海外旅行でモバイルWi-Fiを使うとき、iPhoneで通信量がオーバーしないための設定方法

海外旅行でモバイルWi-Fiを使うとき、iPhoneで通信量がオーバーしないための設定方法

海外旅行の際、モバイルWi-FiでiPhoneを使う方は必見です。

モバイルWi-FiでiPhoneを使うとき、フォトストリームやiCloud写真の設定は必ず見直してください。

iPhoneをモバイルWi-Fiに繋いでいる時、フォトストリームやiCloud写真が有効だと、写真や動画が自動でiCloudにアップロードするため、データ通信を消費します。

iPhoneのデフォルト設定では、モバイル通信時はデータ通信を節約し、Wi-Fi接続時にデータ通信をガンガン使うように設計されています。モバイルWi-Fiを使うとき、iPhoneはWi-Fi経由でデータ通信するので、設定を見直さないと、あっという間にデータ通信の上限まで到達してしまいます。

このエントリーでは、海外旅行でモバイルWi-Fiを使うとき、iPhoneで通信量がオーバーしないための設定方法についてお伝えします。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

フォトストリームをオフ

フォトストリームを有効にしている方は、フォトストリームをオフにしてください。

フォトストリームを有効の場合、Wi-Fi接続していると自動的に写真がiCloudにアップロードされて、モバイルWi-Fiのデータ通信を消費します。フォトストリームで動画はアップロードされませんが、大量の写真を撮影すると、かなりのデータ通信を消費するのでご注意ください。

以下、設定方法です。

フォトストリームをオフ

  • 設定→Apple ID→iCloud→写真→マイフォトストリームをオフに

フォトストリームの設定をオフにしたときの注意点

2つ注意点があります。

Googleフォトにバックアップ

マイフォトストリームをオフにすると、iPhoneの写真はiCloudに自動でアップロードされません。
なので、iPhoneを紛失してしまうと写真を復元することができなくなります。
ホテルの無料Wi−Fiなどに接続した際に、Googleフォトにバックアップすることを強くオススメします。ちなみにGoogleフォトは、iPhone内の写真だけでなく動画もバックアップします。

マイフォトストリームがオフの状態で撮影した写真は、後日オンにしてもiCloudにアップロードされない

マイフォトストリームがオフの状態で撮影した写真は、後日オンにしてもiCloudにアップロードされません。
PCで写真を管理しているのであれば、Lightningケーブルで接続して写真を取り込む必要があります。

iCloud写真をオフ

iCloud写真を有効にしている方は、Wi-Fiルーターに接続している時だけでもいいので、iCloud写真をオフにしてください。

iCloud写真が有効の場合、iPhoneがWi-Fiルーターに接続すると、写真や動画はiCloudに自動でアップロードされます。動画はかなりのデータ通信を消費するのでご注意ください。

iCloud写真をオフ

  • 設定→Apple ID→iCloud→写真→iCloud写真をオフ

注意点

フォトストリームの同様、iCloud写真をオフにすると、写真はiCloudにアップロードされません。
ホテルに戻ってきて無料Wi−Fiに接続したら、iCloud写真をオンにして、iCloudに写真をアップロードすることをオススメします。

  • 設定→Apple ID→iCloud→写真→iCloud写真をオン

Appのバックグラウンド更新をオフ

モバイルルータを使っている時は、Appのバックグラウンド更新もオフにしてください。無駄なデータ通信を抑えることが可能です。

海外旅行、モバイルWi-Fi、iPhoneで通信量を抑える、Appのバックグラウンド更新をオフ

  • 設定→一般→Appのバックグラウンドをオフ

ただしTwitterやFacebookなどSNS系のアプリの通知も来なくなってしまいます。困る方は、Appのバックグラウンド更新をオンにしていただき、個別にオン・オフを設定することをオススメします。

海外旅行、モバイルWi-Fi、iPhoneで通信量を抑える、Appのバックグラウンド更新を個別に設定

  • 設定→一般→Appのバックグラウンドをオン→個別にオン・オフを設定

ソフトウェア・アップデートの自動更新をオフ

iOSの自動更新が有効だと、iOSのアップデートがあった場合に、自動でファイルをダウンロードしてしまいます。
アップデートの内容にもよりますが500MB〜1GB近いデータですので、オフにしておくことをオススメします。

海外旅行、モバイルWi-Fi、iPhoneで通信量を抑える、ソフトウェア・アップデートの自動アップデートをオフ

  • 設定→一般→ソフトウェア・アップデート→自動アップデートをオフに

自動ダウンロードをオフに

iTunes StoreとApp Storeの自動ダウンロードもオフにします。

海外旅行、モバイルWi-Fi、iPhoneで通信量を抑える、自動ダウンロ ードをオフに

  • 設定→iTunes StoreとApp Store→自動ダウンロードをオフに

以下の項目をオフにしておきましょう。

  • ミュージック
  • APP
  • ブックとオーディオブック
  • アップデート

iCloudバックアップをオフ

iCloudバックアップは、充電中に画面がロックされた状態でWi-Fiに接続すると、自動的にiCloudへバックアップが保存されます。
差分をバックアップするので大きな容量ではありませんが、データ通信量が気になる方はオフにしてください。

海外旅行、モバイルWi-Fi、iPhoneで通信量を抑える、iCloudバックアップをオフ

  • 設定→Apple ID→iCloud→iCloudバックアップをオフ

注意点

iCloudバックアップをオフにすると、旅行先で端末を紛失した際、バックアップ以後のデータが復元されませんのでご注意ください。

ホテルの無料Wi-Fiに接続したら、iCloudバックアップは取るようにしてください。

ホテルの無料Wi-Fiに繋いだらやること

今までモバイルWi-Fiのデータ通信量を抑える方法を紹介しました。

当然、バックアップは作成されませんので、端末を紛失してしまったらデータを復元することはできなくなってしまいます。

海外旅行の場合、外出中はWi-Fiルーターを使い、ホテルでは無料Wi−Fiを使います。
ホテルに戻ってきて無料Wi-Fiに繋いだら、次のことをやることをオススメします。

  • 写真のバックアップ
  • iCloudバックアップ

写真のバックアップ

ホテルに戻ったら写真のバックアップは必ずやってください。
バックアップを取っておけば、万が一、iPhoneを盗まれてしまっても、旅行中の写真を復元することが可能です。

iCloud写真

iCloud写真を使っている方は、ホテルに戻ってきたらiCloud写真の設定をオンにします。
これで写真と動画はiCloudにバックアップされます。バックアップが終了したら、オフにしていただいて大丈夫です。

  • 設定→Apple ID→iCloud→写真→iCloud写真をオン

Googleフォト

iCloud写真を使っていない方は、Googleフォトでバックアップを取ってください。

Googleフォトは「高画質」と「元サイズ」の2つのモードがあります。どちらでもお好みのモードでバックアップを取ってください。

  • 高画質・・・無料で容量無制限で写真と動画をバックアップ。圧縮されますが、目で見て分からないレベルです。
  • 元サイズ・・・圧縮されませんが、Googleドライブの容量を消費します。15GB以上は有料です。

iCloudバックアップを作成

ホテルに戻って無料Wi-Fiに接続したら、iCloudバックアップを作成してください。
もしiPhoneを紛失したとしても、iCloudバックアップを取っておけば、バックアップの状態に復元することが可能です。

今日のエントリーは、iCloudバックアップを作成する方法を紹介します。 iPhoneやiPadは、iCloudバックアップを有効にし...

さいごに

以上、海外旅行でモバイルWi-Fiを使うとき、iPhoneで通信量がオーバーしないために行うことについてお伝えしました。

特に、フォトストリームとiCloud写真を有効にしている場合、この2つはオンのままだとデータ通信をかなり消費しますので、オフにすることを強くオススメします。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク