日本のローカルSEO (MEO) ガイドを公開しました。

Googleマップ、よりカラフルで鮮やかな地図になる

Googleマップ
執筆者
伊藤亜津佐

このサイトでは、SEO・Googleマイビジネス・ローカル検索など、Web集客に関する最新情報を配信しています。

Googleマップの視覚的な改善が行われ、よりカラフルで鮮やかな地図が提供されると発表がありました。

Googleマップには、世界の人口の98%を超える高解像度の衛星画像があります。この画像を活用し、新しいカラーマッピングアルゴリズム技術を使うことで、よりリアルな世界観をユーザーに提供し、利便性を上げることができるようになります。

公式 A more detailed, colorful map
公式 Bring your map to life with enhanced natural features

スポンサーリンク

鮮やかな世界観を持った地図に

今回の変更で、Googleマップがサポートする220の国と地域で、ユーザーは鮮やかな世界観を持った地図を利用できるようになります。Googleブログによると、1億平方キロメートルを超える土地、または180億のサッカー場をカバーするとのことですが、スケールが大きすぎてあまり想像できません。

鮮やかな地図とは、例えばビーチと砂漠の区別ができるようになったり、青い湖・川・海・渓谷も簡単に区別できるようになります。

鮮やかな地図になると、同じGoogleマップでどのような違いが出るのか、具体的に見ていきましょう。

アイスランド

アイスランド

右が新しいカラーマッピングアルゴリズム技術を使ったアイスランドの地図

アイスランドの緑の密度を確認し、アイスランド最大のヴァトナヨークトル氷河を簡単に見つけることができます。

モロッコ

モロッコ

右が新しいカラーマッピングアルゴリズム技術を使ったモロッコの地図

海岸沿いに広がる植生を地図で確認できます。

リバティー・キャップ

レーニア山国立公園のリバティー・キャップ

右が新しいカラーマッピングアルゴリズム技術を使ったリバティー・キャップの地図

レーニア山国立公園のリバティー・キャップでは、山の尾根、白い雪冠、周辺の植生を鮮やかに見ることができます。国立公園の境界も、緑の濃い色でより明確に定義されます。

クロアチア

クロアチア

右が新しいカラーマッピングアルゴリズム技術を使ったクロアチアの地図

クロアチアの海岸に沿って広がるビーチや緑を鮮やかに見ることができます。

レッド・ロック州立公園

レッド・ロック州立公園

右が新しいカラーマッピングアルゴリズム技術を使ったレッド・ロック州立公園の地図

レッド・ロック州立公園にある砂漠の風景を正確に表示しています。

いつから適用されるのか?

9月15日より適用されるケースと、2021年初頭に自動更新されるケースがあります。
開発者の方は、ユーザーに提供する前に時間をかけて調べたいケースがありますので、上記について任意に選択できる仕様になっています。

9月15日以降すぐに適用したい

9月15日以降に Cloud Console で新しいマップスタイルを作成すればOKです。
ユーザーに対して、改善された新しいマップスタイルを適用できます。

9月15日以降も自動で適用したくない

自動で適用するのではなく、時間をかけて調べたいケースもあると思います。
その場合2つのオプションが用意されています。

  • 9月15日までにマップスタイルを作成してテストする
  • マップスタイルのテストは不要で、鮮やかな地図の公開を急がない

9月15日までにマップスタイルを作成してテストする

時間をかけて調べたい場合、9月15日までにマップスタイルを作成してテストします。
9月15日以前に作成されたマップスタイルは、自動で適用されることはありません。2021年初頭にGoogleマップ プラットフォームのすべてのマップにアップデートが適用されるまで、古いマップのスタイルが保持されます。

作成したマップスタイルに問題がなくユーザーに提供しても構わないということであれば、9月15日以降に公開すれば、ユーザーに新しいスタイルを提供できます。

マップスタイルのテストは不要で、鮮やかな地図の公開を急がない

この場合、何もする必要はありません。
2021年初頭に自動更新されて、新しいマップスタイルが適用されるようになります。それまでは古いスタイルがユーザーに提供されます。

都市部の変更

今回、鮮やかな地図だけでなく、都市部の変更もあります。

都市部の場合、車椅子やベビーカーなど、アクセシビリティ情報が必要なケースがありますよね。駅やビルであればエレベーターの位置だったり、道路ならば段差の有無など。

数ヶ月以内に、ロンドン、ニューヨーク、サンフランシスコにて、詳細な街路図の公開が開始されます。
こちらについては、今後さらに多くの都市に拡大する予定とのこと。
早く実現して欲しいですね。

タイトルとURLをコピーしました