日本のローカルSEO (MEO) ガイドを公開しました。

【Googleマイビジネス】リスティングの停止には2種類ある

Googleマイビジネス
執筆者
伊藤亜津佐

このサイトでは、SEO・Googleマイビジネス・ローカル検索など、Web集客に関する最新情報を配信しています。

リスティングの停止には、重いケースと軽いケースの2種類があります。

Search Engine JournalでSherry Bonelli氏が記事を書いているので紹介します。

Google My Business Listing Suspended? Here’s How to Recover

スポンサーリンク

リスティングの停止とは

Googleマイビジネスのガイドラインやポリシー違反により、リスティングがGoogle検索やGoogleマップに表示されなくなったり、管理できなくなることを指します。

Googleマップから情報の修正の提案を一般ユーザーから受けたり、Business Redressal Complaint Form からの通報によりスパム行為があるとGoogleに判断されるとリスティングが停止されます。

Googleマイビジネスの管理画面に通知が表示されますが、Googleが停止した理由を教えてくれることはありません。ご自身の手で原因を特定して、Googleマイビジネスを修正し、Googleにリクエストをしなければなりません。

リスティングの停止は2種類ある

Googleのヘルプページには、リスティングの停止について以下のように言及しています。

リスティングが削除された場合: リスティングの公開が停止されます。オーナーと管理者が代表して操作することはできなくなりますが、リスティングの回復を求めることができます。リスティングが回復すると、オーナーと管理者の権限も元に戻ります。

公式 停止されたビジネス リスティング

上記のヘルプ記事には、大まかなことしか記載されていないのですが、実はリスティングの停止には2種類あります。

  • リスティングの停止が重いケース
  • リスティングの停止が軽いケース

リスティングの停止が重いケース

重いケースから見ていきましょう。

  • 「会社」「店舗名」「会社名 地名」の直接検索でナレッジパネルが表示されない
  • スパムのような手口を使っているため、Googleがリスティングの対象外と判断し、Google検索やGoogleマップに表示されない

直接検索でナレッジパネルが表示されないのは、かなり重い処分だということが分かります。ちなみにバレッジパネルに表示されないだけで、オーガニックの検索結果には表示されます。

リスティングの停止が軽いケース

次に軽いケースです。

  • 直接検索でナレッジパネルは表示される
  • ビジネスオーナーはGoogleマイビジネスの管理画面にアクセスできるが、リスティングの管理や更新はできない
  • Googleマイビジネスのビジネス情報は、一般ユーザーが提案した編集の影響を受けやすくなり、誤った変更や誤った情報が表示されやすくなる

また、以下のように「サービス提供エリア」がある業種の場合、スパムや架空のリスティングが多いため、他の業種よりもリスティングの停止が頻繁に発生します。

  • 鍵屋
  • 弁護士
  • 配管工
  • 害虫駆除サービス
  • 空調サービス

GoogleやローカルSEOの専門家は、スパムを取り締まるようにしています。あなたがガイドライン違反をしているのであれば、通報される可能性が高いのでご注意ください。

これらの業種では、いくつかのビジネス情報を更新をしただけでもリスティングが停止することがあります。

さいごに

Googleマイビジネスにおけるリスティングの停止には、重いケースと軽いケースの2種類があることをお伝えしました。

僕自身2種類あることを知りませんでした。

ガイドライン違反がありリスティングが停止した場合、回復リクエストよりGoogleへ連絡する必要があります。詳しい方法については、こちらをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました