「Xiaomi Mi 4i」はアプリ毎のパーミッション設定が可能!

かなり気に入りました!!

週末はXiaomi Mi 4iを使い倒した結果、動作について期待通りということが判明!

動きはサクサクだし、設定画面もわかりやすい。非常に満足度の高い商品です。これで23000円は安すぎる。iPhone6s 16GBが93744円なので1台購入する価格で、4台ゲットできます。

SIMカードは、mineoのキャンペーンに申し込んでいたので、9ヶ月間基本料金0円を使います。IIJmioに比べたら反応が遅いんだけど、しばらくこのSIMで運用しよう。

ドコモ回線プラン スタート記念キャンペーン

薄くて軽いは最高!

iPhone6とほぼ同じ大きさ&サイズです。

Priori2だと、スクロールが引っ掛かったFacebookアプリも快適にサクサク!ソニー製1300万画素で撮影する写真もすごく綺麗。

唯一の不満は、Facebookで表示される漢字が中華フォントになるということ。これはアプリだけでなく、Chromeでも同じだった。なんでだろう?Chromeで中華フォントになるのはFacebookだけ。すごく不思議です。

スペックを見てみます。

Xiaomi Mi 4i

CPU

64-bit Qualcomm Snapdragon 615 octa-core processor(8コア 1.7GHz)

メモリ

2GB

容量

16GB

液晶

5インチフルHD(1980×1080)

サイズ

138.1 x 69.6 x 7.8 mm

重量

130 g

カメラ

1300万画素

4G LTE

デュアルSIM

MIUI 7.0 の使い勝手は良い

XiaomiのOSは、MIUIというAndroidをカスタマイズした独自のOSを積んでいます。これがiOSそっくり。

標準Androidのようなアプリドロワーではなく、iOSのように全アプリがホーム画面に並びます。アプリ同士を重ねればフォルダーも作れる。

Xiaomiのアプリのパーミッションの設定

今回一番気に入ったポイント!

アプリのパーミッションの設定です。ここが標準Androidとの一番大きな違いなのです。

Securityアプリ内に、Permissionsという項目があって、ここでパーミッションの設定を細かく調整できるのです。まさにiOSと同じ機能が搭載されています。インストールしたアプリが、連絡先・カメラなどへ勝手にアクセスすることを防げます。

MIUIパーミッション設定

設定→Installed apps→ Downloaded→ 任意のアプリ→Permission manager

上記からも、Permission manager でプライバシー設定を個別にコントロールできます。

MIUIパーミッション設定

  • Accept 許可
  • Notify 確認
  • Deny 拒否

Androidでの不満

Androidでアプリをインストールする際、連絡先・カメラ・位置情報などへのアクセスはユーザーが「許可」か「拒否」しか選択できません。拒否すればアプリはインストールできないので、使いたいアプリがあれば、スマホのプライバシーは丸裸にされてしまいました。

Priori2を使っていて、プライバシーコントロールが自由に設定できない点が、Androidを好きになれない理由の一つでした。

パーミッションの設定は、早く普通のAndroidに実装して欲しいですよね。

MiCloud

iCloudのパクリです。

MiCloudは、iCloudのようにブラウザからログインして、Contact・Messaging・Gallery・Notes・Call logs・Wi-Fi setting・Locate your phone・Back up your apps へアクセスできます。

Mi Cloud

PC版デスクトップクライアントもあるので、インストールすれば「PC」と「Mi 4i」の間で写真などの同期が簡単にできます。

ググっても全然情報がないので、人柱覚悟でアカウント作成しました 笑

中国の会社なので、スマホの全情報を持って行かれそうで怖いです。

で、アカウント作成したのですが、MiCloudからの確認メールのActivateリンクをクリックしても

This link is invalid

と表示され進めませんでした・・

日本からのIPアドレスなので弾かれてるのかもしれません。

iPhone6と写真を共有

Googleフォトで共有します。「元のサイズ」で同期する設定にしているので、iPhoneやMacからもアクセスできます。

GoogleフォトはOSを問わず使えるので、複数のデバイスを使っている方には便利でオススメです。

Macユーザはどっち?「iCloudフォトライブラリ」と「Googleフォト」
Macユーザーの悩みを解決します。 「iCloudフォトライブラリ」と「Googleフォト」でどちらを使おうかと悩んでいる方も多いと思...

Xiaomi独自のエコシステム

中国はグレートファイアーウォールがあるので、Googleのサービスは利用できません。なので中国国内にはGoogleプレイは存在せず、中国国内にはサードパーティーのアプリストアが乱立しています。

「楽天アプリ市場」がスタート!!!中国のアプリストアランキングと比べてみた!
楽天がAndroid向けのアプリストア「楽天アプリ市場」のサービスを開始しました。特に目新しい技術はないのですが、「楽天スーパーポイント」が...

中国本土で購入できる「Mi 4」というモデルがあるのですが、こちらは、Googleプレイは入っていません。Googleのサービスやアプリを使用する場合は、「Google Installer」というアプリをMi MarketからダウンロードしてYouTube・googleマップなどをインストールして使うのです。かなりグレーな感じはしますけど・・

Mi 4iはシンガポール・マレーシア・インド・香港で発売されています。中国版と異なりグローバル版なので、Gooleプレイは最初からインストールされています。Googleのアプリはここからインストール可能です。

2段階認証でガードする

Xiaomiって中国製だし、OSも独自にカスタマイズしたMIUIだし、システム言語も英語なのでアプリをインストールする際は、かなり疑心暗鬼です。

でも、アプリのプライバシー設定を任意に変更できるところは本当に優れています。

Googleで出しているNexusにはこの機能付けるべき!

今のところログインして使うアプリは、Facebook・Twitterなど2段階認証できるもの以外は入れてません。

Xiaomiは日本で売れるか?

Xiaomi Mi 4iを使うと、わざわざ高価なiPhoneじゃなくてもいいかもと思えるほど高スペックです。

OSの日本語化、個人情報を抜くバックドアなどがないことを明言。これらをうまくPRできれば間違いなく売れます!とはいえ、これだけiOSをパクってるとなるとAppleが黙っているとは思えませんが・・

日本はiPhoneユーザーの割合が高いので、MIUIがiOSと似ていることや、アプリのプライバシーコントロールが自由にできる点など、iOSとの親和性も高いのです。

「iPhone6s」1台で、「Xiaomi Mi 4i」が4台買えるんですよ!

日本のメーカーのFreetelから、2万円台でAndroidをチューニングしたモデルが出ることを期待します!

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!