日本のローカルSEO (MEO) ガイドを公開しました。

ANAが「Googleで予約」に対応。「Googleフライト」から直接予約できるように

Googleマイビジネス
執筆者
伊藤亜津佐

このサイトでは、SEO・Googleマイビジネス・ローカル検索など、Web集客に関する最新情報を配信しています。

ANAが「Googleで予約」に対応し、「Googleフライト」から直接予約できるようになります。

Googleアカウントを持っていれば、Googleのプラットフォーム上で予約・購入までの手続きが完了します。

スポンサーリンク

「Googleフライト」上で航空券の予約・購入が完了できる

今まで「Google フライト」でANAから直接航空券を購入する場合、希望する目的地や日時を入力した後、ANA公式サイトへ移動してから購入する必要がありました。

今回「Google フライト」上でANAの航空券を予約・購入まで完了できます。また事前座席指定も可能です。

Googleアカウントの情報が自動で入力される他、Google Payに登録したクレジットカードで決済も簡単に行なえます。

予約状況の確認も、Googleアカウントにログインすれば簡単に表示されますし、Google Payの決済情報も確認できます。

どんな仕組みなのか?

Googleはオンラインサービスを提供するパートナーと連携して「Googleで予約」を展開しています。

飲食店であれば「ぐるなび」や「トレタ」など、美容室ならば「Reservia」と連携しおり、パートナーが持っている予約状況をGoogleと共有することで、Google上で予約ができるような仕組みです。

航空券の販売はもっと複雑な仕組みの上で動いていますので、今回、ANAが自社で開発する「NDC (New Distribution Capability)」を活用し、「Googleフライト」上で「Googleで予約」を使った予約が可能となります。

対応する航空券

この記事を書いている2020年9月28日現在、「Googleフライト」から直接予約できる航空券は国際線のみ利用できます。国内線航空券、国内・海外ツアーは対象外となります。国内線で利用できるようになると、より利便性は上がりそうです。

ユーザーへのメリット

ユーザーにどんなメリットがあるのか見ていきます。

  • クレジットカードの入力の手間を省ける
  • Googleアカウントにログインすれば、フライト情報や決済情報を全て確認できる

クレジットカードの入力の手間を省ける

Chromeにクレジットカードを登録しているユーザーならば、ANAの公式サイトで購入しても大きな手間はないと思います。クレジットカードを入力する必要はないので。
ですが、登録していない方にとっては、めちゃくちゃ便利になります。

Googleアカウントにログインすれば、フライト情報や決済情報を全て確認できる

Googleアカウントを見ればフライト情報が分かるのは便利です。
チケット予約完了のメールを保存する必要もなくなります。

今までは、メールを保存し忘れてフライトの時刻が分からなくなった場合、ANA公式サイトに行って確認するしかありませんでした。
公式サイトが使いやすければ何も問題ないのですが、航空会社のサイトは使い勝手の悪いところが大半ですので。

「Googleで予約」で航空券を購入する手順

実際の手順を見てみましょう。

①Google検索で [成田 サンフランシスコ ana] と検索

②検索結果に表示されるGoogleフライトをクリック

Google検索で [成田 サンフランシスコ] と検索して、Googleフライトをクリック

Google検索で [成田 サンフランシスコ] と検索して、Googleフライトをクリック

③往路ともにANA便を選択

往路ともにANA便を選択

往路ともにANA便を選択

④「ANA のフライトを Google で予約する」の右にある「選択」をクリック

「ANA のフライトを Google で予約する」の右にある「選択」をクリック

「ANA のフライトを Google で予約する」の右にある「選択」をクリック

⑤Google上で予約できる

Google上で予約するには、以下の情報を入力します。氏名や生年月日など、Googleアカウントにある情報は自動で入力されます。
支払いも、Google Payに登録していればスムーズです。

  1. 搭乗者情報の入力
  2. お支払い
  3. 手荷物の追加
  4. 座席の選択
  5. 確認と予約
ANAの航空券をGoogle上で予約できる

ANAの航空券をGoogle上で予約できる

タイトルとURLをコピーしました