「Googleフォト」を使い倒してみた!!

わたくしPCは「iMac」、スマートフォンは「iPhone」と、10年以上Apple製品を使っています。
ですが、最近のAppleのサービスに納得がいかないことが多いのです。
あれだけの利益を出しながら、iCloudの無料で使える容量は5GBだし、Apple Musicとテイラースイフトとのいざこざも気分のいいものではありませんでした。

Apple、第2四半期の業績を発表

iPhone、MacおよびApp Storeの力強い販売実績により、売上高が27%増、一株当り利益が40%増と、過去最高の1~3月期業績を達成

最近は少しずつ他社サービスも取り入れるようにしています。

第1弾として、写真の管理を、今まで使っていたPC用Apple純正アプリ「写真」+「フォトストリーム」に加えて、「Googleフォト」も使うことにしました。
サービスの使い分けは、「スマートフォンの写真管理」と「デジタル一眼の写真管理」で分けることにしました

「iCloudフォトライブラリ」は無料で使える5GBを超えることがわかっているので使っていません。

Googleフォト

スマートフォンの写真管理

「Googleフォト」を選びました。
検索や写真の管理が楽なのと、iOS・Android間で写真を共有したいという理由です。
「Googleフォト」の「高品質モード」ではiPhone6の800万画素の写真も圧縮されます。
なので、「Google フォト」の「元のサイズ」を使っています。今のところ無料で使える15GB以内に収まっています。

「Googleフォト」の「高品質モード」はiPhone6の800万画素の写真をオリジナル・無圧縮で保存できるか
リリース直後から「Googleフォト」を「iPhone6」とAndroid端末のSIMフリースマホ「priori2」に入れて使っております。...

「元のサイズ」で使っているので、「Google ドライブ」の容量をがんがん使っています・・・
Android端末のSIMフリースマホ「priori2」も使用しているので、こちらで撮影した写真も「Googleフォト」へ自動でアップロードします。
iOS・Android共にアプリのチューニングも抜群にいいのでサクサクしてます。
PC・iPhoneとAndroidで写真の同期が取れるところも気に入っています。

デジタル一眼のRAW画像管理

PC用Apple純正アプリ「写真」を選びました。
デジタル一眼で撮ったRAW画像の管理になります。RAW画像の容量は大きいので、すぐに15GB超えそうですが・・

自動バックアップ

パソコン用アップローダ」を使って、Apple純正アプリ「写真」に取り込んだRAW画像を、「Googleフォト」に自動バックアップをしています。
バックグラウンドで動くので、バックアップ操作は不要です。

こちらのソフトは、特定のフォルダーを監視して、新しく追加された写真・動画ファイルを自動でバックアップする仕組みになっています。自分で監視対象のフォルダーを変更・追加することもできます。

便利になった点

  • すべての写真(スマートフォンの写真とデジタル一眼のRAW画像)のバックアップが「Googleフォト」に1本化できたこと。写真が無くなる心配がなくなりました。
  • PC・iPhoneとAndroidで写真の同期が取れます。
  • iTunesでiPhoneと写真の同期をとる必要がなくなりました。

不満なところ

  • スマートフォンで撮影した写真をPCで閲覧するとき、Chromeを使うところ。閲覧するアプリを出して欲しいです。

→ 「iCloudフォトライブラリ」を使えば解決するんですけどね・・・PC用Apple純正アプリ「写真」で全て管理できますから。この場合、AndroidとiPhoneの写真の同期の問題が出てきますが。

画像の圧縮なしで1TBまで無料で使える「Flickr」もあるので・・

「Flickr」も平行して使っております。

「Flickr」の問題点

アプリも含めて日本語に最適化されていないのと、Camera RollがBETA版なので、「Google ドライブ」が15GBを超えるまで、3つのサービスを比較しながら並行して使います。

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!