ウェブマスター オフィスアワー (2019年8月9日)

ウェブマスター オフィスアワー、2019年8月9日

2019年8月9日に行われたウェブマスター オフィスアワーの内容についてお伝えします。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

ブログ記事の紹介

前回のオフィスアワー以降に公開されたブログ記事を紹介します。

質問

自社がリンク売買を行っていますが、Googleへの報告方法が知りたい

スパムレポートを送っていただいてもいいし、金谷さんのTwitterのDMに連絡をいただいても構わないとのことです。

YouTubeでみる→31分47秒から再生

H2、h3などの見出しタグに最適な数はありますか?

全く気にしなくて良い。
見出しタグは、ページのコンテンツの構造を、検索エンジンやユーザーに分かりやすく伝えるために設置するものなので、数は関係ない。情報の構造に沿ってマークアップするのが良い。

YouTubeでみる→34分14秒から再生

旧Search Consoleで25個のサイトマップを確認できたが、新Search Consoleで7個しか確認できなくなった。どのような原因が考えられるか?

今回、サイトマップのURLを送っていただいたのでGoogleで調査したところ、Google側の問題だったので、只今修正しているとのこと。

YouTubeでみる→38分17秒から再生

カテゴリのトップに記事を書いてもいいのか?

カテゴリページにコンテンツを載せていけないということはないが、検索エンジンやユーザーにとって、分かりやすい階層にコンテンツを置くことをオススメする。
クロールを目的に上位階層であるカテゴリに記事を書くということでば、そのような対応は不要かと思われる。

階層については、ツリー構造にするのが良い。以下のページが参考になります。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド > サイトの階層を整理する

YouTubeでみる→39分50秒から再生

F1についての専門サイトを運営しているが、検索結果に納得できない

実際の状況が分からないので一般論になるが、様々なユーザーの検索意図がある中で、Googleはユーザーが求めているものをランキングとして並べている。上位に表示されているページは、ユーザーニーズを満たしているページである可能性が高いと考えてください。

専門サイトというお話ですので、「F1」というビックワードではなく、もう少し細かいなユーザーニーズを拾っていけるページを作っていくのもいいのでは。例えば、「F1 〇〇」のようなキーワードで検索するユーザーのニーズを満たすようなコンテンツを作るなど。

YouTubeでみる→43分38秒から再生

むりやりページの下にFAQを追加して、FAQ構造化データを追加しているページがある

FAQ構造化データは始まったばかりなので、このような懸念があることをエンジニアやプロダクトチームにフィードバックします。

検索結果にFAQが表示されて表示領域が広がったことが、そのサイトのビジネスにプラスになるかどうか分からない点もある。例えば、検索結果のFAQだけ見て、ページを訪問しないユーザーも出てくるので。このあたりも考慮しながら、Googleとしても良い状態を目指したい。

YouTubeでみる→47分39秒から再生

動的な配信時の hreflang の実装について、MFI移行したらデスクトップ版とモバイル版に同様の hreflang を実装すればよいのか?

そのとおりです。デスクトップ版とモバイル版に同様の hreflang を実装してください。

YouTubeでみる→49分36秒から再生

Indexing APIのQuotaを上げる方法

中長期的に必要ということであれば、コンソールからリクエストして欲しいとのこと。
短期的にQuotaを上げたいのであれば、どのページの優先順位が高いのか考慮に入れていただき、優先順位の高いものから上げていくとよいのでは。

YouTubeでみる→50分26秒から再生

Googleマップが検索結果に表示される基準について

検索クエリをベースに判断している。

YouTubeでみる→51分55秒から再生

実店舗のない予約専門サイトを、Googleマイビジネスに登録することはできるのでしょうか?

Googleマイビジネスについてはオフィスアワーの対象外となります。以下のヘルプページに詳しく書いてあるのでご覧ください。

Google マイビジネスのリスティングは、顧客が訪れることのできる実在の店舗や拠点、または顧客のいる場所に出向くことができるビジネス向けにのみ作成することができます。

参考 Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン

YouTubeでみる→54分13秒から再生

Googleしごと検索で、企業名を変更した場合、hiringOrganizationの社名を変更しないと手動対策になりますか?

手動対策に関係なく、企業名が変わったら、hiringOrganizationも変更してください。
次の2点でユーザーの利便性が悪いので。

  • 旧企業名で検索した人は、クリックしたら新しい企業名で表示される
  • 新企業名で検索した人は、そもそも表示されない
YouTubeでみる→57分13秒から再生

セーフサーチで「site:検索」すると、結果が0件になってしまう。ランキングへの影響はあるのでしょうか?

サイトの中でアダルト要素が高いとGoogleが判断している可能性が高い。
セーフサーチでフィルター対象となっているサイトは、ランキングが下がる可能性はある。

YouTubeでみる→58分54秒から再生

50000件以上のURLがあるのでサイトマップを分割している。複数のサイトマップにおけるクロールの優先順位を知りたい

サイトマップを分割している・していないに関わらず、Googleは1つのデータとして受け取る。その後、Googleが優先順位をつけるので、記述しているサイトマップの順番は関係ない。

「クロール済み – インデックス未登録」になる理由

具体的なURLを頂いていないので、即答するのは難しい。
Search Cosnsoleから「詳しい理由が知りたい」とテキストでフィードバックを送って欲しい。

コンテンツが高品質の場合、「クロール済み – インデックス未登録」になる可能性は低いので、コンテンツを改善してみてはいかがでしょうか?

オフィスアワーで言及されていませんでしたが、Search Console のタイムラグ、一時的なサーバーエラーがあると、「クロール済み – インデックス未登録」と表示されることがあります。

検索結果に表示される画像を削除して欲しい

検索結果からの画像の削除については、Google 検索と Google アシスタント のヘルプ コミュニティ にご質問ください。

検索結果の画像を削除する方法については、以下のヘルプ記事をご覧ください。

Google から画像を削除する

「重複しています。送信された URL が正規 URL として選択されていません」と表示され、ECサイトの詳細ページのインデックスが減少した。対処方法を教えて下さい

サイトを確認したところ、商品の販売終了ページが関係している可能性が高い。
具体的には、異なる商品Aと商品Bが、品切れになると同じ販売終了ページに飛んでしまう。このことが原因で、同一コンテンツと判断されて重複になっているので、それぞれの商品の販売終了ページを作成するか、HTTPステータスコード400番台を返して固有の情報を出していくと解決できるのでは。

ウェブマスターオフィスアワーに質問するには?

質問フォームから質問できます。

質問が多い場合は、翌月に持ち越されることもあります。
URLを非公開で質問したい場合、その旨記載すると、URLは公開されません。

2019年8月28日、ウェブマスター オフィスアワーが開催されましたので、内容についてお伝えします。 この放送は特別バージョンで、...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)

フォローする

スポンサーリンク
この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクダンクル(大)