Windows 10 Anniversary Update にアップグレードしてみた!

Microsoft自身がアナウンスしていたとおり、8月2日から Windows 10 Anniversary Update が始まっています。

Windows10へのアップグレードが済んでるならば、Windows updateを通じて、自動で更新プログラムが降りてくることになっています。ところが、7/29に駆け込みでWindows10へアップグレードしたPCには、Windows 10 Anniversary Update が配信されるまでに1ヶ月程度かかるようです。ってか遅すぎでしょ・・

マイクロソフト側でアップデートするサーバへの負荷が集中しないように、アップグレードはユーザを段階的に振り分けて、提供している模様です。

今すぐ Windows 10 Anniversary Update にアップグレードする手順

Windows update をひたすら待つというのはストレスが溜まるので、今すぐに Windows 10 Anniversary Update を手に入れる方法を紹介します。

PCのスペックにもよりますが、Windows 10 Anniversary Update が完了するまで、およそ2時間くらいかかります。手順は次のようになります。

  1. 「Windows10のダウンロード」ページへアクセス
  2. 「今すぐアップデート」をクリックする
  3. 「Windows10Upgrade9252」がダウンロードされるので、ファイルを実行

1.「Windows10のダウンロード」ページへアクセス

Windows10のダウンロード」ページヘアクセスします。

2.「今すぐアップデート」をクリックする

Windows10のダウンロード

3.「Windows10Upgrade9252」がダウンロードされるので、ファイルを実行

1つずつ手順を書きます。

1「Windows10Upgrade9252」をダブルクリック

Windows10Upgrade9252

2 Windows10の最新バージョンへの更新

「今すぐ更新」をクリックします。

Windows10の最新バージョンへの更新

3 デバイスの互換性をチェックしています

デバイスの互換性をチェック

4 Windows10の更新プログラムをダウンロード

Windows10の更新プログラムをダウンロード

5 ダウンロードを検証

ダウンロードを検証

6 Windows10を更新

Windows10を更新

7 再起動する

以下の画面が表示されるので、「今すぐ再起動」をクリック。

今すぐ再起動

8 Windows10へ更新完了

今の画面が出てくるので、「終了」をクリック。

Windows10へ更新完了

お疲れ様でした。

Windows 10 Anniversary Update が適用されたかどうか確認する

確認するには次の方法で行います。

  1. スタートメニューから設定をクリックして、システムへ
  2. 左サイドメニューを一番下までスクロールして「バージョン情報」をクリック
  3. バージョンが1607となっていれば、Windows 10 Anniversary Update が適用済

Windowsの設定

Windows 10 Anniversary Update

「Windows 10 Anniversary Update」の新機能は?

AppleやGoogleと較べると、2世代くらい遅れてる感じですが、色々と新機能を出してきました。

  • 新しいユーザーインターフェース
  • Edgeで拡張機能のサポート
  • Windows Hello
  • パーソナル音声アシスタントCortanaの強化
  • IMEの性能向上や予測入力サポート
  • Windows Inkの機能も強化

新しいユーザーインターフェース

Windows 10 Anniversary Update

Windows10と比べて大きく変わりました。

電源や設定のボタンは左側にアイコンで表示されます。こんなのショートカットキーでいいと思うけどね。

  • Win+X、U、Uでシャットダウン
  • Win+X、U、Rで再起動

右側に、アプリケーションが縦で一覧に並びます。これは正直使いにくいかな・・

さらに右側に「予定と近況」「ゲームとエンターテイメント」が並んでいます。ここによく使うアプリケーションとか並べられるけど、Windows特有の直感的に配置できないので使い勝手はイマイチ。

Edgeで拡張機能のサポート

Chromeを使っている人にとっては、正直どうでもいい機能です。ただし、Windows 10 Anniversary Update を適用するとEdgeが爆速になるから、Edgeを使っている人にとっては便利だね。

Windows Hello

PCに指紋リーダーや対応のカメラがある場合、Windows Helloに指紋や顔や眼球を使って認証できるため、「スワイプ」or「ひとめ見るだけ」で簡単にログインできるようになります。

  • [スタート]ボタン → [設定] → [アカウント] → [サインイン オプション] で、Windows Hello の設定が可能です。

PCが対応していないと、「このデバイスではWindows Helloをご利用いただけません」と表示されます。わたくしのPCは対応していませんでした。ぶっちゃけ、この機能いるのって感じしますけどね。

ChromebookとAndroidで実装しているSmart Lockのように、Android端末で認証する方が、様々なPCで使えるので実用的です。だって、指紋認証が付いてるPCの方が少ないでしょ?

ChromebookでSmart Lockを設定する!Google Appsは追加設定が必要
Chromebook Flip で「Androidアプリ」が使えるようになりましたが、想像以上に使い勝手が良いので大満足です。 今まで...

パーソナル音声アシスタントCortanaの強化

デフォルトの設定だと、「OK Google」のように、音声だけで立ち上がらないので使い勝手イマイチ。

「コルタナさん」と言ったらCortanaが立ち上がるように設定するには、

  1. コルタナを立ち上げた状態で左下の設定をクリック
  2. 「コルタナさん」と言ったらCortanaが応答する。のスイッチをオンにする

コルタナさん

IMEの性能向上や予測入力サポート

普段、Google日本語入力を使ってると、あまり恩恵が無いですね。

Windows Inkの機能も強化

Windows Inkは、ペンや手書き入力をサポートする機能です。Surfaceペンのようなデジタルペンを使っている人向けです。

付箋・スケッチパッド・画面スケッチに手書き入力することが可能です。

Windows 10 Anniversary Update のメリット

  • Edgeが爆速になる
  • 仮想デスクトップが使える

Windows 10 Anniversary Update の不具合は?

  • OSの設定が全てリセットされる
  • 「回復パーティーション」が勝手にシステムドライブ内に作られる
  • 高速スタートアップをオフにしているPCでも、強制的にONに戻される
  • フォントなどのカスタマイズした設定が、全てリセットされてる
  • 署名無しドライバは削除され(再インストールは可能)

ユーザーに厳しいMicrosoft

仕事で使っているマシンは、Windows 10 Anniversary Update にアップグレードすることはオススメしません。

だって、OSの設定が全てリセットされるというのは最悪ですから。Microsoftのアップデートってこういうところがクソなんですよね。全然ユーザーの使い勝手のこととか考えないですから。

Windows10のアップグレードの際も、ユーザーが自分で選択してアップグレードするのではなく強制的だったでしょ?こういうところがMicrosoftがイノベーター、アーリーアダプタに嫌われるところなんだよね。

対照的に、Appleはユーザーの使い勝手の部分に関しては、ユーザー想いです。アップデートしたら設定がリセットされてたというようなことはないですね。

Windows 10 Anniversary Update へアップグレードするのは、人柱覚悟ということになります。まだまだ不具合も出るはずなので・・

Windows10を複数台持ってるなら、1台にアップグレードするというのはありですね。

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!