日本のローカルSEO (MEO) ガイドを公開しました。

COVID-19期間中、ウェブ上のコンテンツを翻訳する3つの方法

インターネット
執筆者
伊藤亜津佐

このサイトでは、SEO・Googleマイビジネス・ローカル検索など、Web集客に関する最新情報を配信しています。

パンデミックの状況下において、政府や保健所は、コロナウイルスに関する重要な情報を人々に届ける必要があります。

米国だけでも約5100万人の移民がおり、人々の安全を守る方法、金融、雇用、食糧に至る情報を、最低でも350の言語で提供しなければなりません。

Googleは、ウェブ上のコンテンツを翻訳する方法についてまとめました。

公式 Tools for language access during COVID-19

この記事では、COVID-19期間中、ウェブ上のコンテンツを翻訳する3つの方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

機械翻訳により多種多様な言語へ即時翻訳する

政府や保健所は、コロナウイルスに関するコンテンツを多言語に翻訳する時間や資金が不足していることも多く、重要な情報の更新にほとんど対応できません。

また一部のコンテンツは、pdfやdocなどのファイル形式のものもあり、翻訳には追加の手順が必要になります。

パンデミックの状況下において、必要な情報が、読者の母国語に簡単に翻訳されることは非常に重要です。

機械翻訳により、ある言語から別の言語へ、サポートされている複数の言語で翻訳できます。

人間の翻訳者を完全に置き換えるものではありませんが、多種多様な言語へ即時翻訳が可能です。

ウェブ上のコンテンツを翻訳する方法

次の3つの方法があります。それぞれ見ていきます。

ブラウザを使用する

Chromeであれば、翻訳機能が内蔵されています。
また、Microsoft EdgeやFirefoxなどのブラウザでは。、アドオンや拡張機能をインストールすることで、コンテンツを翻訳できます。

以下、Chromeで翻訳する手順です。

  1. Chromeで記事を表示
  2. 右クリックで「〇〇語に翻訳」を選択
Chromeで翻訳する

Chromeで翻訳する

ウェブサイトの翻訳ウィジェットを使用する

政府、非営利団体、教育機関のウェブサイトであれば、ウェブサイトの翻訳ウィジェットを使うことが可能です。

以下のページから申し込みが可能です。

公式 Ask Google Translate to translate a website

詳細はこちらのブログ記事をご覧ください。

公式 Google Translate’s Website Translator – available for non-commercial use

政府、非営利団体、教育機関のウェブサイト以外のウェブサイトの場合、Google Cloud Translation API をお使いください。

PDFや文書をGoogle翻訳にアップロードする

次の形式のドキュメントであれば、Google翻訳にアップロードすることで、コンテンツを翻訳できます。

  • .doc, .docx, .odf, .pdf, .ppt, .pptx, .ps, .rtf, .txt, .xls, .xlsx

Googleアカウントによるログインも不要で、アップロードするだけで、簡単に翻訳ができます。以下手順です。

  1. Google翻訳にアクセス
  2. 「ドキュメント」タブをクリック
  3. 「パソコンを参照」をクリックして、ファイルをアップロード
  4. 「翻訳」をクリック
Google翻訳にアップロードして翻訳

Google翻訳にアップロードして翻訳

タイトルとURLをコピーしました