電話営業のホームページ制作会社って・・・

先日、久しぶりにホームページ制作とSEOの電話営業がかかってきました。

こんな営業トークが炸裂で思わず笑ってしまった。

「ホームページのリニューアルはどうですか」
「当社SEOが得意なんです」

どんなSEOやるのか聞いたところ、リンクペイドの話でした。今時ありえんだろうって感じでしたが、まだこういう業者いるんだね。
SEOに強いなら、ネットで集客すればいいのにって思いますよね。
いかにも馬鹿丸出しの営業トークだったので、丁寧にお断りして電話を切りました。こんな電話営業やるってことは、今だに引っかかる人がいるんだね。

SEO

↓こんなボット早く実用化して欲しい。

セールス撃退人工知能が凄すぎてワロタ

営業マン「グーグル検索でトップになるようお手伝いできます。トップにしたいですか?」
AI「うん、そうだね」
営業マン「お名前いただけますか?」
AI「えーっと、今昼寝してたんで、ちょっとボーッとしてるんです。申し訳ないけど、もう一度最初からゆっくりお話してもらえませんか」
営業マン「分かりました。グーグル検索でトップになるような施策のお手伝いをしているんです」
AI「うん」
営業マン「全国がいいですか、ローカルがいいですか?」
AI「うん」
営業マン「全国?ローカル?」
AI「うん、そうだなあ」
営業マン「どっちですか?全国?ローカル?」
AI「ごめんごめん。今、メール書きながら聞いてたんで、最後の部分聞いてなかった。もう一度言ってもらえませんか?」
営業マン「グーグル検索でトップになるお手伝いをしています。全国の検索結果でトップになりたいですか?ローカルでトップになりたいですか?」
AI「・・・」
営業マン「もしもし」
AI「あ、ごめんね。なんか変な音がしてたんで。ちょっと変な雑音が聞こえるので僕はだまってるけど、続けて話してくれる?返事はしないけど、しっかり聞くからさ」
営業マン「全国的な知名度を上げたいですか?ローカルだけでいいですか?」
AI「うん」
営業マン「どっちですか?全国?ローカル?」
AI「うん」
営業マン「どっちですか?全国?ローカル?」
AI「まだ変な雑音が聞こえるなあ。続けて話してくれる?返事はしないけど、しっかり聞くからさ」
営業マン「全国かローカルか答えてもらえませんか?じゃないと続きの話ができないんで」
AI「あっ、雑音が消えた。よかった。ごめんね、雑音に気を取られて話を聞いてなかった。もう一度最初からゆっくり話してくれませんか」
営業マン「全国的な知名度を上げたいですか?ローカルだけでいいですか?」
AI「うん、そうだね」
営業マン「どっちですか?」(テレビのスポーツ番組の音声が聞こえる)
AI「やったあ~。得点したぞ~!」
営業マン「お取り込み中のようですね。失礼しました」

ホームページリース詐欺

数年前にホームページリース詐欺というのが流行りました。

こういうのに引っかかるのは、サービス業などのリテラシーの高くない業種がほとんど。意外なのは弁護士事務所。かなり引っかかったようです。弁護士って知能指数がめちゃ高いのに、ネットに弱い人多いです。今だにFAXでのやりとりが多いもん。なんで?

以前、電話営業のホームページリース詐欺にあった会社から、サイトリニューアルを請けたことがあります。
ドメインとサイトのデータをホームページリース会社が握っているということで、その交渉から始まりました。ありがちなゴリゴリ系のアウトバウンドの会社。で、当然技術力も低い・・
サイトはリニューアルするからデータは不要なんだけど、問題はドメイン。ドメイン移管ができないと、URL変わっちゃいますから。
クライアントはできれば今までのドメインを使いたいという意向だったので、ドメイン移管のやり取りをホームページリース会社の社長と行いました。無事ドメインは返してもらいましたけどね。
こういうところにひっかかっちゃうと本当に後が大変です。せめてドメインだけは自社管理をオススメします。

ホームページリース詐欺にはまると大変なのだ!
最近古いサイトをリニューアルしたいというお話をよく頂きます。 2008年頃から始まったホームページリース詐欺にはまったクライアントが、...

電話営業のホームページ制作会社

そもそも電話営業してくるホームページ制作会社は、イケてないと感じるのは僕だけでしょうか?

ネットで集客すればいいのに、わざわざ電話をかけてくるってことは、ネットに疎いクライアントがターゲットということなんですよね?

電話営業にかかる経費が上乗せされてるんだから、ちょっと考えれば、お高いホームページになるというのは分かるはずなんだけどね。

技術力の低いウェブ制作会社

電話営業のホームページ制作会社は、技術力は低いと思って間違いない。

最悪なのは社長がゴリゴリ系の会社。当然ブラックなので、ノルマも半端無く、営業マンも必死で電話営業してきます。

技術力は低く、一つのテンプレートに文字や画像を流しこむだけというパターンです。まあ一応デザインだけは、基準をクリアしていれば御の字。今時なら、レスポンシブでスマホ対応なんて簡単だけど、それすらあまり期待できないですね。

社内にはプログラマーは存在せず、デザイナーがすべての仕事を掛け持ちでやってるというケースが多いらしい。自社で作らずに手数料乗せて外注ってところもあるだろうし。

多くを期待するのはやめておいたほうがいいです。

こういうところにホームページ制作を依頼して、ネットで集客まで期待するのは無理があります。
飲食に例えるなら、吉野家で380円払って、一流のシェフの調理で、国産松阪牛の霜降りの牛丼を期待するようなもんだからね。

アウトバウンド営業

ネット以前の社会では、ゴリゴリのアウトバウンドの営業というのは結構一般的でした。

わたくしが新卒で入社したキーエンスという会社も、ゴリゴリのアウトバウンド営業の会社だったので・・

利益を追求する姿勢はものすごく、営業のノルマも売上じゃなくて、成果という名称で「利益」で数字出してましたから。当時の上司に聞いた話だと、「成果 = 貸借対照表の経常利益」ということでした。

これを徹底して東証一部上場企業になったんだから、ある意味すごいけどね。

ネットで集客したい!

ネットで集客しようと考えてるのなら、電話営業のホームページ制作会社だけは止めましょう。

本気で集客したい。でもどこに頼んだらいいのかわからないという方は、ネットで良さそうな制作会社を3社探して、プレゼンをしてもらうといいです。

上がってきた企画書を見れば、ウェブ制作に関してどのような能力があるのかだいたい分かるはず。

企画書の提案を見てからじっくり決めればいいのです。

ソーシャルを運用して集客する!
飲食店などの実店舗を運営している方が、売上を上げるためのアプローチとなると、ネットやソーシャルを活用するということになりますよね? 売...
飲食店で集客するなら、Googleストリートビューを導入すべし!
多くの飲食店では、食べログやぐるなびで集客している店舗が多いですよね。 グルメサイトは、お金を払えば誰でも同じ土俵に立てるので、グルメ...
今後の中古車業界どうなる?サイトで集客できるのか?
車が売れなくなっております。 自家用車って、乗ってる時間と乗ってない時間を比べたら、圧倒的に乗ってない時間が多い。 都心ではシェ...

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!