軽自動車に白いナンバーが取り付けられるけど、ラッピング式なので数年後にはボロボロになるって知ってますか?

ラグビーナンバープレート

2017年4月3日から、軽自動車に白いナンバーが取り付けられることをご存知ですか?

2019年に開催されるラグビーワールドカップを記念して、「ラグビーナンバープレート」が発行されています。
ちなみに、今年の10月頃から東京オリンピックを記念した、「東京オリンピックナンバープレート」も発行される予定です。

「ラグビーナンバープレート」や「東京オリンピックナンバープレート」は、軽自動車でも白いナンバープレートが交付されるので人気の模様。街中に白いナンバーを付けた軽自動車が走っているのを、何度も見たことがありますからね。

実は、わたくしの軽自動車にも、白いナンバープレートを付けてみようと思っていたのす!

で、早速、詳細を確認するために陸運局に電話したところ、驚くべき事実が発覚しました。

「ラグビーナンバープレート」は、通常のナンバープレートとは異なり、ラッピング式のナンバープレートなので、耐久性がめちゃ低いんだってさ。この事実を知って、申し込むのを止めました。

だって陸運局の人、数年でラッピングシートがボロボロになって、再交付に7020円かかりますよって脅すんだもん・・

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

軽自動車に取り付けられる白いナンバーってどんなの?

軽自動車は税金が安いかったり、高速道路の料金が安かったりと、普通車と比べると車の維持費がかからないメリットがあります。その代わり、黄色ナンバーなんですよね・・・

軽自動車の黄色ナンバーが嫌という人は多いようです。実際、軽自動車に白いナンバーを付けたいというニーズはかなりあるようですからね。

今回登場した「ラグビーナンバープレート」は、軽自動車でも白いナンバープレートが交付されます。既存ナンバーからの交換もできるし、新規登録の際に交付を受けることも可能です。

金額は、管轄の陸運局によって異なります。東京は7000円、神奈川県は7020円。国土交通省に確認したところ、7000円〜9000円くらいの幅があるようです。

耐久性の低い「ラグビーナンバープレート」

「ラグビーナンバープレート」は、図柄入りナンバープレートともいわれていて、ラグビーの図柄が入ったナンバープレートです。
ラグビーの図柄だけラッピングシートにすればいいと思いますが、白いナンバー部分まで全部ラッピングシートになっているので耐久性が低いのです。詳しくは後述します。

「ラグビーナンバープレート」の交付はいつまで?

2019年(平成31年)11月までに申し込めば、ラグビーナンバープレートは交付されます。
東京オリンピックナンバープレートは、おそらく半年くらい長いと思います。

なんで軽自動車なのに白いナンバープレートがOKなのか?

軽自動車のナンバーが黄色なのは、「道路運送車両法施行規則」によって決まっています。

でも、なぜ「ラグビーナンバープレート」は白でOKなのか疑問ですよね?
この点については、国土交通省に電話して確認しました。

結論を先にいうと、2016年12月28日に「道路運送車両法施行規則」を改正したので、軽自動車でも白いナンバーを交付できるようになったとのことです。

ネットに情報がなかったので、国土交通省からFAXを送ってもらいました。「道路運送車両法施行規則」の改正前と改正後を見てみましょう。

改正前 

車両番号標の塗料は、事業用自動車にあつては黒字に黄文字とし、自家用自動車にあつては黄地に黒文字とすること。

改正後

車両番号標の塗料は、事業用自動車にあつては黒字に黄文字とし、自家用自動車にあつては黄地に黒文字とするほか、国土交通大臣の定めるところによる。

道路運送車両法施行規則

軽自動車のナンバーが白くなると、高速道路の料金はどうなるの?

ETC利用時も、そうでないときも、高速道路の料金は軽自動車のままですのでご安心ください。

なぜ、「ラグビーナンバープレート」の耐久性は低いのか?

なぜ、「ラグビーナンバープレート」の耐久性が低いのかというと、ラッピングシートをナンバープレートに貼っているからです。

既存のナンバープレートだったら、白い部分はアルミの上に塗料が塗装してあるんだけど、「ラグビーナンバープレート」の白い部分はラッピングシートだからね。

なので、引っ掻いたり、飛び石で傷がつきやすいのです。洗車の際のコンパウンドやブラシにも弱いようです。

図柄入りナンバープレート
また、ナンバープレートを交付される際、洗車機には入れないでくださいという注意書きがある模様。

「既存のナンバープレート」と「ラグビーナンバープレート」の製造工程の違い

軽自動車のナンバープレートを例に取ります。

「既存のナンバープレート」

  • アルミの板に黄色い塗料を塗る → ナンバー部分に凹凸をつける → 凹凸の部分に塗料を塗ると、ナンバーに色がつく

アルミ板にきちんと塗装しますので、飛び石や洗車機の傷にも強いのが特徴です。

「ラグビーナンバープレート」

  • アルミの板に図柄の入ったラッピングシートを焼き付ける → ナンバー部分に凹凸をつける → ラッピングシートの上から、凹凸の部分に塗料を塗って、ナンバーに色をつける

要するに、アルミ板にラッピングシートを焼き付けた上に、ナンバーの塗料を塗っているので、ラッピングシートがボロボロになると、ナンバーの塗料も落ちてくるということになります。

一応耐用年数は5年となっていますが、そこまで持たないんじゃないというのが、陸運局の人から聞いた話です。

白いナンバーに変更して、ボロボロになったら交換できるの?

「ラグビーナンバープレート」の交付が可能な、2019年(平成31年)11月までまでならば、再交付が可能です。費用は、神奈川県だったら7080円かかります。

それ以降になると、ラグビーナンバープレートの再交付はできません。

「東京オリンピックナンバープレート」は半年くらい交付期限が長いはずなので、その期間であれば、「東京オリンピックナンバープレート」に交換するという方法もあります。

あとは、黄色ナンバーへは4100円でいつでも交換が可能です。

まとめ

以上が、「ラグビーナンバープレート」に採用された「ラッピング式ナンバープレート」の耐久性が低い理由です。

経年劣化によってボロボロになってくると、ラッピングシートのカスも出てくるだろうし、地のシルバーも出てきます。

既存の普通自動車の白いナンバーと同じ製造方法で、軽自動車の白いナンバープレートも作ればいいのにね。で、ラグビーの図柄部分だけラッピングシートにすれば、耐久性も上がると思いませんか?

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
関連記事