【フリーランス必見】Amazonの支払い方法は、仕事とプライベートでクレジットカードをそれぞれ登録すると、経理がめちゃ楽になる件!

Amazon

今日のエントリーはフリーランスの方は必見です。

Amazonの支払い方法は、仕事とプライベートでクレジットカードをそれぞれ登録すると、経理がめちゃ楽になる件についてお話します。

1つのAmazonアカウントを仕事とプライベートで利用する場合、支払い方法はそれぞれ分けておくことをオススメします。

特にプライム会員に入っていると、Amazonパントリーで日用品が購入できるし、Amazonファミリーも利用できるので便利ですよね。
でもね、仕事で使う商品とプライベートで使う商品を、1つのクレジットカードで決済していると、経理が面倒くさい。

僕は、Amazonでの購入は、仕事用とプライベート用に、それぞれ別のクレジットカードを登録しています。購入する商品によって、クレジットカードを使い分けているのです。例えばAという商品は仕事で使うので仕事用のクレジットカードで決済し、Bという商品はプライベートで使うのでプライベート用のクレジットカードで決済しています。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

仕事とプライベートでAmazonの支払い方法を別のクレジットカードにするメリット

まずはメリットをお伝えします。

  • 仕事とプライベートでクレジットカードを分けると、経理が楽
  • 税務署の調査が入っても、仕事とプライベートで決済するクレジットカードが異なれば、突っ込まれる心配がなくなる

仕事とプライベートでクレジットカードを分けると、経理が楽

弥生会計などのアプリケーションを使っていても、クラウド会計を使っていても、仕事とプライベートでクレジットカードを分けることで経理の工数は減ります。

注意点として、それぞれのクレジットカードが引き落とされる口座も仕事用の銀行口座と、個人用の銀行口座に分ける必要があります。

僕はMFクラウド会計でクレジットカードの購入履歴を自動取得しているので、仕事用とプライベート用でクレジットカードを分けたことで、経理の工数が圧倒的に減りました。

税務署の調査が入っても、仕事とプライベートで決済するクレジットカードが異なれば、突っ込まれる心配がなくなる

税務署の調査が入っても、仕事とプライベートで決済するクレジットカードを分けていると、突っ込まれる心配はなくなります。とはいえ、経費で落とせないものを、仕事用のクレジットカードで決済している場合は別ですがw

仕事とプライベートでAmazonの支払い方法を別のクレジットカードにするデメリット

デメリットもお伝えします。

1つのAmazonアカウント内で、クレジットカード別に購入履歴が見れない

1つのAmazonアカウント内で、クレジットカード別に購入履歴が見れないデメリットがあります。どちらのカードで払ったのかを確認するのは、1件1件購入履歴を確認しなければなりません。

これはAmazonの仕様なので、今の時点ではしょうがないです。Amazonアカウント内で、クレジットカード別に購入履歴が見れると、便利なんだけどね。

クレジットカード別に購入履歴を見る方法は?

どうしても、クレジットカード別に購入履歴を見たければ、もう1つAmazonアカウントを作成して、仕事用とプライベート用でAmazonアカウントを分ければOKです。でも、もう1つアカウントを管理するのは面倒なので僕はやっていません。

仕事とプライベートでAmazonの支払い方法を別のクレジットカードにする方法

お待たせしました。仕事とプライベートでAmazonの支払い方法を別のクレジットカードにする方法を紹介します。

次の手順で、もう1枚のクレジットカードをAmazonアカウントに登録します。

  1. 「お支払いオプションを管理」へアクセス
  2. 「カードを追加」をクリック
  3. カード名義人、カード番号、有効期限を入力して「クレジットカードを追加」をクリック

1. 「お支払いオプションを管理」へアクセス

お支払いオプションを管理」へアクセスします。

2. 「カードを追加」をクリック

「カードを追加」をクリックします。

「カードを追加」をクリック

3. カード名義人、カード番号、有効期限を入力して「クレジットカードを追加」をクリック

新しいクレジットカードのカード名義人、カード番号、有効期限を入力して「クレジットカードを追加」をクリックします。

カード名義人、カード番号、有効期限を入力して「クレジットカードを追加」をクリック

これで新しいクレジットカードの登録は完了です。

購入する商品に応じて仕事とプライベートで、クレジットカードを使い分ける

新しいクレジットカードが登録できたら、購入する商品に応じて仕事とプライベートで、クレジットカードを使い分けることができるようになります。

クレジットカードは不要になればいつでも削除することが可能

クレジットカードは不要になればいつでも削除が可能です。

Amazonアカウントにクレジットカードの登録が1つもない状態にすることも可能です。
普通に考えれば当たり前のことなんだけど、Yahoo!ウォレットは1度クレジットカードを登録すると、クレジットカードの登録を1つもない状態にすることはできませんからね。何か担保を預けているようで、いつも嫌な気分になります。

ちなみに、Yahoo!ウォレットで、クレジットカードの登録を1つもない状態にすることは可能です。どうするのかというと、一度登録したクレジットカードの有効期限が切れたら、そのままにしておけばいいのです。何も決済する予定がないのであれば、この方法を使えば、有効なクレジットカードをYahoo!ウォレットに登録することから回避できます。

さいごに

以上、Amazonの支払い方法に別のクレジットカードを登録する方法でした。

Amazonで購入する際、仕事とプライベートで決済するクレジットカードを分けると、経理がめちゃ楽になるのでオススメです!フリーランスの方はぜひ。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク