4. Windows10を入手する

更新ファイルをすべてアップデートしたら、ようやくWindows10をダウンロードして入手します。

Windows7、Windows8.1からWindows10を入手できます。

注意しなければならないのは、Windows8を使っている人。Windows8 → Windows8.1 へアップグレードしないと、Windows10へアップグレードすることはできませんのでご注意くださいね。

以下のどちらかの方法でアップグレードします。

わたくしは、「画面右下のWindowsアイコン」から進んだところ、途中で止まってしまったので、「Windows10を入手する」より進みました。

2016年7月30日追記 Windows10の公式サイトから入手して下さい。「Windows10を入手する

以下そのやり方を書きます。

1. 「今すぐアップグレード」をクリック

Windows10を入手する

2. 「次のプログラムにこのコンピュータへの変更を許可しますか?」と表示されるので、「はい」をクリック

「はい」をクリック

3. ライセンス条項が出てくるので「承諾」をクリック

Windows10へアップグレード

4. デバイスの互換性のチェックが始まる

デバイスの互換性のチェック

5. 「このPCはWindows10と互換性があります」と表示されたら、「次へ」をクリック

このPCはWindows10と互換性があります

6. Windows10のダウンロードが始まる

Windows10をダウンロードしています

7. ダウンロードを検証

ダウンロードを検証しています

8. Windows10のインストールが始まる

Windows10をインストールしています

9. Windows10のインストールが完了

 Windows10のインストールが完了

まとめ

Windows10へアップグレードしておけば、Windows7やWindows8.1に戻すことはクリック1つで可能です。

7/29までが無償アップデートなので、この機会に是非どうぞ。

今回は上書きアップデートのやり方なので、時間が取れたらクリーンインストールのエントリーを書きますね。

【朗報】Windows10への無償アップグレードは、日本時間の7月30日18時59分まで可能!
Windows10への無償アップグレードは、7月29日までとアナウンスされていますが、実は日本時間の7月30日18時59分までってご存知でし...

2016年7月30日追記 Windows10の公式サイトから入手して下さい。「Windows10を入手する

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!