モデル3の登場で、電気自動車のキャズムは超えるのか?

テスラ モデル3

テスラのモデル3がいよいよ発売になりました。

2016年4月にモデル3が発表された際、15万円で予約を受け付けていましたよね?先着順に、モデル3が納車されているはず。

「Model 3」が発表されました。車両の価格は3万5千ドル〜。 新車発表会のプレゼンテーションはElon Musk自ら行いました。リ...

テスラ「モデル3」に乗ってみた

米電気自動車(EV)メーカー、 テスラ の新型車「モデル3」は、車内が広い高級モデルの「モデルS」と比較して内装がシンプルでくつろぎやすい。実際に運転してみると、走り心地はほぼ同じだ。

試乗はすべてがスムーズだったわけではない。テスラがモデル3の初期生産分を従業員に納入するのも、これが理由だろう。試乗では、停車中にドライブからパーキングにシフトを入れられなかったことが2度あった。助手席に座っていたテスラの幹部は、問題は運転手の操作ではなくソフトウエアにあるとし、コンピューターを再起動するように車を一度リセットして問題を解決した。

テスラの広報担当者は翌29日、試乗中のログを調べた結果、問題は運転手の操作が原因だったと述べた。ハンドルの右側にあるパーキングボタンがシフト操作中に押されたため、動作がうまくいかなかったという。

不具合はあるのかもしれませんが、市場に出した後、アップデートを繰り返しながら、問題を改善していく模様です。やはり、テスラはIT企業なんだよね。

モデル3は、ネットワークに繋がっているため、不具合の修正などは、遠隔操作で改善できる点は強みだよね。サービスセンターに自動車を持ち込む必要がなくなりますからね。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

電気自動車のキャズムを超えるのは、モデル3が起爆剤になるはず

テスラでは、モデル3の増産のために、起債による資金調達を実施しています。

テスラの18億ドル起債、投資家の需要で増額、「モデル3」に資金充当

テスラは11日、転換社債以外で同社初となる18億ドル(約1970億円)の起債を実施。需要に対応するために発行額を3億ドル増額した。起債した8年債の表面利率(クーポン)は過去最低の5.3%と、当初見込まれていた5.25%を若干上回った。調達資金は「モデル3」の展開のために充てられる。同モデルは、テスラを量産車メーカーに変身させることを目指すマスク氏の計画の柱となる。

2012年にモデルSが発売されて5年が経ちました。わたくしは、モデル3を市場へ投入することで、電気自動車のキャズムは超えるのではと考えています。

iPhoneだって、登場した当初はボロクソ言われていて、キャズムを超えたのは2012年ですからね。iPhoneの登場は2007年なので、およそ5年かかってキャズムを超えたのです。

iPhone が流行るわけがない、最終的に流行るのは…

PC用のWebサイトを見たり、動画を見たりとエンターテイメント端末という意味では本当に素晴らしいです。しかし、僕がメインの使い方だと思っているコミュニケーション端末としては、文字入力に改善の余地があって、まだまだその分野のエキスパートである女子高生の使用に耐えうるものではないと感じました。

最近のWeb界隈では、 iPhone は日本で流行るか流行らないかという議論が繰り広げられていましたが、もううんざりです。はっきりと言います。iPhone は流行りません。一時的に流行ったとしても最終的には日本のケータイが世界中で使われるようになります。そう自動車やデジタルカメラのように。

アメリカで電気自動車のキャズムを超えるのは?

モデル3の生産予定台数は、2017年が1週間あたり5000台、2018年が1週間あたり1万台を予定しているとのこと。

すでにモデル3の予約は50万台を超えているようです。

2016年のアメリカの自動車生産台数を見てみると、約122万台あります。仮に、予約された50万台が全てアメリカ向けだとすれば、約5%がモデル3ということになります。

世界の自動車生産台数 国別ランキング・推移

テスラには、モデルS・モデルXもあります。アメリカでは、2018年に電気自動車のキャズムを超えてしまうかもしれません。

いつ、日本で電気自動車のキャズムを超えるのか?

モデル3が日本に入ってくる時期は、2019年以降と言われています。

テスラ モデル3、右ハンドルの出荷は2019年からを予定

今回、テスラは、モデル3の生産計画を公表。まずは、40万件に近い予約を獲得している米国の顧客向けに、左ハンドルのモデル3の増産に取り組む。

具体的には、2017年第3四半期(7~9月)、モデル3の生産能力を週あたり1500台以上へ増強。以降、2017年末の時点で週あたり5000台、2018年には週あたり1万台の生産を目指す。

すでに日本市場への導入が決まっているモデル3だが、右ハンドル車の上陸は2019年以降になりそうだ。テスラは、「海外向けの左ハンドル車の出荷は、当局の認可が条件になるが、2018年の後半に開始できる見通し」と説明している。

2019年にどのくらいの台数のモデル3が日本に入ってくるのかは分かりません。でもね、3万5千ドル(約385万円)で購入できるので、メルセデスCクラスを購入しているような層だけでなく、プリウスを購入している層まで、テスラへシフトしていくことになるんだろうね。

トヨタもEVシフトが始まり、2019年から中国で電気自動車の生産を始めます。2020年の東京オリンピックが終わった2022〜2023年あたりから、日本でも電気自動車のキャズムが超えるかもしれませんね。

日本の電気自動車のシェアは、とにかく低いです。わずか0.1%ですからね。 2016年のデータでは、電気自動車のシェアは僅か0.1%...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
スポンサーリンク