Audible でオーディオブックの聴き放題を試してみた!

Audible

Amazonプライム会員の皆さまに朗報です。

Amazonプライム会員・Amazonファミリー会員・Amazon Student会員の方が、はじめてAudible 3か月の無料体験に申し込み、オーディオブックを1秒でも聴くと、Amazonポイント500円を貰えるキャンペーンが開催されています。

Amazonプライム会員なら、期間中、はじめてAudible3か月無料体験を申し込み、1秒でも聴くと、Amazonポイント500円分をプレゼント。

キャンペーン参加方法:
以下の4ステップで、Amazonポイント500円分プレゼント。
(1) Audibleの3か月無料体験を申し込む
(2) Audibleのアプリをダウンロード(iPhone/Android)
(3) アプリで、お好きなコンテンツをライブラリーに追加。
(4) コンテンツをダウンロード、そして再生。

オーディオブックとは

ナレーターが朗読することによって、書籍を音声コンテンツの形式にした電子ブックのことを指します。昔はCDで発売されていましたが、今はインターネットで配信されるようになりました。

様々なジャンルのオーディオブックがあるので、利用したことのない方は、是非今回の無料キャンペーンで Audible を試してください。プライム会員なら3ヶ月無料で試せますからね。ちなみに、プライム会員でない方も1ヶ月間の無料体験ができます。

Audible とは?

2015年7月に日本に上陸したオーディオブックのサブスクリプション サービスです。

本社はアメリカにあり、イギリス・ドイツ・フランス・オーストラリア・日本の6カ国でサービスを展開しています。Amazon傘下の会社です。

毎月1,500円でオーディオブックが聴き放題になります。スマホにダウンロードしておけばオフラインでも利用できます。通勤の電車や、散歩中にはもってこいです。

ついにAmazonも!!! コモディティー化した定額聴き放題サービス
すっかりコモディティー化してしまった定額制音楽配信サービスに続き、オーディオブックの定額聴き放題サービスという新しいサービスをAmazon傘...

今のところ、特にビジネス書の利用が多く、男性ビジネスマンの利用者が多いです。Amazon傘下ということもあって、Amazonと一体でサービス展開をしています。

Audibleの歴史

  • 1995年 ドナルド・カッツ氏が設立。
  • 1997年 モバイルプレーヤーを発売。
  • 2008年 AudibleはAmazonの一員になります。
  • 2015年 日本でサブスクリプションのサービスを開始。

Audible のラインナップ

ジャンルも幅広く揃っていますが、日本ではタイトルが少ないです。2016年5月28日現在のタイトル数は8817件です。

2015年3月時点で、世界では21万5千以上のタイトルが配信されていますので、日本の市場はまだまだこれからといったところです。

  • 文学・評論 (1,296)
  • 人文・思想 (157)
  • 社会・政治 (40)
  • ノンフィクション (1,208)
  • 歴史・地理 (123)
  • ビジネス・経済 (503)
  • 科学・テクノロジー (325)
  • 医学・薬学・看護学・歯科学 (3)
  • アート・建築・デザイン (7)
  • 趣味・実用 (1,196)
  • 資格・検定・就職 (31)
  • 暮らし・健康・子育て (268)
  • 旅行ガイド・マップ (109)
  • 語学・辞事典・年鑑 (514)
  • 教育・学参・受験 (8)
  • 絵本・児童書 (655)
  • コミック・ラノベ・BL (412)
  • エンターテイメント (1,705)
  • アダルト (257)

Audible の使い勝手は?

スマホのアプリはサクサク動くので、使い勝手は悪くないです。

再生速度が変更できるのがいいです(0.75倍、1倍、1.25倍、1.5倍、2倍、2.5倍、3倍)。
わたくしには1.5倍が調度良い速度。2倍でも聞き取れますが、ちょっと早いかなという感じ。3倍は早すぎると思います。

あと、気に入った場所をブックマークできる点もすごくいいですね。あとで聞き返したりできますから。

Audible のメリット

  • 月額1500円のサブスクリプションなので、様々なジャンルのオーディオブックを聴けます。
  • 端末にダウンロードするので、オフラインでも聴けるのが便利です。
  • プロのナレーターの朗読なので、話に引き込まれていく感があります。
  • スマホを使うので、スキマ時間に利用できます。

Audibleのデメリット

  • 実際に本を読むのと比べて、1冊読み終えるのに時間がかかります。堀江貴文氏の「君はどこにでも行ける」を例に取ると、1倍速で4時間45分かかりますからね・・・

君はどこにでも行ける

要約版を利用

15分前後の要約版が出ている書籍もあるので、時間のない方は活用してください。

今後のオーディオブック

オーディオブックの普及によって、視覚障害者の読書が増えていくはずです。

オーディオブックの日本の市場は50億円。アメリカでは1600億円の市場規模なので、日本でも広がっていくと思います。

海外では書籍市場の約10%がオーディオブックが占めます。米国では10万タイトルを超えていますからね。それに対して日本はまだ8817タイトルなので、今後の展開に期待しましょう。

カスタマーサービスでは、本のリクエストも受け付けていますよ。メールでリクエストします。

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!