SPIKEにPay-easyを追加!ガラパゴスなサービスが始まる!

メタップスは、8月28日にマザーズに上場してから事業が加速している感がハンパないです。

前々からある「アプリ解析ツール」だけでなく、人工知能(AI)や、動画広告配信プラットフォームなど、次々に新しいサービスを立ち上げています。

2015年2月にシリーズCで43億円の資金調達をしましたので、8月の上場は何で?って感じでしたが、事業拡大のための追加資金が必要だったということなんですね。かなり広い分野でマーケットを取りに来てます。

上場以降のニュースを集めてみると、

オンライン決済「SPIKE (スパイク) 」に コンビニ決済と銀行決済のPay-easy(ペイジー)を追加 〜業界最安値水準2.95%の決済手数料で24時間365日、現金支払いが可能に〜

アプリ解析ツール「Metaps Analytics」がWEBサイトにも対応、 テレビCM・ネット広告・アプリ・WEBを横断した広告効果の統合分析が可能に

メタップス、人工知能を用いたアプリ向けグロースハック自動化ツール 「Metaps Automation」の提供を開始 〜 人工知能が離脱可能性の高いユーザを検知して 最適なタイミングで最適な施策を実現 〜

メタップス、セガネットワークスが提供するグローバルパブリッシング支援サービス 「goPlay」に、第1号マーケティングパートナーとして参画 〜スマートデバイス向けゲームのグローバル展開を支援〜

メタップス、Facebook、Instagram、Twitterの公式パートナーである 株式会社トーチライトと資本業務提携 ~AIを活用したマーケティングオートメーション化の加速~

メタップス、スマホ向け動画広告配信プラットフォーム「Video Audience」の提供を開始  〜テレビCMとスマホ動画の統合マーケティングを支援〜

メタップス、スマホECサイトの広告配信とサイト内販促を同時に行う 「SPIKEエンゲージメントアド」の提供を開始

メタップス、人工知能を用いたEC向け自動販促ツール 「SPIKEオートメーション」の提供を開始 〜人工知能がECサイト内のユーザの行動を学習し、最適なタイミングで最適な販促を実現〜

メタップス、スマホ動画広告とテレビCMの効果を 統合的に分析できる「Metaps Video Analytics」の提供を開始 〜スマホとテレビを融合させたマーケティングを支援〜

SPIKEでPay-easy(ペイジー)

上場以降、当サイトでも何度もご紹介してきたSPIKEを始めとした「フィンテック」はあまり元気が無いようでしたが、新しいサービスを投入してきました。

メタップスの躍進が止まらない!!!フィンテック分野へ
メタップスは6月24日、事業者が必要とするさまざまな商品を優待価格で取りそろえた「SPIKEマーケット」の提供を開始しました。 メタッ...

クレジットカードの手数料が無料になるサービスSPIKEで、Pay-easyが利用できるようになりました。決済手数料は業界最安値水準2.95%とのこと。

SPIKE Pay-easy

料金プランを見てみると、

  • 初期費用 :0円
  • 月額固定費:0円
  • 決済手数料:2.95%※+30円(+税)

でもPay-easyって使ったことないな・・

Pay-easy(ペイジー)とは?

公式サイトを見てみますが、正直何がいいのかよくわからない。

ペイジーとは、税金や公共料金、各種料金などの支払いを、金融機関の窓口やコンビニのレジに並ぶことなく、パソコンやスマートフォン・携帯電話、ATMから支払うことができるサービスです。

ペイジーは、「Pay-easyマーク」Pay-easyが付いている納付書・請求書の支払いや、支払い方法として「ペイジー」が選択できるサイトでの料金の支払いなどに利用できます。

決済手数料

Pay-easy

Pay-easyの利用状況は?

平成21年度に約5.72兆円 → 平成26年度には11.9兆円と、約2倍に。

取り扱い件数も平成21年度の3820万件 → 平成26年度6180万件と、約1.6倍。

Pay-easy利用状況

めちゃくちゃ増えてます。

日本人ってこういうガラパゴスなサービス好きですよね。わたくしは、ネットで何か購入する際、クレジットカードかネットバンキングです。その他のサービスって使った記憶が無いです。どんなユーザーが使うのかシミュレーションしてみます。

クレジットカードを持ってない層

20歳以下や、20歳以上でもクレジットカードを持っていない人の利用が多いということでしょう。リテラシー低めの人たちが多いはず。

だって、クレジットカードを持ってなくても、リテラシーの高い人達は、ネットバンキングを使う人が多いはずですから。住信SBIネット銀行なら他行への振込手数料も月3件無料だし、三菱東京UFJ銀行や楽天銀行は同行へ振込手数料無料なので。こういうの駆使するはずです。

Pay-easyのメリット

お金を受け取る側と、支払う側のメリットを考えます。

お金を受け取る側

収納済情報をリアルタイムで取得できる。消し込み作業も自動化できるので、事務作業は削減できそう。

手数料は支払う人が払ってくれます。

お金を支払う側

税金の場合はメリットがありそう。例えば、今まではコンビニや銀行へ納付書を持って出向く必要がありましたが、Pay-easyを使えば各自ネットバンキングで支払いできるようです。

でもこんな面倒くさいことしなくても、各自治体がクレジットカード払いや、直接の銀行振り込みに対応すればいいだけなんですけどね。

地方自治体のクレジットカードの対応は?

税金をクレジットカードで支払う場合、住んでる都道府県で対応が全然違います。

例えば東京都なら、自動車税・固定資産税・個人事業税・不動産取得税がクレジットカードで直接支払うことが可能。でも、決済手数料を別途とられる。

大阪府は自動車税のみ、324円の手数料を払えばクレジットカードで支払えます。

他にも大都市なら直接自治体へ支払えるところもあると思いますが、その他の地方自治体は「Yahoo!公金支払い」のサービスを利用します。例えば自動車税を払おうと思ったら手数料324円とられます。手数料は東京都や大阪府と一緒ですね。

それに対して、固定資産税は「Yahoo!公金支払い」で支払うことができる地方自治体は数えるほど。わたくしの住んでる神奈川県は、相模原市・厚木市・湯河原町だけですからww

銀行やコンビニで納付書を使うなら手数料が0円で、クレジットカードだと手数料がかかるってのは意味がわからない。

手数料なしで直接決済できるプラットフォーム作ればみんな利用すると思います。

メタップスに期待すること

公共料金のクレジットカードの決済手数料を無料

公共料金のクレジットカードの決済手数料を無料にするとかやって欲しいです。マネタイズが難しいのかもしれませんが、SPIKEのプラットフォームを使えばできそうな気がします。どうなのでしょう?

店舗で使えるリーダー

SPIKE経済圏に、店舗用カードリーダーを導入して欲しいです。手数料0%で導入したら、日本ですぐに広まるはずです。

というのもライバルであるSquareの発表によると、
来年の1月より古いSquareリーダーが使えなくなり、4980円で発売されている現行のICカード対応Squareリーダーが必須のようです。手数料で相殺されるようですが・・

ICカード対応Squareリーダー販売開始!期間限定で購入代金還元キャンペーンも

でもアメリカでは、ICカード対応Squareリーダーよりも、もっと高性能な「Apple Pay」対応リーダー端末が、Squareのアカウントを持っていれば、無料でもらえます。

POSレジ時代の終焉は近い!Square「Apple Pay」対応リーダー端末を発表!
嬉しいニュースが入ってきました。 ガラパゴスな状況が続いていた決済市場に黒船到来です。クレジットカードを持ち歩かないで買い物ができるよ...

アメリカと日本のSquareリーダーの対応状況見るとバラバラだし、CEOのジャック・ドーシーがSquareとTwitterのCEOを兼務している今、SPIKEにとって今がチャンスに思えるんですよね。

このタイミングでSPIKEの店舗用カードリーダーを導入して欲しいです。

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!