今後、MVNOが大ブレイクする方法を考えてみた!

Amazonビッグセール「サイバーマンデー」本日18時からスタート!

お正月に、MVNOが割安感があってコスパが高いというエントリーを書きました。

大手キャリアが5Gに移行したら状況は変わりますが、少なくとも4GやLTEの間は、MVNOのお得感は続くはずです。

2016年はMVNOが、かなり普及した年でしたね。 2016年にMVNOが普及した理由の1つは、docomo・au・ソフトバン...

でも、MVNOは参入障壁が低いから、参入している会社の数がハンパない。

2016年の時点で、MVNO事業者は500社を超えています。IIJmio、OCNモバイル、LINEモバイル、楽天モバイル、FREETELなどの大手MVNO事業者の数なんて、多くて20社以下なので、ほとんどのMVNO事業者は聞いたことがない会社ばかりということになりますね。

となると、今度、MVNOの寡占化が進むはず。体力のある大手MVNOがどんどん買収していくことになるでしょう。

今日のエントリーでは、大手MVNOはどんな戦略を取れば、MVNOが大ブレイクするのか考えていきます。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

MVNOのユーザー数の推移

まずはMVNOのユーザー数の推移を見ていきましょう。

MM総研が発表した2016年3月末の実績です。

国内MVNO市場規模の推移(2016年3月末)

MVNO 回線契約数

独立系MVNO事業者がSIMカードを活用し、独自の料金プランで提供する独自サービス型SIMの回線契約数は、2016年3月末で539.4万回線となった。2015年3月末時点では326.0万回線だったので、1年間で回線数は65.5%増加した。

MVNOの事業者別のシェア

MVNOのユーザー数の推移と同様、MM総研のデータを見てみます。

MVNO シェア

2016年3月末時点の事業者シェアを見ると、1位はOCNモバイルONE等を提供するNTTコミュニケーションズ。次いで、IIJmio SIM・BIC SIM等を提供するインターネットイニシアティブ、楽天モバイルを提供する楽天、U-mobileブランド等を提供するU-NEXT、BIGLOBE SIM等を提供するビッグローブ、mineoを提供するケイ・オプティコムとなる。なお、個人向けサービスだけに限定した場合、インターネットイニシアティブのシェアが1位となる。

この数字は、MVNOの事業者別の契約数を元にシェアを出しています。ネットリテラシーが高い層は、通信速度の安定している「IIJmio」を選ぶ傾向がありますね。

ユーザーのMVNO事業者の人気ランキング

今度は、ICT総研が発表した、ユーザーの満足度調査を見ていきます。
この数字はMVNOを使っているユーザー613人からの回答を元にデータを出しています。

2016年 MVNO格安SIMの市場動向調査

MVNO アンケート

スマートフォンに格安SIMを挿して利用するユーザーの回答を集計した結果、楽天モバイルが17.0%となり、出現率ベースで利用者数シェアトップとなった。NTTコミュニケーションズの「OCNモバイルONE」が16.5%、インターネットイニシアティブの「IIJ mio」が12.4%、ビッグローブの「BIGLOBE SIM」が9.5%、ケイ・オプティコム(関西電力子会社)の「mineo」(マイネオ)が9.1%でこれに続く。この上位5社で合計64.4%と、シェアの2/3近くを占めた。

また、「コストパフォーマンスの高さ」は楽天モバイルがトップ、「最適な料金プランの有無」はFREETEL SIMがトップ、「事業者への信頼度」はIIJmioがトップという調査結果でした。

MVNOユーザーを増やすための方法は?

スマホの設定が自分でできる層がMVNOへ移行するのは簡単ですよね?すでに、ネットリテラシーの高い層は、MVNOへ移行している人が多いです。

今以上にMVNOユーザー数を増やすためには、自分でスマホの設定ができない層を取り込む必要があります。ネットリテラシーの低い層の人数の方が、圧倒的に大多数ですからね。

MM総研のデータでは、「NTTコミュニケーションズ」がトップシェアでしたよね?
それに対して、ICT総研が集計した利用者のアンケートでは、「楽天モバイル」のコストパフォーマンスが最も高いという結果になりました。

スマホの設定などが自分でできないユーザーにとっては、「楽天モバイル」のように店舗でのサポートを行っているMVNOを好むということなんでしょうね。

ネットリテラシーの低い層は店舗でのサポートが必須

MVNOユーザー数を増やすには、スマホの設定などのサポートを実店舗で行っていく必要があります。

要するに、大手キャリアのように、店舗でのサポートを行っていかないと、今以上にMVNOのユーザー数は増えないのです。

なので、MVNO各社は、MVNOのシェアを取りたかったら、実店舗を構築するのが手っ取り早いということになります。

MVNOはSIMフリースマホを利用するユーザーが多い

大手キャリアからMVNOに乗り換える場合、今まで使っている端末をそのまま使うか、新たにSIMフリースマホを購入するかどちらかになりますよね?

SIMフリースマホは2〜3万円で購入できるので、今後、SIMフリースマホの販売台数は上がっていくだろうね。

上期の携帯出荷数は過去最低、SIMフリースマホが1.8倍に

MM総研は、2016年度上期(2016年4月~9月)の国内携帯電話出荷台数の調査結果を発表した。出荷台数は過去最低の1518.8万台(前年同期比10.9%減)となった。

タイプ別では、スマートフォンが1216.8万台(前年同期比8.4%減)、フィーチャーフォンが302万台(同19.7%減)だった。スマートフォンでは大手キャリア向けが1097万台(同13.1%減)と減少する一方で、SIMロックフリーのスマートフォンが前年同期比で79.1%増となる119.8万台となった

店舗を増やしたMVNOが生き残る

現状、MVNO各社は、SIMフリースマホとセットで、回線を売っています。なんだかキャリアと同じビジネスになってきた感じがします。

今後、どんなMVNOが生き残るのかといえば、店舗を増やしたところになるだろうね。

増やした店舗で販売とサポートを行うのです。

MVNOの移行でネックなのは?

MVNOの移行でネックなのは何かというと、

  • キャリアのメールアドレス
  • スマホの設定

高齢者の場合、周りの友人達との連絡が、大手キャリアのメールアドレスでやり取りしているという方も多いからね。

この2つのサポートをしっかりと行えば、高齢者もMVNOへの移行が進みます。

LINEモバイルは「キャリアメールをLINEに移行するキャンペーン」を打つべし

LINEモバイルは「キャリアメールをLINEに移行するキャンペーン」を打てば、トップシェアを狙えます。

LINEモバイルは都心部だけでなく、地方にも店舗を展開すればいいのです。

店舗では、「販売」「スマホの設定」「LINEの使い方」を行います。

高齢者で周りがみんなLINEだったりするなら、MVNOで何の問題もないですからね。高齢者にとって、周りの友人が、みんなLINEで、しかも自宅の近所サポートしてくれるんだったら、大手キャリアの必要ないもんね。

今後の、LINEモバイルの展開が気になります!

2016年9月5日14時からLINEモバイルがスタートしました。 LINEモバイルのサイトから申し込みが可能です。 20...
iPhone7の登場に合わせて、ソフトバンクとauがデータ通信20GBのプランを出しました。 毎月20GBも使う人いるの? 8月...
スマホの通信費は毎月どのくらい払っていますか? キャリアで契約する場合、毎月6000円〜8000円の出費になることが多いですよね? ...
Amazon、年に1度の大セール「サイバーマンデー」本日18時からスタート!
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
スポンサーリンク