バックアップとiPhoneのiOSのバージョンが違って、復元できない時の対象方法

iTunesバックアップからiPhoneを復元する場合、バックアップとiPhoneのiOSのバージョンが違うと、バックアップから復元できません。
例えば、新しく購入したiPhoneのiOSバージョンが古かったりすると、バックアップから復元できずに、次のようなエラーが表示されます。

「このiPhoneのソフトウェアが古すぎるため、バックアップ“xxxxx”はこのiPhoneの復元には使用できません。」と表示される

ちなみにiCloudバックアップから復元する場合は、自動的にiOSをアップデートしてくれるので、このようなエラーは表示されません。
でも、iTunesバックアップの方が復元にかかる時間は圧倒的に短いので、復元にはiTunesバックアップを利用している方も多いと思います。

今日のエントリーは、バックアップとiPhoneのiOSのバージョンが違って、復元できない時の対象方法を紹介します。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

iOSのバックアップから復元できないケースはどんな時?

iOSのバックアップから復元できないケースはどんな時か見てきましょう。

  • 新iOS→古いiOS
  • 古いiOS→新iOS

新iOS→古いiOS

バックアップが新iOSで、iPhoneが古いiOSの場合、iOSのバックアップから復元することはできません。

例をあげてみます。
古いiPhoneのバックアップがiOS12.1.1で、機種変更した新しいiPhoneのバージョンがiOS12だと、iOSのバックアップを新しいiPhoneに復元することはできないのです。

機種変更した新しいiPhoneのバージョンが古いことってあるの?

あります。
実は、新しいiPhoneに機種変更すると、iPhoneのiOSのバージョンが最新でないということは、よくあるんですよね。要するに工場出荷状態には最新のiOSだったとしても、毎月のようにiOSは更新されるので、ユーザーの手元に届いたときには、古くなってしまうのです。

古いiOS→新iOS

バックアップが古いiOSで、復元先のiPhoneが新iOSの場合、復元は可能です。上記と逆のケースですね。
例をあげると、iOSのバックアップのバージョンがiOS12で、復元先のiPhoneのiOSのバージョンがiOS12.1.1の場合、バックアップのデータをiPhoneに復元できます。ただし、新旧の差があればあるほど、細かい部分の引き継ぎができないこともあるのでご注意ください。

復元前に、新旧iPhoneを最新のiOSにアップデートすべし

iOSのバックアップから復元できるようにするには、復元前に、新旧iPhoneを最新のiOSにアップデートしてください。
両方とも最新のiOSならば、何の問題もなく復元することが可能です。

古いiPhoneを最新のiOSにアップデートする

古いiPhoneを最新のiOSにアップデートします。以下の手順で行います。

古いiPhoneを最新のiOSにアップデート

  1. 設定→一般→ソフトウェア・アップデート
  2. 最新バージョンにアップデート

新しいiPhoneを最新のiOSにアップデートする

以下の手順で行ってください。

  1. 新しいiPhoneを最新のiOSへアップデート
  2. iPhoneを初期化

1. 新しいiPhoneを最新のiOSへアップデート

新しいiPhoneを最新のiOSへアップデートします。

①「新しいiPhoneとして設定」をタップ

「新しいiPhoneとして設定」をタップします。

「新しいiPhoneとして設定」をタップ

②Apple IDでサインイン

Apple IDでサインインします。

③最新のiOSへアップデート

最新のiOSへアップデートします。

  • 設定→一般→ソフトウェア・アップデート

2. iPhoneを初期化

最新のiOSへアップデートしたら、端末を初期化します。

①iPhoneを探すをオフに

iPhoneを探すをオフにします。

iPhoneを探すをオフに

  • 設定→Apple ID→iCloud→iPhoneを探す→オフに

ちなみに、iPhoneを探すをオフにせず、iPhoneを初期化した場合、Apple IDのパスワードの入力が求められます。パスワード入力すれば、初期化できます。

②iPhoneを初期化

iPhoneを初期化してください。

iPhoneを初期化

  • 一般→リセット→すべてのコンテンツと設定を消去→バックアップしてから消去

iTunesバックアップから新しいiPhoneに復元する

新旧iPhoneを最新のiOSにアップデートしたら、iTunesバックアップから新しいiPhoneに復元します。

iPhoneの電源を入れると、次の画面が表示されます。

iTunesバックアップから復元

  1. 「iTunesバックアップから復元」をタップ
  2. PCとiPhoneを接続し、iTunesを立ち上げる
  3. 「このバックアップから復元」にチェックを入れて「続ける」をクリック
  4. iTunesバックアップのロックを解除するパスワードを入力
  5. iPhoneがバックアップから復元

1. 「iTunesバックアップから復元」をタップ

「iTunesバックアップから復元」をタップしてください。

2. PCとiPhoneを接続し、iTunesを立ち上げる

PCとiPhoneを接続し、iTunesを立ち上げてください。

3. 「このバックアップから復元」にチェックを入れて「続ける」をクリック

「このバックアップから復元」にチェックを入れて「続ける」をクリックしてください。

「このバックアップから復元」にチェックを入れて「続ける」をクリック

4. iTunesバックアップのロックを解除するパスワードを入力

iTunesバックアップのロックを解除するパスワードを入力します。

iTunesバックアップのロックを解除するパスワードを入力

5. iPhoneがバックアップから復元

iPhoneがバックアップから復元されます。

さいごに

以上、バックアップとiPhoneのiOSのバージョンが違って、復元できない時の対象方法を紹介しました。

復元前に、新旧iPhoneを最新のiOSにアップデートしておけば、問題なく復元することが可能です。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク