Amazonプライム・ビデオの作品数は、なんと8000タイトル超え!

2015年9月にAmazonプライム・ビデオの動画見放題サービスが始まってから、作品数がどのくらい増えたかご存知ですか?

その数なんと8716本。午前中は8590本だったので、時間単位で増え続けています。今までは作品数が少ないと揶揄されていましたが、他のサービスに負けず劣らず作品数が増えています。

2015年は動画のサブスクリプション元年と言われていて、Amazonプライム・ビデオ以外にも、Netflix、Huluなどのサービスも始まっています。

Huluが意外に伸びてたのには驚きました。

Huluの’16年3月末有料会員は130万人。営業損失21億

でも今後、NetflixやHuluには厳しい状況が待っているはず。だってNetflixの月額料金は702円、1026円、1566円と3種類。Huluは月額1007円です。NetflixやHuluのウェブサイトには、税抜きでの金額が表示していますが、Amazonと比較するため、税込の金額を書きました。

これに対してAmazonプライム会員は年間3900円ということで、月額325円と激安です。

年間3900円払ってプライム会員になれば、プライム・ビデオの動画見放題だけでなく以下のサービスも受けられますからね。

  • 配送特典
  • Kindleオーナーライブラリー
  • プライム・ビデオ
  • プライム・フォト
  • Prime Music
  • 会員限定先行タイムセール
  • Amazonパントリー
  • Amazon定期おトク便 おまとめ割引

今日は、増え続けているプライム・ビデオの作品数についてのエントリーです。

プライム・ビデオの作品数

現在の日本Amazonのプライム会員の年会費は、米Amazonや他の国と比べて、めちゃお得感満載の料金設定ですから、今のうちにガンガン使っておきましょう。絶対に値上げしますって。

早速プライム・ビデオの作品数を見ていきましょう。

サービス開始直後の9/24の作品数は約1100本でした。その後の作品数の増加は下記のような推移となっています。10ヶ月で8倍強に作品数が増えていますね。

  • 9/24 約1100本 → 11/8 約1296本 → 12/7 約2195本 → 2016/7/15 8716本

プライム・ビデオ 作品数

内訳を見ると、

  • 外国映画 (1048)
  • 日本映画 (732)
  • アニメ (404)
  • キッズ・ファミリー (1499)
  • ミュージック (464)
  • テレビドラマ (445)
  • ドキュメンタリー (1802)
  • お笑い・バラエティ (75)
  • ステージ (195)
  • ホビー・実用 (1166)
  • スポーツ・フィットネス (247)
  • アイドル (1)
  • エロス (49)

では、どんな作品があるのか見ていきましょう。

外国映画

1048本あり。

日本映画

732本あり。

アニメ

404本あり。

キッズ・ファミリー

1499本あり。「アニメ」と映画の作品が一部かぶります。

ミュージック

464本あり。

テレビドラマ

445本あり。

ドキュメンタリー

1802本あり。

お笑い・バラエティ

75本あり。

今後のプライム・ビデオ

IT企業のプラットフォームの行動パターンはだいたい決まっています。

  1. 赤字を覚悟でユーザーのシェアを取りにいく
  2. 競合を徹底的に潰す
  3. 競合を潰したところで、値上げをしていく

これはAmazonだけでなく、Apple、Google全てのIT企業に共通した文化です。BtoCだけでなく、BtoBも同様で、日本を見た場合も、楽天やリクルートの鵜飼ビジネスモデルってこんな感じでしょ?

ECサイトで集客したいなら、オリジナルドメインとってサイト構築すべし
eコマースの市場は通販需要の高まりとともに急成長しています。特に、BtoCのEC市場の規模は顕著です。 経済産業省が「平成26 年度我が国...

このように一人勝ちしていくというパターンなのです。

今のAmazonプライム・ビデオは「2. 競合を徹底的に潰す」のフェーズです。Netflix、Huluを潰した後、必ずユーザーへの値上げが待っています。

実は、すでにその徴候はあるのです。

米AmazonのPrime Videoの月額プラン

2016年4月17日より、米Amazonでは、非プライム会員向けにPrime Videoの月額プランを発表しました。月額8.99ドルなので年間107.88ドルになります。

米Amazonのプライム会員は、日本Amazonのおよそ3倍のコストがかかります。年額払い99ドルと月額払い10.99ドル(年額にすると131.88ドル)が用意されています。

月額プラン登場!今後のAmazonプライムどうなる?
米Amazonで新しい動きがありました。いよいよ競合つぶしが始まります。 年会費制オンリーだった「Amazonプライム」が月額プランも...

このことから、日本Amazonでもプライム会員のシェアが増えたタイミングで、値上げをしてくることは間違いないです。以下の2パターンが考えられます。

  • プライム会員の会費の値上げ
  • 非プライム会員向けに、プライム・ビデオのみのプランの登場

販促ツールとしての「Fireタブレット」

日本でプライム・ビデオが始まったのは2015年9月です。

この時にAmazonは、Fire TV Stickを980円でばら撒いてプライム会員の獲得に力を入れました。すでにプライム会員だった人には1980円で発売しました。

その後、Fireタブレットをプライム会員に4980円で発売します。スペックは低いですが、「プライム・ビデオ」と「読書」の用途に絞って使うなら、十分快適に使えます。

わたくしもAmazonの販促にすっかりはまってしまって、両方購入しました・・

これから購入する人にオススメなのは、Fireタブレットよりも「Fire HD 6タブレット 8GB」。CPUのスペックも高いし、6インチなので片手で持てるのが使いやすいですよ。
ベッドで寝っ転がって使うと、Fireタブレットは7インチなので片手だと滑って落ちるんですよね・・

今ならセールやってるので、「Fire HD 6タブレット 8GB」は7670円で購入できます。

Fire HD 6タブレット

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!