「別々のURL」「動的な配信」で構成されたサイトが、モバイルファーストインデックス (MFI) に準備するために行うべきこと

「別々のURL」「動的な配信」、MFIに備える

Googleがモバイルファーストインデックスを開始したとアナウンスしたのが2018年3月27日です。

レスポンシブサイトならばモバイルファーストインデックス (以下、MFI) に移行しているサイトも多いですが、「別々のURL」「動的な配信」で構成されたサイトの場合、今でもMFIに移行していないサイトが数多くあります。

この記事では「別々のURL」「動的な配信」で構成されたサイトがMFIに備えるために行うべきことについてお伝えします。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

「別々のURL」「動的な配信」で構成されたサイトがMFIに移行すると、どんな問題が発生するのか?

MFIに移行すると、クロール・インデックス・ランキングでモバイル版のコンテンツが優先的に使われることになります。

「別々のURL」「動的な配信」で構成されたサイトで、モバイル版ページにおいて下記の3項目を省略している場合、検索結果の順位が大きく下がってしまうことが考えられます。

  • コンテンツ
  • 構造化データ
  • メタデータ

「別々のURL」「動的な配信」で構成されたサイトの場合、MFIに移行する前に色々と準備をしておく必要があります。
では、どんな準備をすればいいのか見ていきましょう。

MFI導入前にレスポンシブに移行できるのであれば、移行すべし

「別々のURL」「動的な配信」で、MFI導入前にレスポンシブに移行できるのであれば、すぐにでも移行することをオススメします。

理由は2つあります。

  • レスポンシブならば、モバイルとデスクトップで「コンテンツ」「構造化データ」「メタデータ」に差がないので、MFIに移行しても影響を最小限に抑えられる
  • 「別々のURL」がMFIに移行すると、正規URLがデスクトップ版URLからモバイル版URLに入れ替わるので、アノテーションの処理に加えてリダイレクトの処理も複雑になる
別々のURLとモバイルファーストインデックス (MFI) の相性は最悪です。 サイトがMFIに移行すると、正規URLがデスクト...
この記事では、別々のURLがモバイルファーストインデックス (以下、MFI) に移行すると、正規URLはモバイル版URLへ変更される...

ご自身のサイトにMFIが導入されていないのであれば、最初にレスポンシブに移行することをご検討ください。

レスポンシブに移行できないのであれば、MFIに準備すべし

「別々のURL」「動的な配信」で構成されたサイトをレスポンシブに移行できないのであれば、いつMFIに移行してもいいように、しっかりと準備しておく必要があります。
次の項目については、必ずチェックしておいてください。

  • コンテンツを揃える
  • 構造化データをモバイル版URLに設定
  • メタデータを揃える

コンテンツを揃える

モバイル版ページでコンテンツを省略しているようなサイトでは、デスクトップ版ページと同じコンテンツをモバイル版ページに用意します。

構造化データをモバイル版ページに設定

構造化データがモバイル版ページにない場合、MFIに移行するとGoogebotが構造化データをクロールできなくなります。
構造化データを実装しているサイトであれば、リッチリザルトが検索結果に表示しなくなったり、Googleしごと検索が表示されなくなったりしますので、ご注意ください。

必ず構造化データをモバイル版ページに実装してください。

メタデータを揃える

メタデータを揃える必要があります。

タイトルタグ、メタ ディスクリプションタグを揃えるだけでなく、画像のalt属性 (代替テキスト) も同じものを用意してください。

モバイル版ページにalt属性を指定していないケースはよく見かけます。確認するには、ページのソースコードで「img タグ」を探して、画像にalt属性が追加されているか確認します。

画像のalt属性が追加されている場合

<img src=”waikiki-beach.jpg” alt=”ワイキキビーチ” />

画像のalt属性が追加されていない場合

<img src=”waikiki-beach.jpg” alt=”” />
<img src=”waikiki-beach.jpg” />

画像のalt属性がないと、Google画像検索に表示される可能性が低くなります。
また、画像が表示されない読み上げブラウザで読み上げられないので、アクセシビリティの観点からも画像にalt属性を追加することが推奨されています。

「別々のURL」で構成された多言語サイトは、hreflang リンクを確認

「別々のURL」で構成された多言語サイトは、更に複雑な処理が必要です。
デスクトップ版URLとモバイル版URLの間にアノテーション (alternate と canonical) が正しく設定されていることに加えて、hreflang リンクを確認する必要があります。

多言語サイトは次のように設定します。

  • デスクトップ版URL → モバイル版URL に alternate を設定
  • モバイル版URL → デスクトップ版URL に canonical を設定
  • 複数の言語間の デスクトップ版URL で hreflang を設定
  • 複数の言語間の モバイル版URL で hreflang を設定

次のツイートの図がわかりやすいのでご確認ください。

アノテーションに加えてhreflang リンクを設定すると、かなり複雑なサイト構成になります。正しく実装されているかどうか入念に確認してください。

レスポンシブならば hreflang リンク は不要

レスポンシブならこのような複雑なアノテーションは一切不要ですので、レスポンシブに変更できるのであれば変更することをオススメします。

さいごに

以上、別々のURLで構成されたサイトがモバイルファーストインデックス (MFI) に備えるために行うべきことについてお伝えしました。

別々のURLで構成されたサイトは、MFI移行前にレスポンシブに変更できるのであれば、移行することをオススメします。

システムの都合でレスポンシブに移行できないのであれば、デスクトップ版ページとモバイル版ページで、以下の項目について同じものを揃えてください。

  • コンテンツを揃える
  • 構造化データをモバイル版URLに設定
  • メタデータを揃える
スポンサーリンク
レクダンクル(大)

フォローする

スポンサーリンク
この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクダンクル(大)