電気自動車のシェアを広げたい自動車メーカーは、劣化したバッテリーを無料交換すべし!

日産の電気自動車が、顧客ファーストではないことが判明しました。バッテリーがポンコツすぎる模様です。

電池寿命に不安。電気自動車の中古価格が暴落中!

電気自動車、日産リーフの中古車価格が激しく下落している。2011年や2012年の初期モデルについていえば、30万円~40万円という超バーゲンセール。新車時に325万円した2016年モデルの自動ブレーキ付きモデルすら110万円台で購入可能という状況。日本の量販自動車で最も激しい価格下落を記録中である。

なぜ暴落か? 理由は簡単。バッテリーの性能劣化のためである。御存知の通りバッテリーの場合、使っていると性能低下する。初期型のリーフで言えば、新車時に160kmほど走れたものの、今や100km以下になってしまった個体すら珍しくない。エアコンや暖房を使うと、80km程度となり、近所の買い物以外使えくなってしまう。

リーフに乗っていると、確実に性能劣化を感じるだけでなく、遠からず自動車としての役割を果たせなくなり「ゴミ」になってしまう気分を味わうことになる。最大にして唯一の解決策は「安価なバッテリー交換プログラムを作る」ことながら、日産自動車のDNAなのか、ユーザーのフォローをしない。

う~ん。自動車メーカーがこういう姿勢でいいのかな?

カーセンサー見たら、自動ブレーキ搭載の2016年モデルが110万円代ってホントでした。

日産リーフ

2011年モデルなら32.9万円と激安。

リーフ 中古車

中古車価格って、消費者の需要をもろに反映した価格設定になるので、110万円台でも買う人が少ないんだろうね。

というか、バッテリーを交換してまでリーフに乗りたいユーザーがいないということなんだと思います。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

リーフのバッテリー交換に費用はいくら掛かるのか?

バッテリー交換に60万円かかるようです。

ってか高くね?

2011年モデルってことは、まだ6年しか経ってないのにバッテリーが劣化してるってひどいよね。消耗品としてのバッテリーに6年間で60万円払うなら、ガソリン代よりも高いよね・・

バッテリーの耐久性、交換費用 日産リーフQ&A – 電気自動車

正式なメーカー発表があったかどうかは知りませんが、ネット上ではバッテリ下取りで60万円と聞いております。

スマホもバッテリーを充電しても使用時間が短いと、使い勝手は悪いし、価値は半減します。

電気自動車の場合は、バッテリーが切れたらタダの鉄の塊です。バッテリーを満充電しても走行距離が100km満たないのであれば、自動車としての価値は限りなく0でしょ?

日産は、バッテリーが劣化したら、電気自動車の価値がなくなることに気がついていない模様ですね。

日産は、リーフのバッテリー無料交換プログラムを作るべし

日産が電気自動車のシェアを取りに行きたいのなら、バッテリー無料交換プログラムを実施するべきだと思うけどね。

トヨタは?

トヨタは電気自動車はリリースしてないんだけど、ハイブリッドのバッテリーに関しては、日産とは対象的です。顧客ファーストを貫いています。

バッテリーに不具合を抱えていた初期型プリウスに関しては、無償交換を実施しています。

それ以降のプリウスは、15万円以下で交換できる模様。

電気自動車とハイブリッドでは、駆動用バッテリーのサイズが違うから、単純な比較はできないけど、15万円と60万円じゃだいぶ違うよね?

テスラは?

↓2012年の記事ですが、以前はテスラのバッテリー交換には、莫大な費用がかかったようです。

テスラのEVにバッテリー切れ問題:修理費32000ドル

Drucker氏のRoadsterはロサンゼルスにあるTeslaの店舗に送られたが、その3日後になってTesla側から「バッテリー自体を交換する必要があり、それには32000ドルかかる(さらに作業代、税金が別途必要)」との連絡があったという。同氏によると、バッテリーの交換はTeslaの保証プログラムのなかには含まれず、同氏のRoadsterはいまもTeslaの店舗に預けられたままだという。

公式なリリースはありませんが、テスラのバッテリ交換には1万ドル位かかるようです。

モデルS1000万円近くする高級車とはいえ、バッテリー交換に1万ドルは高いですね。

電気自動車はバッテリーが劣化したら価値はない

日産リーフのように、数年でバッテリーが劣化して、走行距離が100kmにも満たないなんてことは、言語道断。

そんな電気自動車誰も欲しくないわ。電気自動車はバッテリーが劣化したら、ゴミ同然だもんね。

自宅ガレージに充電施設がない場合、1年間電気自動車を放置したら、バッテリーは完全に使い物になりません。リチウムバッテリーは、放電してしまうと、充電できなくなってしまうから、定期的に充電をしないとダメなんだよね。

無線充電ができるようになるには、もう少し時間がかかりそうだし、電気自動車の場合、メンテナンスフリーで放置しても、バッテリーが上がらないような仕組みを考えないとダメだよな。

電気自動車のメーカーは、劣化したバッテリーを無料交換すれば、絶対シェア取れます!

電気自動車のメーカーは、劣化したバッテリーを無償交換するプログラムを作るべきです。

新車購入から10年といった制約を付けてもいいので、ユーザーがバッテリーの劣化を気にせず、電気自動車を利用できるような仕組みを作るべきなのです。

だって、劣化したバッテリーを交換してもらえるのなら、中古車の値段が、日産リーフのように暴落することもないですから。

顧客ファーストを徹底して、バッテリーが劣化したら無償交換すれば、電気自動車のシェアは確実に取れるはずです。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
スポンサーリンク