夏休みには「青春18きっぷ」で旅に出よう!よさこい祭りも2370円で行ける!

7月20日から夏季の「青春18きっぷ」が使えるようになります。

「青春18きっぷ」は春・夏・冬と年3回発売されますが、夏が一番使い勝手がいいです。夏季の利用期間は7月20日から9月10日と最も長いですからね。

1日わずか2370円で、鈍行列車乗り放題ってお得じゃないですか?

特に夏季の期間の電車の旅は、冬のように寒くないのでオススメ。夏は暑いといっても、電車内は冷房が効いてて快適ですからね。青春となっていますが、学生に限らず大人も使えるのでご安心下さい。

わたくしも「青春18きっぷ」をよく利用しますが、利用している人を見ると、老若男女いろんな人が使っています。

「青春18きっぷ」の魅力

安いというのが最大の魅力です。時間はあるけど金はないという学生にはマジでオススメ。

料金はなんと5日間利用できて11850円です。1日あたり2370円です。

青春18きっぷ

駅の改札で判子を押してもらえば、そこから1日間は鈍行列車乗り放題です。自動改札は使えないので、有人改札口を利用します。1日のカウント方法は、0時から24時までとなります。なので、早朝の電車に乗って23:59まで乗り継ぐ場合、2370円で東京から山口県まで行けますからね。

  • 東京ー門司 4:42発に乗れば、23:57分に門司(山口県)に到着します。

使い方も自由度が高い

「青春18きっぷ」は5日間連続して使う必要はないので、有効期間内ならば、好きな日に5回使うことが可能です。

使い方も自由度が高くて、一人で使ってもいいし、友人と一緒に使っても大丈夫です。例えば、一人で5日間の旅をすることもできるし、五人で1日間の旅をするのもOKなので、臨機応変に使えますよ。

乗り降り自由

乗り降り自由なので、途中下車も可能です。自由気ままに旅したいという人にもオススメ。

乗車できる列車

JRの鈍行列車というのが基本ですが、特例があって特急列車の普通車自由席第三セクター鉄道に乗れる区間もあります。ただし、第三セクター鉄道の特例は、途中下車はできないなど条件が厳しいので、乗車するなら事前に調べたほうがいいかも。

JRの普通列車

  • JR線の普通列車・快速列車の普通自由席(グリーン券を買えばクリーン車に乗れます)
  • JR西日本宮島フェリーの宮島航路
  • JT代用バス(BRT路線含む)

特急列車に乗れる特例区間

  • 石勝線 新夕張〜新得間
  • 宮崎空港線 宮崎〜宮崎空港間
  • 奥羽本線 新青森〜青森間
  • 占冠〜トマム間 特急「スーパーとかち」or「スーパーおおぞら」の普通車自由席

第三セクター鉄道に乗れる特例区間

第三セクター鉄道は、基本的に乗車できませんが、以下の区間は特例で乗車が可能です。

  • 道南いさりび鉄道線
    「青春18きっぷ 北海道新幹線オプション券」を購入して、木古内駅~五稜郭駅間を途中下車しない場合
  • 青い森鉄道線
    青森〜八戸間、青森〜野辺地間、八戸〜野辺地間を利用可能だが、途中下車は不可。
  • あいの風とやま鉄道線
    高岡〜富山間を利用可能だが、途中下車は不可。
  • IRいしかわ鉄道線
    金沢〜津幡間を利用だが、途中下車は不可。

青春18きっぷ北海道新幹線オプション券

新幹線を青春18きっぷで利用することはできませんが、北海道新幹線のみ例外があります。

青春18きっぷ北海道新幹線オプション券を2300円で購入すれば、片道1回の「奥津軽いまべつ駅 – 木古内駅」の利用が可能。

ムーンライトの夜行列車

青春18きっぷは、ムーンライトという夜行列車の利用も可能です。

青春18きっぷの利用開始時間は、午前0時からなので、長距離を移動するなら、ムーンライトを利用すると効果的です。

ただし、座席指定券が520円別途かかります。あと指定券を事前購入する必要がありますので、みどりの窓口かJR東日本「えきねっと」で購入してから乗車して下さい。

車内灯はずっと付いてるから、あまり眠れないかも・・寝たい方はアイマスクがマストアイテムです。

ムーンライトながら

東京〜大垣を結ぶ夜行快速列車で、 夏の期間に1日1往復の運転があります。

東京駅から乗車する場合、0時までの乗車区間である小田原駅までの乗車券1490円が必要です。

わたくしは藤沢に住んでいるので、藤沢23:41〜大磯00:00までの乗車券320円を購入して、小田原まで東海道線に乗って、小田原からムーンライトながらに乗り換えるという方法をとっています。

東京発大垣行

  • 東京発は、7/22〜8/20に運行します。
  • 東京23:10 → 名古屋5:22 → 大垣5:51

大垣発東京行

  • 大垣発は、7/23〜8/21に運行します。
  • 大垣22:49 → 名古屋23:20 → 東京5:05

ムーンライト信州

新宿〜白馬を結ぶ夜行快速列車です。新宿発のみ。

  • 新宿発の運行日は、7/15、7/16、7/22、7/23、7/29、7/30、8/1、8/2、8/3、8/4、8/5、8/6、8/10、8/12、8/13、8/19、8/20、8/26、9/2、9/9
  • 新宿23:54 → 立川0:29 → 八王子0:40 → 大月1:27 → 塩山2:00 → 甲府2:23 → 小淵沢3:10 → 富士見3:25 → 茅野3:42 → 上諏訪3:50 → 下諏訪3:55 → 岡谷4:01 → 塩尻4:21 → 松本4:35 → 豊科4:48 → 穂高4:54 → 信濃大町5:11着 → 神城5:34 → 白馬5:40

「青春18きっぷ」の旅の日程を立てるには

旅行プランを立てるときには、1冊時刻表があると便利です。

遠方へ行くなら、乗り継ぎの時間が一目瞭然で分かるので、ポケット時刻表などを購入することをおすすめします。

ネットで見たいという方は、ジョルダン乗換案内で「青春18きっぷ」検索が可能です。でも使い勝手は、時刻表にはかなわないです。出先でさくっと調べるだけなら便利だけどね。

発売期間と利用期間

「青春18きっぷ」の利用期間は、夏季が一番長く53日間使えます。

春季

  • 発売期間:2月20日 – 3月31日(41日間)
  • 利用期間:3月1日 – 4月10日

夏季

  • 発売期間:7月1日 – 8月31日(53日間)
  • 利用期間:7月20日 – 9月10日

冬季

  • 発売期間:12月1日 – 12月31日(32日間)
  • 利用期間:12月10日 – 1月10日

5日間も使わない場合は?

みどりの窓口で購入する時の最大のネックは5枚綴という点です。5日間も使わないよという人も多いはず。

金券ショップ・ヤフオクで購入

1日だけ、2日だけ使いたいということなら、金券ショップなら、使い残しの「青春18きっぷ」が売ってます。1日分は2370円以上して割高ですが・・

8月後半に利用するなら、この手の使い残しの「青春18きっぷ」は金券ショップ・ヤフオクに大量に出回っています。ただし、7月〜8月上旬にかけて1〜2回利用する場合、売ってないこともあります。

みどりの窓口で購入

7月〜8月上旬にかけて1日〜2日の「青春18きっぷ」を使うなら、みどりの窓口で5枚綴を購入してもいいです。

で、余ったら、金券ショップ・ヤフオクで売却しましょう。金券ショップだと安く買い叩かれるけど、ヤフオクなら1日分が2370円以上で売れますからお得です。

赤い青春18きっぷ

「赤い青春18きっぷ」とは、鉄道ファンの間では、ナマ券・赤券と呼ばれています。ファン向けのきっぷですね。

JR西日本・JR四国の一部駅で発売されています。

常備券(予め工場で印刷された乗車券・特急券類のこと)なので、裏に磁気が入ってない切符になります。

「赤い青春18きっぷ」をなぜ発売するかというと、みどりの窓口がない駅だと指定券を発券する機械がないので、常備券である「赤い青春18きっぷ」を配布しているのです。

JR四国に聞いたところ、鉄道ファン向けという理由もあるようです。だって高松駅でも売ってるからね。

赤い地紋の青春18きっぷ

「赤い青春18きっぷ」が購入できる駅

JR四国管内で、「赤い青春18きっぷ」が配布された駅の一覧です。

7月1日に行けば確実に購入できたと思いますが、今の時点で各駅にどの程度残っているかは分かりません。買いに行く場合、事前に駅に確認した方がいいです。買いに行ったけどなかったというクレームはなしでお願いします。

  • 高松駅
  • 端岡駅
  • 高瀬駅
  • 伊予市駅
  • 引田駅
  • 板野駅
  • 勝瑞駅
  • 佐古駅
  • 石井駅
  • 鴨島駅
  • 南小増島駅
  • 羽ノ浦駅
  • 牟岐駅(むぎえき)
  • 旭駅
  • 伊野駅
  • 佐川駅

「青春18きっぷ」で、夏休みにお祭りへ

「青春18きっぷ」を使えば、1日で「よさこい祭り」や「ねぶた祭」へ行くことも可能です。

あとは、広島の平和記念公園なら半日でいけます。

その他どんなところへ行けるかは、ジョルダンの「青春18きっぷ」検索で調べると楽しいです。

「青春18きっぷ」で、よさこい祭りへ

1日でいくなら、ムーンライトながらを使いましょう。でも結構しんどいと思います。
少し時間のある方は、大阪や京都で1泊すれば快適に行けますよ。

  • 東京ー高知 23:10発に乗れば、19:03分に高知に到着します。所要時間は19時間53分。

青春18きっぷ よさこい祭り

「青春18きっぷ」で、ねぶた祭りへ

こちらも丸1日コースです。
時間に余裕があれば、どこかで1泊してもいいですよね。

  • 東京ー青森 4:45発に乗れば、22:49分に青森に到着します。所要時間は18時間04分。

青春18きっぷ ねぶた祭り

「青春18きっぷ」で、広島平和記念公園へ

  • 東京ー広島 23:10発に乗れば、13:43分に広島に到着します。所要時間は14時間33分。

青春18きっぷ 広島平和記念公園

「青春18きっぷ」で熱海温泉へ

そんなに遠くまで行く時間がないという方には、熱海温泉がオススメです。

東京〜熱海間は大人片道1940円なので、往復3880円。「青春18きっぷ」の1日分は2370円なので十分お得です。

  • 東京ー熱海 8:18発に乗れば、09:52分に熱海に到着します。所要時間は1時間34分。

青春18きっぷ 熱海温泉

以上、夏休みに利用する「青春18きっぷ」の使い方でした。

学生の方は、夏休みは約40日間ありますので、「青春18きっぷ」を使って、是非色んな所を見て回って下さい。

↓寺社仏閣を目指すなら以前のエントリーを参考にして下さい。

お正月は「青春18きっぷ」を使って初詣へ!
12月1日に冬季の「青春18きっぷ」が発売になりました。 青春とありますが、学生だけでなく大人まで利用できます。1日2370円でJR各...

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!