日本のローカルSEO (MEO) ガイドを公開しました。

iOS14でデフォルトブラウザをChromeにするメリットとSafariの使いみち

Google
執筆者
伊藤亜津佐

このサイトでは、SEO・Googleマイビジネス・ローカル検索など、Web集客に関する最新情報を配信しています。

Googleが「iOSでChromeをデフォルトブラウザとして設定する4つの理由」というブログを公開しています。

4 reasons to set Chrome as your default browser on iOS

この記事では、ブログの紹介とSafariの使いみちについてお伝えします。

スポンサーリンク

iOS14でデフォルトブラウザをChromeにするメリット

個人的には「Apple純正アプリからChromeが立ち上がる」が最大のメリットだと思いますが、Googleのブログでは言及されておりません。

Googleのサービスを使いこなしている方であれば、GmailやGoogleカレンダーなどGoogle純正アプリを使っていれば、元々Chromeが立ち上がりましたからね。

では、Googleのブログを見ていきましょう。次の4つについて述べられており、ユーザーにとって使いやすいエクスペリエンスを提供すると書かれています。

  • Chromeはどのデバイスでも利用できる
  • タブグリッドで整理整頓して生産性を上げる
  • ウェブを安全に閲覧できる
  • Googleが内蔵されている

Chromeはどのデバイスでも利用できる

Googleアカウントでログインすれば、モバイルやタブレット、デスクトップでChromeを同期して、パスワード、Google Payの支払い情報、自動入力情報、ブックマークをすべてのデバイスで利用できます。外出先で買い物をするときにもクレジットカード番号や住所を入力する必要もありません。

またChromeのタブは別のデバイスに送信することができるので、モバイルで見つけたページを、シームレスでデスクトップで表示することも可能です。

タブグリッドで整理整頓して生産性を上げる

タブグリッドを使えば、タブを整理するだけでなく、オフラインで保存して読むことも可能です。
他のユーザーと共有する場合、そのタブをそのWebサイトに直接移動するQRコードを生成する機能もあるとのこと。といいますのもタブグリッドは、僕のiOS14ではまだ使えませんので。Android11では利用できるのですが。

ウェブを安全に閲覧できる

危険なサイトを開く前に警告を表示するGoogleセーフブラウジングが含まれることに加えて、パスワードマネージャーは一意のパスワードを生成して安全に保存ます。

また、侵害されたパスワードを特定することもできます。

Chrome、侵害されたパスワードを特定できる

  • パスワード→安全確認→今すぐ確認

Googleが内蔵されている

ChromeはGoogle検索を中心に構築されていて、パーソナライズドされた検索結果によりすぐに回答を得られます。こちらについてはSafariでもGoogleでログインすれば同様です。

Chromeで新規タブを開くと、Discoverと同様にユーザーの興味に合わせたおすすめ記事が表示されます。こちらはSafariでは表示されません。

Safariの使いみち

次にSafariの使いみちについて見ていきます。

Chromeをメインで使っている方であれば、Safariは不要という方もいるかも知れませんが、僕は以下の理由でSafariも使っています。
特に1つ目についてはMacをお使いの方におすすめです。

  • パスワードのバックアップ先
  • Yahoo!をデフォルトの検索エンジンで使用

パスワードのバックアップ先

Chromeでパスワードを保存している方が多いと思いますが、不具合でログインができなくなる可能性はゼロではありません。
個別にパスワードをテキストファイルに保存してバックアップする方法もありますが、僕は面倒なので最も重要なウェブサービスのみに限定しています。

Chromeでパスワードを新規保存した後、Safariでログインしてパスワードを保存しておけば、Googleアカウントにログインできなくなっても安心です。

Yahoo!をデフォルトの検索エンジンで使用

こちらはちょっと特殊ですので、普通に検索エンジンを使うだけの方にはおすすめしません。
日本の場合、一定数Yahoo!検索を使うユーザーがいるので、僕は意識してYahoo!も使うようにしています。
Yahoo!は検索エンジンにGoogleを使っていますが、差し込むものが違ったり、最近はローカルパックも表示されますので、仕事を兼ねて使ってるという感じです。

タイトルとURLをコピーしました