「Reserve with Google」で予約できるサービスが広がりそうな件

アメリカでは、Googleマップから、美容室やフィットネスの予約ができるようになりました。
最近のGoogleは、検索サービスと連携できるサービスを増やしています。

米国ではGoogleマップと検索から美容院の予約ができるようになった

StyleSeatや他のサロン予約アプリは要注意だ。今日からGoogleは美容院(hair and spa)の予約を行なうことができるようになった。

「気持ちの良いヘアカットやトリートメントをわずか数タップで」と、Googleはブログポストで伝えている。

この追加サービスは、検索やマップの中から店を選んでフィットネスクラスの予約をすることができるReserve with Google(米国では昨年開始、日本ではまだ始まっていない)機能が拡張されたものだ。Googleはこの間、同様のオプションを提供しようと、いくつもの美容院と提携をして来ていた。

予約はとても簡単で、何通りかの手段が用意されている。マップを開き、美容院を探してそこから直接予約することができる。検索から行っても同じやり方になる。別の、しかしそれほど便利ではないやりかたは、Reserve with Googleのサイトへ行き、そこで検索を行なう方法だ。

Reserve with Google

グーグル、検索やマップでフィットネス教室を予約可能に–米国で

Googleマップや検索では、特定のジムを調べ、クリックすれば、フィットネス教室のスケジュール確認や予約、支払いができる。Reserve with Googleサイトでは、最寄りのジムを探して、お勧めのコースを聞いたり、お得な講習やパッケージを調べたりできる。

今回の新しいフィットネス機能は、ローカル検索でできること広げたいというGoogleの願望をはっきりと示すものだ。

ジム予約機能のために、Googleは「Mindbody」「MyTime」「Full Slate」「Front Desk」「Appointy」などのスケジューリングサービスと提携している。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

「Reserve with Google」は、日本にも上陸するのか?

アメリカでうまく行ったら、間違いなく日本にも上陸するだろうね。

ただし、日本における美容室のオンライン集客は、圧倒的に予約サイトが力を持っています。
おそらく「ホットペッパービューティー」と連携しながら、牙城を切り崩していくことになるんだろうね。

Googleが「ホットペッパービューティー」が提供するサービスよりも、もっとユーザー寄りの使いやすいサービスを展開することができれば、成功することは間違いないですね。

「Reserve with Google」を使わずに、Googleマップから予約ができるサービスもあるよ

今のところ、「Reserve with Google」で予約できるサービスは、「フィットネス」「美容室」だけです。

「Reserve with Google」は2017年3月にローンチされたサービスです。それ以前のサービスは、「Reserve with Google」を使わずに、Googleマップから直接予約が取れるサービスがあることをご存知ですか?

例えば、Googleマップから「レストラン」や「Uber」の予約をすることも可能なのです。

Googleマップからレストランの予約も可能

米国のレストランに限定されますが、Googleマップ上から、OpenTableを通じてレストランの予約が可能です。

Google マップでレストランを予約する

予約する

  1. Google マップ アプリ Google マップ を開きます。
  2. レストランを検索するか、地図上で目的のレストランをタップします。
  3. レストランの名前をタップして、詳細情報を表示します。そのレストランが OpenTable に参加している場合は、空席情報と共に [席を予約する] セクションが表示されます。
  4. 予約時間やパーティー サイズを更新すると、別の空席時間とパーティー サイズを確認できます。

Googleマップから「Uber」「全国タクシー」も予約が可能

iOSやAndroidのGoogleマップからは、「Uber」「全国タクシー」の予約は日本でも可能です。
この機能は、日本でも使えます。

経路検索の結果に、「Uber」「全国タクシー」を使った場合の、時間や金額が表示されます。
でもね、「Uber」がアプリのインストールが不要で使えるのに対して、「全国タクシー」はアプリをインストールしなければならないので、ユーザーの使い勝手は圧倒的に「Uber」が勝ちです。

Googleマップ Uber

今後「Reserve with Google」はどうなる?

宿泊施設の予約にも使えるようになってくることは間違いないです。

Googleは、Android・Google検索・Googleアシスタント・Googleマップなどのサービスを通じて、ユーザーとの接点を抑えていますよね?

また、ユーザーが外出先でお店へのナビをする際、Googleマップを使うケースが非常に多いですよね?

Googleはプラットフォームとして、ユーザーとの接点を抑えているのです。

今後、Googleマップから予約ができる「Reserve with Google」は、様々なサービスにも広がっていくことになりそうです。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
スポンサーリンク