Fireタブレットに16GBモデル!プライム会員なら6980円と激安

本日4月1日より、AmazonからFireタブレットの16GBモデルの発売が開始されます。

通常10980円ですが、プライム会員なら6980円です。

Fire タブレット 16GB

Fireタブレット の使い方

元々スペックは高くないので、用途を絞って使うことをオススメします。

  • 電子書籍リーダーとして
  • プライムビデオを見る端末として

OSは、AndroidをカスタマイズしたFire OSという独自のものです。なので、アプリはAmazonアプリストアからしかダウンロードできません。アプリの数が圧倒的に少ないんですよね。

root権限なしにGoogle Playをインストールすることは比較的簡単ですが、この端末であれもこれもやることはオススメしません。

わたくしも一度試してみましたが、動作がめっちゃもっさりしてきましたからね。→ 初期化しました・・

Fireタブレット 16GB

今回登場したモデルは、ストレージが8GB → 16GBになった以外は、何も変わりません。

FireタブレットはmicroSDカードが挿入できるから「ストレージは8GBでもいいじゃん」と思いますが、電子書籍の保存は本体のストレージにしかできないので、16GBは重宝します。

電子書籍の保存

電子書籍は、内部ストレージにしか保存できません。

外部に持ち出せないようにってことなんだけど、音楽や映画はmicroSDに保存できるのに??

音楽や映画は自社のコンテンツじゃないから外部ストレージへの保存もOKで、電子書籍などの自社コンテンツは内部ストレージのみにしているのでしょう。

電子書籍の容量

電子書籍は、1冊あたり、80~100MBくらいのストレージ容量を消費します。

わたしは14冊ありますが、これだけで1.01GB使ってますから。

たくさん電子書籍を持っている人にとって、16GBモデルはいいですよね。

内部ストレージ

詳細スペック

  • プロセッサ クアッドコア最大1.3GHz
  • ディスプレイ 7インチ(1024×600ピクセル)
  • ストレージ 8GBと16GB
  • microSDカードスロット 128GBまで対応
  • オーディオ モノラススピーカー
  • バッテリー 7時間(真冬は異常に減りが早い)
  • 重さ 313g

Fireタブレットを購入するメリット

プライム会員なら、「Kindleオーナー ライブラリー」で対象の本が毎月1冊無料。

これは嬉しいですよね。要するに無料で月に1冊レンタルできるのです。結構読みたい電子書籍がラインナップされています。

プライム会員は年間3900円なので月割すると325円。これだけでも会員になる価値はあります。

Fireタブレットの不満

唯一の不満は、冬場のバッテリーの消費がめちゃ早いということです。

2日間放置してたら、バッテリー空になりますから・・

iPadのクオリティーを求めちゃいけません。

Fire OSのアップデート

iOSやAndroidとは異なり、Wi-Fiに繋がっていれば自動で更新されます。いつも勝手に更新されてるけど、不具合で起動しなくなるとかは、今のところありません。

2016年4月1日現在ではFire OS 5.1.2 が最新です。

Fire OSのバックアップ

通常、自動バックアップはオンになっています。オフに変更するなら、

  • 設定→端末オプション→バックアップと復元

バックアップデータは、Amazon cloud driveへ保存されます。無料で使える5GBにカウントされるようです。

毎日、Wi-Fiに繋がっている時にアイドル状態になると、自動でバックアップが始まります。

バックアップがあれば、新しい端末を購入した時や、工場出荷状態へリセットした場合など、復元が可能できますからね。

でも、iOSのような分かりやすいUIではないし、手動のバックアップも取れません。またバックアップの日時も出ないので、いつバックアップが行われているかどうかも分からないです。

Fireタブレットの特徴

Wi-Fiで使うことに最適化されています。

電子書籍・プライムミュージック・プライムビデオは、ダウンロードしてオフラインで利用できますからね。

外出先でデータ通信が必要であれば、スマホでテザリングすればいいわけなので、データ通信SIMが入れられなくても全然問題なく使えます。ここまで割り切ったモデルを作れるということは、Amazonはユーザーのことをよく分かってます。

Amazonプライムの販促ツール

Fireタブレットは、プライム会員に入ってもらうための販促ツールです。

16GBならば、元々の価格が10980円だし、プライム会員なら6980円。この金額は端末で儲けようなんて考えていないはず。

コストコ同様の会員制のビジネスモデルなので、プライム会員の会員数が増えれば、より優れたサービスが提供できるのです。

安すぎる日本のAmazonプライム!
米Amazonでは、非プライム会員向けの無料配送の条件が変わります。 米Amazon、無料配送の最低注文金額を49ドルに引上げ Am...

Fireスマホに期待

以前「Fire Phone」というSIMフリースマホがありましたが、449ドルと高価で全然売れませんでした。

Fire Phone

この半年間でプライム会員は順調に増えており、Amazonプライムのサービスも充実してきたので、安価なSIMフリースマホをリリースすれば絶対に売れます。Amazonのサービスで囲いこむこともできるから、絶対出してきそうですけどね。

Fireタブレットより少しスペックが高いと嬉しいです。

価格19800円でプライム会員なら15800円とかで出してくれたらバカ売れ間違いないんだけどね。

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!