「水素自動車」も「水素ステーション」も全然普及する見込みがない件

「水素自動車」の登録台数が、わずか1500台ってご存知ですか?

↓現状、水素自動車は全く普及していない模様です。

普及進まぬ燃料電池車

次世代自動車としてトヨタなどが販売し、水素を燃料に使う燃料電池車の国内登録台数が、発売から2年がたった昨年末現在で1500台弱にとどまっていることが関係者への取材で22日、分かった。

車体が720万円超と高価な上、「2020年度に160カ所程度」が政府目標である水素ステーションの数も現在、90カ所と少ないことなどが理由とみられ「20年に4万台程度とするとの国の目標達成は厳しい情勢だ」(政府筋)という。

関係者によると、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」の登録台数は昨年末までで約1370台。ホンダの「クラリティ フューエルセル」は約110台だった。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

補助金ばらまいても、水素自動車が普及しない現実

MIRAI 減税

MIRAIを購入すると、合計で2,252,900円の補助金が支給されます。

内訳は↓

  • エコカー減税(自動車重量税)・・・約30,000円減税
  • エコカー減税(自動車取得税)・・・約180,900円減税
  • グリーン化特例(翌年の自動車税)・・・約22,000円
  • CEV補助金・・・約2,020,000円

MIRAIの車両本体価格は7,236,000円ですので、補助金が支給されると、5,216,000円で購入することができます。

だけど、全然普及していないのが現状なのです。

水素ステーションも全く普及していない

トヨタのウェブサイトによると、現在の水素ステーションの設置数は、全国で僅か92ヶ所。22都道府県にしか、水素ステーションはありません。

平成29年4月1日現在、トヨタのお膝元である愛知県には、水素ステーションが16ヶ所あるようですが、それ以外の都道府県では、全然普及していないのが現状です。

  • 宮城県・・・1ヶ所
  • 茨城県・・・1ヶ所
  • 埼玉県・・・8ヶ所
  • 千葉県・・・3ヶ所
  • 東京都・・・13ヶ所
  • 神奈川県・・・13ヶ所
  • 山梨県・・・1ヶ所
  • 静岡県・・・2ヶ所
  • 愛知県・・・16ヶ所
  • 岐阜県・・・2ヶ所
  • 三重県・・・2ヶ所
  • 滋賀県・・・1ヶ所
  • 京都府・・・2ヶ所
  • 大阪府・・・7ヶ所
  • 兵庫県・・・2ヶ所
  • 広島県・・・3ヶ所
  • 山口県・・・1ヶ所
  • 徳島県・・・2ヶ所
  • 香川県・・・1ヶ所
  • 福岡県・・・9ヶ所
  • 佐賀県・・・1ヶ所
  • 大分県・・・1ヶ所

水素ステーションが存在しない都道府県

  • 北海道
  • 青森県、岩手県、秋田県、山形県、福島県
  • 栃木県、群馬県
  • 新潟県、富山県、石川県、福井県、長野県
  • 奈良県、和歌山県
  • 鳥取県、島根県、岡山県
  • 愛媛県、高知県
  • 長崎県、熊本県、宮崎県、鹿児島県
  • 沖縄県

今後、水素ステーションは増えるのか?

結論を先にいうと、全く増えない模様です。

経済産業省が策定した「水素・燃料電池戦略ロードマップ改正のポイント」を見てみましょう。

水素・燃料電池戦略ロードマップ改正のポイント

水素自動車の普及は、2020年までに4万台、2025年までに20万台、2030年までに80万台を目標にしている模様。
で、水素ステーションは、2020年までに160ヶ所、2025年までに320ヶ所の設置を目標としているようです。

このデータを見る限り、水素自動車は絶対に普及しません。

水素自動車が普及しない理由

水素自動車が普及しない理由は、水素自動車を増やそうとしているのに、水素ステーションの絶対数が足りないからです。

↓詳しく説明します。

現状、1500台の水素自動車に対して、92ヶ所の水素ステーションがあります。

で、2020年に水素自動車の目標台数4万台に対して、水素ステーションの設置目標は僅か160ヶ所しかありません。水素自動車を26倍増やそうとしているのに、水素ステーションは1.73倍しか増えません。全然足りないと思いませんか?

さらに2025年を見てみると、水素自動車の目標台数20万台に対して、水素ステーションの設置目標は僅か320ヶ所です。2020年から5年間で水素自動車が5倍増やそうとしているのに対して、水素ステーションの設置目標は2倍です。

↓一昨日のニュースです。水素ステーションの数は、上記の経済産業省が策定した「水素・燃料電池戦略ロードマップ改正のポイント」に基づいているようです。ってか、日本を代表する大企業が11社も集まって新会社を設立するのに、2020年までに160ヶ所の水素ステーションしかできないのはおかしくないですか?

水素ステーション普及へ トヨタ、日産、ホンダなど11社が新会社設立へ覚書

燃料自動車(FCV)の普及に向け、官民一体となった取組みが本格化する。政府が描く「水素社会」の実現を目指し、トヨタ自動車など11社が水素ステーションの整備を目的とする新会社設立に向けた覚書を交わした。まずは2020年度までに水素ステーション160箇所の整備、FCV4万台の普及を目標にオールジャパン体制を築く。

水素ステーションを設置するコストは?

水素ステーションを1ヶ所設置するのに、小さなものでも約1億円かかると言われています。
中規模になると4億6000万円かかるようです。

燃料電池自動車及び水素ステーション普及における現状と課題

なお、水素ステーション(商用規模)の整備コストは現状で約4.6億円とされており、通常のガソリンスタンドの整備コスト(8,000万円~1億円程度)と比較しても大幅に高い。
一方、欧米では整備コストが1~1.5億円程度のコンテナ型水素ステーションが多数導入されている。しかし、このような海外製の水素ステーションを日本に導入するには、国内の法規制に基づき仕様変更が必要となるため、そのコストは2~3倍上昇するとされている。

水素ステーションの設置にも補助金をばらまいてる

水素ステーション設置に関しても、補助金をばらまいています。

↓補助金上限額は、1基当たり1.2億円ですって・・・

平成28年度地域再エネ水素ステーション導入事業の3次公募について

補助対象となる再生可能エネルギー由来の水素ステーションの設置費用の3/4(補助金交付額の上限は1基当たり1.2億円(ただし、水素製造能力が1日あたり30立方メートル以上であり、かつ、構内で使用する産業用車両の水素供給設備に限り2億円))

まとめ

政府が大盤振る舞いで補助金をだしているのに、「水素自動車」も「水素ステーション」も増える見込みがありません。
そもそも経済産業省の「水素・燃料電池戦略ロードマップ」がダメダメなんだよね。

2025年に320ヶ所の水素ステーションができたら、水素自動車が普及していると思いますか?

わたくしは全く普及してるとは思えません。

2017年5月現在で、EVステーションは19,000ヶ所以上あります。1箇所あたりの設置コストも100万円程度だから、今後、「電気自動車」も「EVステーション」も爆発的に増えていくことが予測されます。

なんだか、「水素自動車」も「水素ステーション」も普及しないのは目に見えていますね。日本政府も自動車メーカーも、水素自動車を普及させることは諦めるべきなんだよね。

水素自動車について考えさせられる記事がありました。 トヨタ、国策推進役への期待-水素社会見据えた「ミライ」発表 経済産業省は...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!