Google、Search Consoleに「速度レポート」の試験運用版をリリース

Search Console、速度レポート、試験運用版、リリース

Googleが、Search Consoleに「速度レポート」の試験運用版をリリースしたことをWebmaster Central Blogで発表しました。

出典 Get faster with the new Speed report in Search Console

試験運用版とはいえ、Google I/O 2019で発表された「速度レポート」がようやく利用できます。サイトによってロールアウトしていないアカウントもありますが、僕のSearch Consoleにロールアウトされたので、詳しく見ていきます。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

速度レポートとは

速度レポート

「速度レポート」は、「使用統計データ」を有効にしているユーザーがURLにアクセスした際の速度パフォーマンスを、匿名化されたデータとして集めてレポートで表示しています。

カバレッジレポートのように、グラフとURL一覧で「速度レポート」を確認できるので、ウェブマスターの方には見慣れた画面で使い勝手は良さそうです。

Search Consoleの「速度レポート」を見れば、URLが低速・中速・高速の3つに分類されるので、低速なサイトを修正し、サイトを訪問したユーザー体験を上げるための改善を行うことができます。

まだ試験運用版ということもあって、表示できる詳細URLの数は少ないですが、今後より多くのURLを見れるはずです。

元のデータはどこから持ってきてるのか?

先程分かりやすく説明するために「使用統計データ」と書きましたが、正確には、Chrome User Experience Reportに基づいた数字になります。 (Chrome User Experience Report = 使用統計データとなります)

基本的にSearch Consoleのデータはサイトに流入する前のデータなので、ページを訪問した際の「速度レポート」をどこから持ってきたのか気になっていましたが、「使用統計データ」を有効にしているユーザーからデータを集めています。

しきい値に満たないと「速度レポート」は表示されない

ヘルプページに記載がありますが、「しきい値」に満たない場合は、レポートから除外され表示されません。

URL のデータが特定の指標(FCP または FID)のしきい値に満たない場合、その指標はその URL のレポートから除外されます。

「しきい値」を設けているのは、Google Discoverの検索パフォーマンスレポートと同様です。ある程度アクセスの多いユーザーでないと、レポートを表示することはできない仕組みになっています。

ウェブサイトの表示速度は重要

ページの読み込み時間が長くなればユーザーの離脱率は上がるので、Googleはウェブサイトの読み込み時間を短くすることを推奨しています。

  • ページの読み込み時間が 1 秒から 3 秒に増加すると、直帰率は 32% 増加します。
  • ページの読み込み時間が 1 秒から 6 秒に増加すると、直帰率は 106% 増加します。

引用 速度レポート

実際の「速度レポート」を確認する

では実際の「速度レポート」を見ていきましょう。当サイトの数字になります。

モバイルとデスクトップ別に、ページの読み込み速度を自動で3種類に分類し、高速・中速・低速のラベルが適用されます。その上で次のように分類されます。

  • 表示速度、デスクトップは中速
  • 表示速度、AMPは高速、モバイルは中速
  • FCPとFIDのレポート
  • 類似のURLは20件しか表示されない
  • PageSpeed Insightsへのリンクがあり、個別のURLの詳しい状況を確認できる

表示速度、デスクトップは中速

デスクトップは中速と表示されました。

表示速度、デスクトップは中速

表示速度、AMPは高速、モバイルは中速

AMPは高速、モバイルは中速という結果になりました。

Search Console、速度レポート、AMPは高速、モバイルは中速

FCPとFIDのレポート

FCPとFIDのレポート

  • FCP・・・ユーザーがURLをリクエストしてから、ChromeなどのブラウザがURLの最初の表示要素をレンダリングするまでの時間
  • FID・・・ユーザーがクリックかタップでページを操作した時から、ブラウザが応答するまでの時間

類似のURLが20件しか表示されない

試験運用版ということもあり、類似のURLが20件しか表示されません。

類似のURLが20件しか表示されないのは不便なので、今後増えていくことに期待します。

速度レポート、類似のURLが20件しか表示されない

PageSpeed Insightsへのリンクがあり、個別のURLの詳しい状況を確認できる

類似のURLは20件しかありませんが、PageSpeed Insightsへのリンクをクリックすれば、個別URLの速度の詳細を確認できます。

さいごに

以上、「速度レポート」の試験運用版を紹介しました。

ページの速度を低速・中速・高速に分類して、一覧で表示できるのはありがたいですね。まだ試験運用版なので、これからどんな機能が追加されるのか楽しみです。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

フォローする

スポンサーリンク
この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクダンクル(大)