Amazonで洋服を購入すると、30日以内なら試着しても返品OK!

Amazon Fashion

Amazonで洋服などのファッション系アイテムを購入する人が増えています。

だって、購入後30日以内なら、商品が届いてから試着しても返品できるんだもん。しかもお客様都合での返品が認められているんですよ。返送料は無料で。
まさにユーザーファーストのAmazonですよね。

Amazonが発送する商品の返品条件を見てみましょう。

服&ファッション小物、シューズ&バッグは試着後の返品が可能です。

試着した商品を返品した場合、配送料・手数料およびギフトラッピング料を除いた商品代金(税込)および国内返送料を返金します。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

洋服をネットで購入するリスク

洋服をネットで購入するのに抵抗がある方もいると思います。

洋服は実際に着てみないとサイズ感や着心地が分からないし、靴だって履いてみないとは履心地とかわからないですよね?

洋服や靴は、一度試着してから購入したいと思っている人も多いはず。

↓洋服をネットで購入する時のリスクは、

  • サイズが合わない
  • 色やイメージがネットで見るのと違う
  • 着心地が悪かった
  • 不良品が届く

このような洋服をネットで購入する時のリスクを、Amazonでは徹底的に無くす努力をしています。

Amazonなら洋服や靴が返品OK

Amazonで洋服や靴を購入した場合、一定の条件を満たせば、届いた商品を試着した後でも、気に入らなければ返品が可能です。

しかも、返送料はAmazonが負担するという太っ腹。

わたくしの周りには、Amaoznで洋服を購入している人が結構たくさんいます。先日友人に、なんでAmazonで洋服を購入するのか聞いたところ、気に入らなければ返品OKだから、届いた商品を試着して気に入らなければ、返品すればいいじゃんという話をしていました。

Amazon以外の他のネット通販を利用する場合、返品を受け付けてくれたとしても、往復の送料はこちらが負担するケースがほとんどですからね。

Amazonで洋服を返品できるケース

では、どんな場合に、洋服が返品できるのか見ていきましょう。

以下の条件を満たしていれば、洋服や靴を試着した後でも返品がOKです。

  • Amazon.co.jpが発送する商品で、返品無料と記載のある商品
  • 商品の到着後30日以内
  • 試着のみの利用

Amazon.co.jpが発送する商品で、返品無料と記載のある商品

マーケットプレイスの商品ではなく、Amazonが発送する商品でないと、基本的に返品無料になりません。

商品画面に「返品無料」を記載があるので、必ずチェックしてくださいね。

Amazon 返品無料

商品の到着後30日以内

商品到着後30日以内なら、全額返金されます。30日を経過すると、返金額が20%減額されるのでご注意ください。

商品が届いたらすぐに試着をしてください。

試着のみの利用

試着のみの利用じゃないと返品はできません。

なので、商品タグは取ってはダメです。また返品することも考えて、梱包は綺麗に開封して、商品が包んであったビニールなども取っておいてください。

Amazonで洋服を返品する際の注意点

Amazonで洋服を返品する際の注意点です。

  • 代引き手数料は返金されない
  • Amazonギフトでの返金になるケースもあり
  • ピアスは試着すると返品できない
  • 洋服の商品タグを切ると返品できない
  • ファッション福袋は、お客様都合による返品が不可

洋服の返品手順

Amazonで購入した洋服の返品は以下の手順で行います。

返品・交換の手続きをする

Amazon 返品

  1. 注文履歴から返品手続き
  2. 返品に必要な情報を用意
  3. 梱包して返送

返送料はAmazonが負担してくれますが、その際の運送会社は、ヤマト運輸ではなくて、ゆうパックになります。

10代女子はAmazonで洋服を買う模様

10代女子もAmazonで洋服を買うの知っていました?

プリキャンティーンズラボ調査の結果を見てみましょう。回答者の内訳は、中学生が6割、高校生が3割です。

10代女子がファッションの購入で利用したサイト1位は「Amazon」

支払い方法については、「コンビニ払い(38.5%)」、「クレジットカード(31.3%)」、「代金引換払い(24.9%)」の順となった。クレジットカードについては、別の問いでファッションアイテムを「親と一緒に選ぶことが多い(58.0%)」が最多となったことが関係していると調査元は分析している。

「ショッピングモール」と答えた回答者に、ファッションアイテムの購入で利用したことのあるサービス名を聞いたところ、「Amazon(71.9%)」、「楽天市場(61.8%)」が6割超となった。同じく利用したことのあるフリマアプリについては、「メルカリ」が95.4%となった。

調査結果では、親と一緒に洋服を選ぶために、支払い方法にクレジットカードが3割以上を占めるという分析をしています。
わたくしが中学生の頃は、親と一緒に洋服を選ぶとか考えられませんでしたが、最近の中学生は違うんですね。

あと、Amazonで購入すると、試着して気に入らなかった場合に、返品無料というのも、Amazonで洋服を購入する時の理由になっていることは間違いないです。

ユーザーファーストが徹底しているAmazon

Amazonはユーザーファーストが徹底しています。

気に入らなければ、返送料はAmazonの負担で返品を受け付けるなんて、ユーザーファーストの鏡です。
返品する際の手順もシンプルで非常に分かりやすいし、こういう点が楽天やYahooとの決定的な違いなんですよね。

今の中学生は、Amazonが提供するユーザーファーストがデフォルトになっています。
気に入らなくても返送料が無料で返品OKなんて、他社のネット通販業者が真似できることではないので、今後のネット通販はどんどんAmazonに寡占化されていくだろうね。

Amazonがドレスシャツに特化したPBをはじめました。 アマゾン、メンズのドレスシャツに特化したPBをスタート アマゾンが...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
スポンサーリンク