動画配信サービスを比較してみた!!!

10月28日に到着したFire TV Stickは毎日稼働しております!

Apple TVもChromecastも全く使わなくなったぞ。

ところが30分ほど使っていると、めちゃめちゃ高温になってくるのです。手で触れないくらいの高温です。家電製品が熱を持った時の独特の匂いもします。で、そのまま使っているとフリーズ。Twitterでも同様の不具合を見たので、わたしだけではなさそうです。

Fire TV Stickを再起動

Amazonサポートへ連絡しました。24時間対応で電話サポートがあるのが素晴らしい。

チャットでもOKです。サポートの方いわく、

再起動して治らないようなら無償交換

ということでした。

Fire TV Stick リモコン

リモコン「選択」と「再生」ボタンを同時長押し。シャットダウンして再起動します。

Fire TV Stickは、OSがAndroidなので、スマホ同様に再起動でトラブルが改善することもあるようです。

Fire TV Stick

Fire TV Stickの新品交換

再起動後、数時間経って電源を入れたところ、再び触れないほどの熱を持ち始めたので、交換という流れになりました。

初期ロットだから不具合があったのかな・・

Amazon製品、新品交換の手順

Fire TV Stickに限らず、Amazon製品は初期不良があればすぐに交換してくれます。送料などの費用はすべてAmazon持ちです。

  1. Amazonから同じ製品が送られてきます。今回、Fire TV Stickは人気商品のため、到着までに約1週間かかりました。
  2. 交換品で動作がOKなら、不具合のあった製品を着払いで返送します。

30日以内に返送しないと、登録のアカウントに課金されますのでご注意を。

本日、交換品が到着したので早めに返送します。

ここからが本題。各社揃った動画配信サービスを比較します。

「プライム・ビデオ」

9/24時点の本数、約1100本でした。

  • 日本映画 471件
  • 日本のTVドラマ 101件
  • アニメTV 143件
  • 外国映画 321件
  • アメリカのTVドラマ 69件
  • Amazonオリジナルと限定配信TV番組 15件

11/8時点の本数、1296本なので、少し増えています。

Amazonの戦略

期間限定でしたが「Fire TV Stick」を980円で、「Fire」タブレットを4980円でプライム会員に販売するなど、破竹の勢いで猛攻しております。

ハードは損益分岐点ギリギリで提供し、コンテンツやプライム会員の会費で利益を出す戦略です。

古い映画やドラマは「アマゾン・ビデオ」無料で提供して、新作映画は「Amazonビデオ」で有料レンタルということでしょう。

わかりにくいので簡単に説明します。

  • 「プライム・ビデオ」・・・プライム会員なら無料で見放題
  • 「Amazonビデオ」・・・プライム会員も有料(レンタルや購入ができる)

Netflix とHuluとの比較

Amazonプライム会員に入れば「プライム・ビデオ」は1296本が見放題になります。たったの毎月325円。

他社と比較するとどうなのでしょうか?

Netflix

世界最大級の動画配信サービスという売り込みですが、10/31現在、日本では約1301本。「プライム・ビデオ」とあまり変わりませんね。正直加入するメリットは全く感じられない。

  • 国内映画 275
  • 外国映画 643
  • 日本のTVドラマ 127
  • 海外TVドラマ 149
  • アニメ 107

Netflix 配信作品 全ラインナップ 情報

料金

  • ベーシック 月額650円(税別)
  • スタンダード 月額950円(税別)
  • プレミアム 月額1450円(税別)

Netflixの戦略

ソフトバンクと提携しています。

  • オフラインでは、Softbankショップなどでスマホの端末割引とのセット販売。
  • オンラインでは、Androi端末にプリインストール。

これって、docomoがdTVで使ったリテラシー低い人へのオプションサービスの解約忘れを狙った勧誘商法になりそうで怖いです・・

dTVはアクティブユーザー率20%ないらしい。

Hulu

キャッチコピーに1万本以上の映画とドラマとあるので、Netflixや「プライム・ビデオ」の約10倍です。

本数は多いのですが、古いものも多いため、値段を下げないとユーザー数は増えないでしょう。

料金

  • 月額933円(税別)

Huluの戦略

日本テレビの資本が入っています。日テレ系列のオンデマンド作品、お笑い、アニメなどのコンテンツに力を入れています。

洋画や海外ドラマは、Netflixよりも新しい作品が配信されています。

Amazonの販促キャンペーン

2015年はサブスクリプション元年と言われています。

今年の8月末に、Netflixが日本市場への参入を決めてから、動画のサブスクリプションの普及に拍車がかかっています。

先月、YouTubeのプラットフォームを持っているGoogleも「YouTube Red」というサービスを出しました。

お得なサブスクリプションはどれ?「YouTube Red」が始まる!!
YouTubeが動画のサブスクリプションのサービスを始めました。 月額9.99ドルで広告無しのサービスを始めます。今月28日にアメリカ...

今後、Appleが動画のサブスクリプションへのサービス展開を開始することも考えられます。

となるとAmazon・Google・Appleの3大プラットフォームが参入することになるので、Netflix・Huluは厳しくなりそうですね。だって動画コンテンツしか持ってませんからね。

Fire TV stick

11月6日〜15日までお試しキャンペーンをやっています。

【Fire TV stick】30日間全額返金キャンペーン

今なら、30日間 Fire TV stick(スタンダードリモコン付属タイプ) を気軽にお試しいただける、30日間全額返金キャンペーンを実施中。Fire TV stickは、お手持ちのテレビのHDMI端子に挿すだけでAmazonビデオ、Netflix、Hulu、YouTubeなど、豊富な映画やビデオを大画面で楽しめる最新デバイスです。さらに、プライム会員なら、プライム・ビデオが追加費用なしで見放題。万一お気に入りいただけなかった場合、30日以内に返品していただければ、返送料を含めて全額返金いたします。この機会に是非ご購入いただき、実際に手に取ってお試しください。

Fireタブレット

プライム会員なら4980円です。

在庫は全く無い状況で入荷は12月6日となっているので、注文は殺到している模様。

しばらくAmazonの攻める姿勢が続きそうです!

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!