日本のローカルSEO (MEO) ガイドを公開しました。

【Googleマイビジネス】ブランド検索と間接検索の違い

Googleマイビジネス
執筆者
伊藤亜津佐

このサイトでは、SEO・Googleマイビジネス・ローカル検索など、Web集客に関する最新情報を配信しています。

Googleマイビジネスのインサイトには、ブランド検索と間接検索の検索数が別々にカウントされます。

インサイトでブランド検索の検索数がある

どちらの検索結果もローカルパックに3件のお店が表示されるので、違いがよく分からない方もいると思います。

この記事では、ブランド検索と間接検索の違いについてお伝えします。

スポンサーリンク

ブランド検索と間接検索の違い

検索エンジンがブランドを認識している場合、ローカルパックにABCラベルが表示されます。

例えば [マクドナルド] と検索すれば、検索エンジンはABCラベルがついたマクドナルドの店舗を表示します。
それに対して [ラーメン] と検索すると間接検索となり、近隣のラーメン屋が表示されます。

ブランド検索と間接検索の違い

左がブランド検索、右が間接検索

  • ブランド検索・・・ABCラベルが表示され、星とレビュー数と業種は表示されない
  • 間接検索・・・星とレビュー数と業種が表示される

間接検索

ユーザーはお店が決まっていないので、そのエリアでGoogleがオススメするお店がローカルパックに3件表示されます。星とレビュー数を見れるのが特徴です。

多くのユーザーはここに表示されるお店を知らないことが多いので、お店を選ぶ際に星やレビューが役に立ちます。

ブランド検索

マクドナルド、自動車ディーラー、大手チェーンのスーパー、吉野家など、世間一般でブランドとして認識されているような店舗の検索は、Googleもブランドとして認識しており、このような検索はブランド検索となります。

ちなみに、大規模チェーン店でなくても、隣接する市町村に数店舗を展開している中小企業の店舗群でも、店舗名で検索するとABCラベルが表示されてブランド検索になります。

ローカルパックに星とレビュー数が表示されないのは、ブランド店舗で取り扱っている商品やサービスは同様という前提なのが理由だと思われます (実際は扱ってる商品は違うこともありますが)。

直接検索のユーザー行動と近い

ブランド検索するユーザーは、すでにブランドやお店のことを認知していることも多く、直接検索のユーザー行動と近いことが特徴です。

ブランド名で検索してローカルパックを見たら、次のような行動を取ります。

  • お店に行く
  • 電話をかける
  • ブランドについて詳しい情報を知る

ローカルパックの表示も間接検索とは異なる

ブランド検索のローカルパックをご覧ください。間接検索とは大きく違います。

以下の3つが表示されます。

  • ルート検索
  • 電話番号
  • ウェブサイト (デスクトップのみ)

直接検索でナレッジパネルを表示したときも、上記のボタンは表示されますよね。
ブランド名で検索したユーザーは、ローカルパックから、すぐにお店に行けるようになっており、ユーザーには便利です。

ローカルパックの表示も間接検索とは異なる

左がブランド検索、右が直接検索

このようにGoogleはユーザー行動をきちんと理解した上で、ブランド検索のUXやナレッジパネルのUXをユーザーに提供しています。

自分のビジネスでブランド検索を確認する

インサイトでブランド検索の検索数がある場合、どのような検索クエリをブランドとしてGoogleが認識しているかを把握しておくと良いのではと思います。

さいごに

ブランド検索と間接検索の違いについてお伝えしました。

どちらも同じようにローカルパックにお店が3件表示されますが、ブランド検索はABCマークが付くのですぐに見分けることは可能です。

ブランド検索と間接検索で検索意図やユーザー行動は異なるので、ローカルパックのUXが異なる点は面白いですね。

タイトルとURLをコピーしました